大盛りあがりGO 2015年02月20日
FC2ブログ

昔の日本人は慎ましかったなんて大ウソ!? エロ住職や全裸ダンス…戦前の三面記事がカオス過ぎる!

三面記事から見る 戦前のエロ事件三面記事から見る 戦前のエロ事件
(2015/01/23)
橋本 玉泉

商品詳細を見る

 新聞の社会面をあらわす代名詞「三面記事」。新聞が全四面だった明治時代からの名残でそう呼ばれているようだが、いつの時代も、社会で何が起きているかを知るのに役立つ貴重な空間である。政治面や経済面と比べて、情報がそのまま生活へ直結するとは限らない。知って得するわけではなく、取るに足らないことが書いてあることもしばしばだ。

事故物件サイト・大島てるが教える「ブラック物件」を見抜く方法

 ときにはあっと驚く事件やゴシップも見かけるが、それはどうやら現代に始まったことではないらしい。「昔の日本人は慎ましかったなんて大ウソ!?」とうたう書籍『三面記事から見る 戦前のエロ事件』(彩図社)には、明治時代の新聞に書かれていたという「何じゃそりゃ!?」と思わずツッコミたくなるような事件の数々が記録されている。

【「覗き」が趣味 懲りないエロ住職(読売新聞・明治13年4月22日 掲載)】

 近隣のお風呂屋では「また助平和尚が来た」とだいぶ噂になっていたという。東京・本所のとある寺院でお務めする住職は、自分が利用するときには女湯を覗き、ちょっとの用事で通りがかりにも立ち寄るたびに覗くなど、もはや“日課”ともいえるほどに女湯を覗いていたという。ただ、当時は男女別の入浴も徹底されていなかったため逮捕はされず、結果として住職は周囲の銭湯すべてから出禁に…。

 とはいえ、もはやライフワークともいえる住職の執念がこの世に具現化したのか、寺院の近くに温泉が開業するやいなや、洗い場から「女湯が見える」と聞きつけた住職はチャンスとばかりに、カゼをひくのもおかまいなしに通い続けたそうだ。

【明治時代に存在した「女愚連隊」とは(東京朝日新聞・明治45年7月 掲載)】

 新聞はときに時代を辿る道標にもなる。愚連隊と呼ばれる不良集団が社会問題となっており、同時期には「女愚連隊曙組」も街中で強盗などの暴力行為を働き、人びとを恐怖に陥れていたという。

 今でいう東京の芝や麻布辺りを根城にしていた女愚連隊に対して、「強盗などを繰り返している」という情報を聞きつけていた警察も非常線を張り巡らせていた。後日、所轄の三田署員が「令嬢風の怪しき女」を発見。あとをつけたところ某所にあった埋立地の作業員施設には曙組とみて間違いない17才~18才の少女たち数名を連行したという。

 その後、裁判で有罪が確定。当時の新聞には「女愚連隊の処刑」という何ともショッキングな見出しが踊ったそうだが、これは何も拷問や死刑といったものではなく、明治時代にはあらゆる有罪判決を「処刑」と表現していたそうだ。

【大阪の「全裸ダンス団」検挙事件(大阪朝日新聞・昭和6年7月7日 掲載)】

 もはや見出しからして出オチである。東大阪のある民家の周囲では「夜な夜な多数の男女が出入りする」という噂が絶えなかったそうだ。ごくふつうの民家になぜ…。大阪泉尾署が噂を頼りに内偵捜査を続けていたところ、警察にある投書が送られてきた。「同家で一糸まとわぬ全裸レビュー団が踊り狂っている」というものである。

 昭和6年7月5日、記事掲載2日前となった夜に、捜査員たちは複数の男女が民家へ入るのを確認したのちに踏み込んだ。いったい何が行われていたのか。捜査員たちが目撃したのは、広さ20畳ほどの大広間で繰り広げられていた乱交ともおぼしき、複数の男女が重なり合うダンスパーティーだったという。

 主催していたのは、大阪東城区に住む30才の男性。逮捕の前年、昭和5年秋ごろに男女20数名の会員制サークル「全裸レビュー団」を立ち上げ、全裸で踊るショーを夜な夜な会員たちに向けて披露していたようだ。ダンサーはおかめやひょっとこ、ロボットのお面を身につけるという何とも奇怪な格好で踊り狂っていたという。

 さて、いかがだっただろうか。事実は小説よりも奇なりとはかねてよりよく使われる言葉だが、まったくもってそのとおりだと気付かされる。また、表現の規制が今ほどではなかった昔の新聞は、見出しのインパクトも強烈だ。ほかにも「勘違い外国人 カメラ持参で女湯乱入」や「『奥さん貸して』『いいよ』事件」など、見出しだけでグッと心が惹きつけられるのも多々あるのだが、続きはぜひとも同書で実際に確認していただきたい。

文=カネコシュウヘイ


http://news.livedoor.com/article/detail/9805998/

関連記事

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

【衝撃】絶対に嘘だろ! と思うけど本当の事実「コカコーラはCMのときだけ色が薄い」

cocacola.jpg
のどが渇いたとき、ゴクゴク飲みたくなるドリンクといえばコカコーラですよね。ライバルのペプシコーラやジョルトコーラも美味しいですが、ファストフード店やレストランではコカコーラを使用しているケースが多いので、皆さんも飲む機会が多いと思います。

・テレビCMのときは色が薄い
そんなコカコーラですが、テレビCM、サイト、広告のときだけ、色が薄いのをご存知でしたか? 実は、店頭に並んでいるコカコーラよりも色が薄く、光を通しやすくなっているのです!!

誰も薄さに気がつかない
実際にコカコーラのCMを見れば一目瞭然なのですが、誰も薄さに気がつかず、自然に受け入れられています。まあ、コカコーラを買ってもじっくり色の濃さを見ようと思わないので、仕方ないかもしれませんね。

思った以上にブラック
いま手元にコカコーラのペットボトルがあれば、その色を見てみましょう。思った以上にブラックです。CMは「爽やかさを強調するために薄くしている」という話もあります。その美味しさを伝えるための演出なのかもしれませんね。


http://buzz-plus.com/article
/2015/02/19/coca-cola/

関連記事

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

レシートに担当者のフルネームを記入 これで「怖い思いをした」と女性が訴え、議論に

konetajo_ono_110908_02.jpg
カシオ レジ用ロールペーパー 5個入 TRP-5880X5カシオ レジ用ロールペーパー 5個入 TRP-5880X5
(2006/03/08)
Not Machine Specific

商品詳細を見る

「レシートにレジ担当者のフルネームを載せるのはやめてほしい」――。スーパーでのアルバイト経験のある女性が書いたブログ記事をきっかけに、インターネット上で議論が盛り上がっている。

この女性が高校時代に働いていた店では、レシートにフルネームが漢字で印字されるようになっていたそうだが、「本名と顔が一致することによって、たくさん怖い思いをしてきた」という。

バイト後に「レシートの名前に見覚えあった」

一例として挙げたのが「変なおじさん」のエピソードだ。日頃から不審な行動が目についていた男性に、ある日「ねえ、○○ちゃんって言うんだね」「○○ちゃんの家はこの近く?おじさんも近いんだよ」と話しかけられ、ひどく驚いたそうだ。だが何かできるわけでもなく、その後も嫌悪感を抱きながら接客を続けざるを得なかったという。

また、アルバイト仲間だった女子高生はバイト後に「レシートの名前に見覚えあった」と中学時代の先輩男子らに引きとめられたという。「送っていく」と言われて車に乗ると、知らない公園に連れていかれ性的暴行を受けたとのことだ。

店員らは、名字をひらがなで記したネームプレートも付けていたというが、女性は本名をフルネームで知られた場合、「もしかしたら家を探されるかもしれない」などと恐怖感を抱いたという。仲間の被害については「本名が明記されていなければ、分かることはなかったはずです」とも分析し、本名をフルネームで印字する必要性に疑問を投げかけた。

ブログが2015年2月18日に投稿されると、ネット上で注目を集めた。事例については「なんでもかんでも不審者・ストーカー扱いする風潮にうんざり」などと反発する声も出ているが、フルネームの印字そのものについては、


「子供には名札の配慮とか徹底しているのに」
「これ女の子だったら嫌だろうなぁとは思ってた」
「自分でコントロール出来ない箇所で個人情報を垂れ流されるのはキツイなぁ」



などと理解を示す声が優勢のようだ。

スーパーではフルネーム方式をいくつか確認

フルネームを印字するケースは多いのか。記者がさまざまなレシートを見てみたところ、番号やIDだけのものが大半だった。名前であっても名字のみというのがほとんど。ただネットでも指摘があったように、スーパーではフルネームのケースがいくつか確認できた。

実際に大手スーパー4社に聞いてみると、2社は「全店舗でレジ担当者名をフルネームで印字している」とのこと。理由について詳しく聞くことはできなかったが、レジがいくつもあり、1日の間に交代が多いことなどを考えれば「同じ名字の人と混同しないため」ということもありそうだ。店として客に安心感を与える側面もあるだろう。

また、あえて名前を出すことが「苦情案件」を減らすことに一役買っているのではないかとの指摘もある。コンビニオーナーでブロガーの川乃もりや氏は14年3月の記事中で、


「お客さんに名前を知られているというのは、従業員に抑制力を与え、お客さんからしても『◯◯さんに◯◯された』と、ある種の証拠的存在になる。運送系のトラックにも、名前が書いてあることが多いですよね。あれも、乱暴な運転を抑制することになっているのではないだろうか」



などと分析している。

しかし女性のブログに書かれているように、男女間の問題などが発生するリスクもある。フルネームが分かればフェイスブックなどのSNSで特定される可能性も高まる。公開範囲を限定していない従業員の無防備さを責めることもできるが、ネット上では「Facebookで友達申請来た時は本当に怖かった」という報告も複数あり、印字するメリット・デメリットについて議論が続いている。


http://news.livedoor.com/article/detail/9803699/

関連記事

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

「グラドルの90%は豊胸」 西田麻衣、グラビア界の衝撃タブー暴露で物議

西田麻衣 あまい誘惑 [DVD]西田麻衣 あまい誘惑 [DVD]
(2015/01/20)
西田麻衣

商品詳細を見る

 グラビアアイドルの西田麻衣(25)が、17日に放送されたバラエティー番組『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で衝撃的な暴露をしたことが話題になっている。その内容が他のグラドルに大きく関係することだったため、一部で批判が起こるなど物議を醸しているようだ。

 番組では、西田がグラビア界の「知らなきゃよかった」というエピソードを披露。まずはグラドルの間で定番とされる「トイレ事情」の話題に触れて「海やプールなどの水の中でのグラビア撮影時におしっこを漏らしちゃう女の子が多い」と告白した。屋外での撮影は日暮れまでの時間勝負であり、トイレ休憩で中断させにくい空気になっているため、そのまま水の中で放尿してしまうグラドルが多いのだという。西田によると、おしっこを漏らしたグラドルは「解放感で笑顔になる」とのこと。ちなみに西田自身は「水の中でしない派」だといい、ガマンしすぎて膀胱炎になったこともあるという。

 これだけでも驚きだが、続いての暴露はもっとシャレにならないものだった。

 西田はグラドルの「豊胸」について持論を展開し、いわゆる「女豹のポーズ」で本物か豊胸かわかると断言。女豹のポーズになると胸を垂らした状態になるが、天然のおっぱいは「谷間に隙間が空く」といい、対して豊胸は「お茶碗が入っているように谷間がパツパツに詰まる」と比較イラストを使って見分けるポイントを解説した。

 この発言を受けて出演者の劇団ひとり(38)が西田のグラビアについて「こっち(豊胸のイラスト)だった」とツッコミを入れたが、西田は「私は天然パイ」「触ると全然わかるんですけど」と豊胸疑惑を完全否定。西田は公称バスト95センチのIカップだが、現在も胸が成長しているといい、推定Jカップにまで巨大化しているというが豊胸ではないようだ。さらに西田は「大体90%くらい、グラビアの方は豊胸です」と発言し、多方面に影響が出かねない驚愕の暴露ネタをぶち込んだ。

 これに司会のSMAP・中居正広(42)らが「90%!?」と驚嘆し、劇団ひとりは「自分は違うって言うんでしょ。やり方が卑怯だよ!」と冗談交じりに批判した。

 この驚きの暴露に対してネット上では以下のような意見が巻き起こっている。

「9割はさすがに言いすぎでしょ」
「豊胸っぽい人が多いのは分かる」
「自分は違うけど...って言い方が性格悪い」
「女豹のポーズより仰向けになった方が分かりやすい」
「裏事情をネタにしてお金もらうことに恥ずかしさとかないのかなぁ」
「わざわざ夢を壊さなくていいです」

 グラドルに豊胸が多いとは以前からいわれていることだ。だが、もし「90%」が事実だとすれば大半のグラドルのおっぱいが"ニセモノ"となってしまうだけにゆゆしき事態である。にわかには信じがたいところだが、西田はかつて原幹恵(27)、中村静香(26)、杉原杏璃(32)とともに「グラビア四天王」と呼ばれたほどの存在であり、当然ながらグラビア界のウラ事情にも精通しているはず。その彼女が「ほとんどのグラドルは豊胸」と言ったのであれば、一定の信憑性がありそうで男性ファンにとっては気がかりなところだ。

「近年は『尻職人』こと倉持由香(23)のような"尻推し"や、ウエスト51センチの佐野ひなこ(20)のような"くびれ推し"などジャンルが多様化していますが、その先輩にあたる西田の世代は巨乳競争が激しかった。それに勝ち抜くために豊胸に手を出したグラドルが非常に多かったという話はよく聞きます。特にカメラマンは胸の形状で豊胸に気付きやすいため、現場で『最近はずっと天然モノ撮ってないよ』なんて冗談が飛び交っていたこともありました。90%という数字もあながち大げさとはいえないでしょう。ただ、最近は単純に胸が大きければ売れるという風潮ではなくなってきているため、豊胸は以前ほど流行ってはいないようですね」(芸能関係者)

 ということは、西田の「90%豊胸」発言は一世代前の認識だったということだろうか。だとしても、多くのグラドルが豊胸手術を受けていたのであれば衝撃的だ。これからはグラビアで女豹のポーズを見るたびに、これまでとは違った意味で谷間をチェックしてしまいそうである。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)


http://news.livedoor.com/article/detail/9802586/

関連記事

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

橋本マナミ 水着・グラビア画像Ⅴ

hasimotomanami68橋本マナミ水着・グラビア画像324543 (1)
hasimotomanami68橋本マナミ水着・グラビア画像324543 (10)
hasimotomanami68橋本マナミ水着・グラビア画像324543 (9)
hasimotomanami68橋本マナミ水着・グラビア画像324543 (8)
hasimotomanami68橋本マナミ水着・グラビア画像324543 (6)
hasimotomanami68橋本マナミ水着・グラビア画像324543 (5)
hasimotomanami68橋本マナミ水着・グラビア画像324543 (4)
hasimotomanami68橋本マナミ水着・グラビア画像324543 (3)
hasimotomanami68橋本マナミ水着・グラビア画像324543 (7)

橋本マナミ 水着・グラビア画像Ⅴの続きを読む

続きを読む

関連記事

テーマ : グラビアアイドル
ジャンル : アイドル・芸能

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ