大盛りあがりGO 日常・地域ニュース

豪雨被害が農漁業にも“広島名産”がピンチ

日テレNEWS24
20180719-180122-1-0001.jpg
西日本豪雨からまもなく2週間。被災地の農林水産業にもたらした深刻な被害が見えてきた。街を襲った豪雨の被害は海にも広がり、広島の名産品への影響も心配されている。
  ◇
依然8人の行方が分かっていない広島県。19日も、早朝から大量の土砂や流木を取り除きながら、行方不明者の捜索がおこなわれている。

広島市では36.7℃を記録するなど、各地で今年1番の暑さになった。
   ◇
そんな中、水産業でも深刻な被害が明らかになってきている。その1つが、広島県の名産「カキ」。

カキの種を付着させた貝殻を、抑制棚と呼ばれる柱につるす作業がおこなわれていた。しかし、川から流れてきた大量の土砂や流木で、この抑制棚の半数近くが壊された。

ナカムラ海産・中村達也社長「災害が初めての事なので戸惑っていることもあるんですけど、前を向くしかないですね」

今後、カキが成長する2年後の出荷が減る可能性があるという。
   ◇
影響は農作物にも…。

19日、鈴江奈々キャスターは、広島市安佐北区で野菜を生産する農場を訪ねた。

中川農園・中川和義さん「こっち側も小さいもの(葉)が、ちょこちょこ見えるでしょう」

鈴江キャスター「これはなんですか?」

中川さん「ネギが、種まいて生育するところが全部やられて、これだね」

この農場を経営する中川和義さん。15ヘクタールの広大な土地には130のビニールハウスが立ち並び、20人の従業員と共に、広島風お好み焼きでも使われる青ネギなどを生産している。

しかし、安佐北区では記録的な大雨が降った。

鈴江キャスター「川が氾濫して濁流がおしよせ、ビニールハウスをいくつも破壊しました」

川のすぐ横にある中川さんの農場。30あまりのビニールハウスが土砂や流木に埋まる被害が出た。被害額は億単位にのぼる可能性もあるという。
   ◇
さらに大雨から一転、「猛暑」が被害を拡大していた。

中川農園・中川和義さん「もう高温でね。大雨の後の高温で(ネギが)焼けてしまっている。(Q.ネギがこの暑さで焼けちゃったんですか?)黄色くなっているでしょう。焼けたの」

ネギはこの高温で売り物にならず、今は廃棄する作業に追われている。

そんな中、被害を受けずに小松菜の収穫を期待していた農地にも問題が…。

中川農園・中川和義さん「きょう全部追い出された。警察、消防に、危ない、山崩れそうだと」

19日朝、土砂災害の危険があるとして、農地の一部に避難指示が出されたため、入れなくなった。

数日以内に収穫できなければ、小松菜はネギ同様に売り物にならなくなってしまうという。しかし「避難指示」が解除される見通しは立っていない。
   ◇
広島県によると、豪雨による農林水産業の被害額は、18日の時点で118億円。被害の全容がつかめておらず、さらに被害額が大きくなる可能性がある。

https://news.goo.ne.jp/article/ntv_news24
/business/www.news24.jp-articles-
2018-07-19-07399132-html.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

帰宅途中の女子大学生の胸を…芸能プロの男を逮捕

4c3da_1641_6ec4c9da_a609525a.jpg
 東京・世田谷区の路上で帰宅途中の女子大学生の胸を触るなどしたとして、芸能プロダクションのマネージャーだった男が逮捕されました。

 田中宏次郎容疑者(30)は1月5日未明、世田谷区喜多見の路上で帰宅しようと歩いていた20代の女子大学生に背後から抱き付き、胸を触るなどした疑いが持たれています。警視庁によりますと、女子大学生が抵抗すると田中容疑者は走って逃げたということです。現場周辺や近くの駅の防犯カメラを調べたところ、女子大学生の後を追い掛けて犯行に及ぶ男の姿が映っていて、田中容疑者が浮上しました。犯行時、田中容疑者は都内の芸能プロダクションでマネージャーとして働いていました。取り調べに対し、黙秘しています。

テレ朝news
http://news.livedoor.com/article/detail/15034973/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「外国人比率が75%の街」が東京に出現していた

43623_759_fc9ee63d_cd1d2295.jpg
東京23区・町丁別「外国人の多い街」ベスト20

 東京では局所的に外国人比率が75%を超える町が出現している。こうした突出した地域で何が起こっているのか。カルチャースタディーズ研究所の三浦展氏が解説する。

 * * *
 日頃、外国人が増えたと感じる人は多いはずだが、実際にどこにどれほど増えたのか。国勢調査の小地域集計などを用いて町丁単位まで調査した。

 1979年に9.3万人だった東京23区在住の外国人は2017年に41.4万人まで増加した。区別では新宿、江戸川、足立、豊島、江東の順に数が多い。

 人口に占める外国人比率は江東区青海2丁目が75.1%で突出するが、これは留学生や外国人研究者らが暮らす東京国際交流館があるため。港区愛宕2丁目や赤坂1丁目、六本木周辺などの比率が高いのは、タワマンに住む「上流外国人」が多いからだろう。

 注目すべきは、若い世代の外国人の比率が局所的に高まっていることだ。

 新宿区百人町1~2丁目、大久保1~2丁目では25~34歳人口の5割以上を外国人が占める。豊島区池袋1~2丁目、4丁目、東池袋1丁目、高田3丁目なども25~34歳の3割以上が外国人である。国別で見ると中国、韓国、ベトナムが目立つ。

 20歳前後に限ると比率はさらに高まる。2018年の東京23区の新成人約8万3000人のうち、外国人は約1万800人で8人に1人。中でも新宿区は新成人の45.8%が外国人で、成人式のくす玉には日本語のほかにハングルと英語を併記したという。豊島区も新成人の38.3%を外国人が占めた。局所的にはさらに顕著で、大久保1丁目は20歳の87%、池袋2丁目は79%が外国人である。

 若い外国人のほとんどは日本で学ぶ留学生たちだ。大久保や池袋には日本語学校が点在し、アルバイトのできる飲食店も多い。

 趣が異なるのが江戸川区である。同区では東西線西葛西駅を中心に、日本橋で働くディーラーなど専門職のインド人が多く、独特の「インド人街」を形成する。

 特筆すべきは、同区内の日本人を含む全就業者より、インド人のほうがホワイトカラー率が高いことだ。江戸川区に住むインド人はITエンジニアなどの優秀なエリートなのだ。

 増加する外国人に不安の声も聞こえるが、日本人の出生数が下がり続ける中、単純労働者からエリートまで、若年労働力を補うために彼ら、彼女らの力は欠かせない。今後は大久保や池袋のように外国人が人口の8割を占める地域がもっと出てくるはずだ。異文化を積極的に取り入れ、多様性を深めてこそ日本は成長する。


【プロフィール】みうら・あつし/1958年生まれ。一橋大学社会学部卒。パルコ入社後、マーケティング誌編集長を務め、三菱総合研究所を経て独立。消費、都市、郊外の研究が専門。近著『都心集中の真実─東京23区町丁別人口から見える問題』(ちくま新書)ほか、著書多数。

※SAPIO 2018年7・8月号

NEWSポストセブン
http://news.livedoor.com/article/detail/15026669/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ごみ仮置き場限界に 分別負担や悪臭などが課題 愛媛豪雨災害

m_ehimenp-news201807160045.jpeg
災害ごみがあふれ、封鎖となった宇和島市吉田地区の駐車場を見つめる市職員=15日午後、宇和島市吉田町鶴間新

(愛媛新聞ONLINE)

 冷蔵庫、いす、衣服…。広い範囲で浸水被害を受けた愛媛県南予の被災地の仮置き場には、住宅などの片付けで出たごみが次々に運び込まれ、山積みになっている。最終処分場への搬出が進まない中、悪臭などの課題が浮上。作業する人の体力の限界も近づいている。

 「ごみがあふれてどうにもならない」。河川氾濫で大きな被害を受けた宇和島市吉田町鶴間新の駐車場は、数日前からほぼ満杯状態だ。懸念されるのは、発火や悪臭。市職員が1人張り付き、搬入を一時封鎖している状態だ。

 市が呼び掛けるのは、町内から約10キロ離れた仮置き場(同市大浦)の利用。しかし町内の置き場と異なり、約10種類の分別が必要で、運び込む住民にとって大きな負担となる。同市吉田町沖村の40代主婦は「暑さで気力や体力が持ちかねている中、分別を指示されるのはつらい」と嘆く。

 西予市野村町でも、似た光景が広がる。災害直後の8日以降、市は町内に順次仮置き場を増やしたが「まだ少ない」(市担当者)。ひっきりなしの搬入に加え重機や車両も足りておらず、最終処分場へスムーズに運べない状況が続く。

 連日の炎天下。現場でトラックの荷台からごみを降ろす作業を担う市職員や消防団、ボランティアらの疲労もピークに近い。14日には、県建設業協会が2トントラックなどで運搬を手伝ったが、危険を伴う作業をボランティアに任せることをためらう声もあり「ノウハウがないので、専門家など知識のある人が必要」など課題も挙がる。

 大洲市柚木の住宅街では、住民らが空き地にごみをまとめ、随時仮置き場に搬出していた。近くの40代男性は「臭いが気になるので早く処理できれば」と願うが、量は一向に減らない。市職員は「今月中には市内のごみを仮置き場に入れたい」とするが、ここでも課題は分別。現在4種類の分別は16日から14種類となり「運んだ後での分別は時間がかかるので、なるべく分けてから搬入してもらえれば」(市職員)と訴える。

 生活再建のためごみの処理が急がれるが、その大半は思い出の詰まった日用品。名残を惜しむ声も各地で聞かれた。

 大洲市若宮の運送業勤務の男性(54)は自宅が浸水し、買ったばかりの冷蔵庫や家具類を処分した。軽トラックいっぱいの家財道具をごみの山に捨てながら「一番つらかったのは野球道具を捨てること」とつぶやく。愛用のバットやグラブは、息子との思い出の品。くしくもごみを捨てにきた仮置き場は、親子で訪れたこともある野球場だった。それでも「災害だから仕方ない」と話すと、作業を続けていた。

https://news.goo.ne.jp/article/ehimenp/
region/ehimenp-news201807160045.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

避難誘導後不明に…警察官ら3人の捜索続く

8df3a_1110_20180716-163430-1-0000.jpg


西日本豪雨はこれまでに210人の死亡が確認された。行方不明者が最も多い広島県では16日も自衛隊などの捜索が行われている。避難誘導をしていたとみられる警察官を含む3人が行方不明になっている広島市安芸区の矢野町から伝える。

広島市安芸区の矢野町では、自衛隊や警察、消防などによる捜索活動が続いている。午前7時ごろにはなかったブルーシートが昼ごろに張られ、規制も敷かれた。ただ、行方不明の方が見つかったのかどうかはここからは確認できない。

この周辺では警察官の山崎賢弘さん(29)と晋川尚人さん(28)を含む3人の行方がわからなくなっている。警察官2人は当時、周辺にいた人たちの避難誘導をしていて土石流にまきこまれたとみられている。3人の親族も現場で捜索を見守っていた。

すさまじい土石流を発生させた豪雨から11日目、懸命な捜索が続けられている。

日テレNEWS24
http://news.livedoor.com/article/detail/15019520/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

CRYPTOCURRENCY MINING

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ