大盛りあがりGO 日常・地域ニュース
FC2ブログ

投げつけた包丁、居合わせた女性の腹に 殺人未遂容疑で逮捕

s_ASP574D0SP57PIHB00S.jpg
兵庫県警本部=神戸市中央区

(朝日新聞)

 7日午前7時35分ごろ、兵庫県姫路市塩町のスナックで「血まみれの人がいる」と119番通報があった。駆けつけた警察官が、店内で20歳くらいの女性客が脇腹から血を流しているのを発見。兵庫県警は、その場にいた同市佃町の飲食店経営者河野文徳容疑者(35)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

 姫路署によると、河野容疑者は「(自分と一緒に飲んでいた)連れの男が死んだらいいのに、と思って包丁を投げた。女性を殺すつもりはなかった」と供述しているという。女性は病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 逮捕容疑は7日午前7時半ごろ、スナックの店内で女性に刃物を投げつけたというもの。

 河野容疑者は店内で酒を飲み、知人男性と口論に。キッチンにあった刃渡り約12センチの包丁を投げつけたところ、たまたま居合わせた女性に刺さったという。

 新型コロナウイルスの感染拡大で兵庫県内には緊急事態が宣言され、酒類を提供する飲食店には休業要請が出ていたが、このスナックは営業していた。

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/
nation/ASP574D0SP57PIHB00S.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

林道に13歳少女の遺体…23歳男逮捕「SNSで知り合った。一緒に死のうと思った」

s_mbs_news-GE00038162.jpg

(MBSニュース)

 5月6日未明、兵庫県丹波市の林道で13歳の中学生の少女の遺体が見つかり、警察は死体遺棄の疑いで23歳の男を逮捕しました。男は「SNSで少女と知り合った」などと話しているということです。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の西田裕一容疑者(23)です。西田容疑者は5月6日未明、兵庫県内に住む13歳の少女の遺体を丹波市内の林道に遺棄した疑いが持たれています。警察によりますと、5月6日の午前3時ごろ、兵庫県丹波市の無人の交番から「死にきれなかった」と西田容疑者から丹波警察署に連絡があり、警察官が容疑者の案内で市内の林道へと向かったところ、少女が仰向けで死亡しているのが見つかりました。

 現場には練炭の燃えかすのようなものがあり、西田容疑者は取り調べに対して、「車の中で一緒に死のうと思った。少女とはSNSを通じて知り合った」などと話しているということです。

 死亡した少女については5月5日に家族から捜索願が出されていました。警察は少女が死亡した経緯などについて捜査しています。

https://news.goo.ne.jp/article/mbs_news
/nation/mbs_news-GE00038162.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

事故死した無戸籍「母」の遺体引き取れず…理不尽さ感じた娘「母の人生知りたい」

s_20210505-567-OYT1T50099.jpg
娘が7歳の時、七五三の祝いで撮影した家族写真(福岡市で、提供写真)。娘は「普通の3人家族として暮らしていた」と話す 【読売新聞社】

(読売新聞)

 交通事故で死亡した「育ての母」が無戸籍だったことから、事実上の娘(43)が遺体を引き取れず、事故の裁判で遺族として発言できなかったケースが福岡市であった。家族関係が法的に認められていないためだ。娘は「母の人生を知りたい」として、過去を知る人からの情報を求めている。無戸籍者は全国に871人(3月10日現在)確認されており、様々な場面で不利益を被るなど社会問題化している。(河津佑哉)

 母は約40年前、事実婚状態となり同市内で暮らし始めた。以前は「田中美香」と名乗っていたが、娘の父の姓に合わせて「濱名」姓に変えた。自称1949年3月生まれ。この通りなら69歳で亡くなったことになる。

 2018年12月4日夜、自宅近くの道路を横断中に車にはねられた。「身元を示す物がなく、携帯の通話履歴から連絡しました。ご家族ですか」。消防からの電話を受けた娘が「戸籍上の家族ではない」と答えると容体すら教えてもらえなかった。翌日未明、今度は警察からの連絡で亡くなったことを知る。その際、戸籍がないことを知らされた。「考えたこともなく、『まさか』という感じだった」

     ◇

 「生い立ちを話さない人だった」と娘は振り返る。30歳のとき、自身の戸籍に母の名前がないことに気づき、事情を聞いたところ、「いろいろ大変だから」とはぐらかされた。昨年病死した父から娘が聞いた話では、結婚式に母の親族は誰も出席せず、婚姻届の提出を求める父には「事情があって戸籍が出せない」と言い続けたという。

 娘はシングルマザーだった父の妹の子として生まれ、84年に養子になった。それからは「ごく普通の3人家族」として暮らしてきた。「弁当も毎日作ってくれたし、学費も工面してくれた。本当にいい母親だった」

 娘は事故後、様々な場面で無戸籍者が置かれた現状の「理不尽さ」を痛感した。

 身元確認ができず、すぐに遺体を引き取れなかった。代わりに葬儀社が引き取り、葬儀を執り行えたのは約10日後。ただ、遺体の状態が保てず、死に顔は見られなかった。福岡市によると、病死の場合でも無戸籍者の遺体は引き取りに相当の時間がかかるという。

 自動車運転死傷行為処罰法違反で起訴された事故の加害者からは、母について「身元も分からないんでしょう」とやゆされた。娘は裁判で、被害者参加制度を使って遺族としての思いを述べたかったが、「戸籍上の家族ではない」としてかなわなかった。

 娘の代理人弁護士は「やむを得なかったのかもしれないが、普通の家族関係を築いていたので残念だった」と振り返る。加害者には執行猶予付きの有罪判決が言い渡された。

 娘は警察を通じ、母が口にしていた出身校などを調べたが、手がかりはなかった。福岡県警の公式サイトには、身元不明死者の一人「識別番号31―2」として身長や事故当時の服装などが掲載されているが、こちらにも有力な情報は寄せられていない。無戸籍の理由もわからないままだ。

「嫡出推定」や空襲での資料消失など背景
 無戸籍者が生まれる背景には、離婚後300日以内に生まれた子を前夫の子と推定するなどとした民法の「嫡出推定」や、戦時中の空襲で役所の資料が焼失したことなどがある。

 戸籍がない人は原則、住民登録やパスポートの取得ができず、婚姻届の受理に手間がかかるほか、就職で不利になることもある。

 嫡出推定は明治時代からの制度で、妻が推定の適用を避けるために出生届を出さないことが多い。法務省によると、全国の無戸籍者871人のうち約7割がこのケースにあたる。法制審議会の部会は2月、嫡出推定の見直しに向けた中間試案をまとめた。妻が再婚した場合、離婚後300日以内に生まれた子でも、再婚後の夫の子と推定するなどの例外規定を設けている。

 「無戸籍問題を考える若手弁護士の会」代表の高取由弥子弁護士は「本人には何も責任がないのに、無戸籍者は社会の無理解や偏見にさらされている。行政や司法は、不当な扱いを受けないような対応が求められる」と指摘している。

https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/
nation/20210505-567-OYT1T50099.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ドン・ファン殺害事件 元妻を3800万円詐欺罪で告発

s_sankei-afr2105010014.jpg
「紀州のドン・ファン」の異名で知られた野崎幸助氏

(産経新聞)

 「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん=当時(77)=が急性覚醒剤中毒で死亡した事件に絡み、野崎さんから引き継いだ会社の資金約3830万円を詐取したとして、元妻の須藤早貴(さき)容疑者(25)=殺人と覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕=が詐欺罪で告発されていたことが1日、関係者らへの取材で分かった。

 告発したのは野崎さんの知人で会社の元監査役の男性。和歌山県警は告発状を受理し、不審死事件との関連を調べている。

 告発状では、須藤容疑者が平成30年9月、会社の口座から自身名義の口座に約3830万円を送金し、だまし取ったとしている。須藤容疑者は野崎さんの死後、会社の代表取締役に就任したが、法的手続きを取っていなかったと主張している。

 須藤容疑者は同年7月、野崎さんの別会社の代表取締役も引き継いでいる。8月には、野崎さんの全財産を田辺市に寄付するとの遺言書があったと報道されていた。元監査役は昨年6月に告発した。

 捜査関係者などによると、野崎さんと須藤容疑者は30年2月に結婚。県警が容疑者のスマートフォンを調べたところ、同年5月に野崎さんが死亡するまでの間に「殺害」や「覚醒剤」といった単語で検索した履歴が残っていたことが判明。病死に見せ掛ける方法などを説明するサイトにアクセスした形跡もあったという。

https://news.goo.ne.jp/article/sankei/
nation/sankei-afr2105010014.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

住人転落死の階段、踊り場が腐食…木材に防腐処理しなかったか

s_20210428-567-OYT1T50164.jpg
建物を詳しく調べるために足場が組まれたアパートで現場検証を始める捜査員ら(28日午前、東京都八王子市で) 【読売新聞社】

(読売新聞)

 東京都八王子市のアパートで外階段の一部が崩落し、住人が転落死した事故で、警視庁は28日午前、業務上過失致傷容疑で現場検証を始めた。これまでの捜査で、鉄製で設計されていた踊り場が木材に変更され、その木材が腐食していたことが判明。警視庁は、工事関係者などから事情を聞き、施工の経緯を調べる。

 事故は17日午後に発生。アパートの3階に住む無職大手里美さん(58)が1階から階段を上ろうとした際、踊り場と2階の通路をつなぐ鉄製の階段(重さ約60キロ)が崩落し、頭を強く打って5日後に死亡した。

 捜査関係者によると、階段と踊り場はL字形の金具2個で結ばれ、鉄製の階段側は溶接、木製の踊り場側は各3本のくぎで固定されていた。だが、事故後に調べたところ、踊り場の木材は腐食し、金具との接続部分がもろくなっていた。

 事故の約2時間前には、踊り場の床板がはがれ落ちて下に隙間ができているのに別の住民が気づき、連絡を受けた管理会社が隙間に木の板をはめ込んで補強していたという。

 踊り場は設計時には鉄骨を使う予定だったが、実際には木材が使われていた。建築基準法施行令では、屋外の階段に木材を使う場合、防腐処理をするよう規定しているが、行っていなかった疑いがある。

 アパートを設計したのは横浜市の建築事務所で、設計を担当した男性建築士は取材に「外階段は防水や耐火対策が必須で、木材での設計はあり得ない。設計図には鉄骨を使用すると明記していた」と話した。

 これに対し、施工業者の「則武(のりたけ)地所」(相模原市)の社長は「当時の社長や担当者が退職し、詳細が分からない。被害者に申し訳ない」と述べた。同社が過去に施工した建物については、一部の自治体が施工状況の確認を始めている。

 一方、アパート建設時には、設計通りに施工されているかを確認する中間検査や完了検査も行われていた。担当した民間建築確認機関「J建築検査センター」(東京都渋谷区)は取材に「答えられない」とした。

https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/
nation/20210428-567-OYT1T50164.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★投資競馬プロフェッショナル式~これであなたも、プロと同じ馬券で勝てる!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ