和歌山県太地町沖の追い込み漁で捕獲されたイルカの展示を巡り、「日本動物園水族館協会」(JAZA)が「世界動物園水族館協会」(WAZA)から会員資格を停止された問題で、同県の仁坂吉伸知事は13日の定例記者会見で「世界からのいじめのようなものだ」と述べ、不快感を示した。

 海外の水族館では原則、イルカを自前で繁殖させており、WAZAは、追い込み漁で捕獲されたイルカを水族館で展示することをやめるよう求めている。仁坂知事は「イルカがかわいそうというが、水族館にはそれ以外にも捕獲された生物が展示されている。繁殖したものしか展示できないなら、希少種などは見せられなくなる。それはどう考えるのか」と疑問を投げかけ、WAZAを批判した。