大盛りあがりGO 映画

裕次郎を脇に回したことも!名和宏、“バイプレーヤー”でくくれない多彩実力

20180702_asagei_nawa-250x250.jpg
 俳優の名和宏さんが、急性腎不全のため都内の病院で死去したのは6月26日午前7時32分のこと。享年85。様々なニュースなどでは、テレビ・映画・時代劇などで悪役を数多くこなしたバイプレーヤーとして紹介され、代表作として「仁義なき戦い」が大きく取り上げられていた。

「名和さんは、シリーズ1作目で菅原文太演じる広能に射殺される親分・土居役、そして第2作『広島死闘篇』では北大路欣也さん演じる青年やくざ・山中が憧れる親分・村岡常夫役を演じました。確かにタイトルとしては、『仁義』は大きいとは思いますが、鈴木則文監督の成人向け作品なども、コミカルな味を出していて、非常に印象深いですね」(映画ライター)

 例えば、「温泉スッポン芸者」などといった、笑いと艶っぽさがないまぜとなった70年代の東映が推し進めた路線でも色豪役を演じ、強烈な印象を残した名和さん。しかし、それは単なる汚れ役ではなかった。

「名和さんは実家が能の金春流で、自身も能楽を学んでいました。そのためだと思いますが、いわゆるカラミの場面もどこか品のあるムードを漂わせていました。それから、どうしてもバイプレーヤーとして語られがちですが、デビュー時に所属していた日活時代には、主演作もあったんですよ」(映画ライター)

 日活時代は二枚目スターとして活躍し、「地底の歌」(1956年)では、デビュー直後の石原裕次郎を脇に置いて、堂々の主演を演じている。石原慎太郎は著書「弟」で、裕次郎が日活オーディションを落とされたのは、当時似たタイプの名和さんを押し出していたからだ、と記している。バイプレーヤーという言葉だけではなく、ひとりの“役者”として、改めて名和さんに追悼の意を表したい。

https://www.asagei.com/excerpt/107573

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

映画『銀魂2』、お登勢役・キムラ緑子に大反響「めっちゃ似合ってる」

kijhgf.jpg

 8月17日に公開される実写映画『銀魂2(仮)』に、女優のキムラ緑子(56)の出演が決定。お登勢さん役を演じることが早くも話題を呼んでいる。

 同映画の原作となる『銀魂』(集英社)は、空知英秋氏による人気漫画。一風変わった江戸時代を舞台に、主人公の坂田銀時らが大活躍するコメディ作品だ。

 2017年7月に公開された第1作目の実写映画の興行収入は38億4000万円という大ヒットを記録。その続編となる『銀魂2(仮)』は、坂田銀時役の小栗旬(35)をはじめとする主要キャストがそのまま出演。監督も前作同様福田雄一氏がメガホンをとる。

 そして今回、銀時たちが営む「万事屋銀ちゃん」の大家であり、「スナックお登勢」のママでもあるお登勢役を、キムラが演じることが発表された。

 キムラは今回のお登勢役について「アニメも原作も人気ですので、皆様のイメージのお登勢さんを壊さないようにしないと、とプレッシャーでした」と映画公式サイトにコメント。また、福田監督から最高の登場シーンと褒められたそうで、「衣装や髪もそっくりに作ってくださったので、どんどんお登勢な気分になってきました」と、お登勢になりきったことを明かしている。

 そんなキムラ演じるお登勢のビジュアルが発表されると、そのなりきりぶりにファンはビックリ。ネットには「キムラさん、お登勢さんそのままじゃん!」「ナイスキャスティング! めっちゃ似合ってる!」「俺もお登勢役はキムラさんしかいないと思ってた!」など、早くも絶賛のコメントが続出した。

 しかし、アニメ版では独特のダミ声が特徴のキャラだったことから、「ガサガサ声だせるのかな?」「くじらさんの声の印象が強すぎるからなぁ……」「あのダミ声がどうなるのか気になる」と、一部心配する声も上がっていた。

「キムラ緑子は、かつて劇団M.O.P.で看板女優として活躍。2013年放送の連続テレビ小説『ごちそうさん』(NHK)では、女優の杏(32)演じるヒロインをイビる義姉役を熱演し、注目を集めました。当時キムラは、あまりにリアルなイジメ演技だったため、視聴者から“胸が苦しくなってつらい”というメッセージが届いたと、自身のブログで告白していましたね」(芸能誌ライター)――ハマり役間違いなし!

https://taishu.jp/articles/-/59499

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

映画「銀魂」が37億円突破!「ジョジョ」は大爆死で格差が浮き彫りに

28ab133e8d79fef1.jpg

 8月12日、映画「銀魂」が興行収入30億円を突破したことが明らかになった。

「公開から30日でこの成績は立派なものです。9月4日までには37億円を突破しています。漫画の実写映画化は『進撃の巨人』や『テラフォーマーズ』、『無限の住人』と失敗続きで、悪いイメージができあがってしまいましたが、銀魂が覆してくれたといっていい。好調の理由は公開のタイミングではないでしょうか。夏休みに家族で観に行くのにあのハチャメチャギャグはぴったりですからね」(映画誌ライター)

 SNSなどを通じて口コミで評判が広がり、原作ファンだけでなく読んでいない人も劇場に足を運んだ。そんな銀魂大ヒットの裏で厳しい立場に追い込まれているのが映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」だ。原作の「ジョジョの奇妙な冒険」は「銀魂」と同じ週刊少年ジャンプで掲載され、大ヒットを記録。多くの熱心なファンが誕生している。

「原作の『銀魂』と『ジョジョ』を比べると、『ジョジョ』のほうが売り上げ、人気、話題性ともはるかに上ではっきり言って比較になりません。映画化への期待度も『ジョジョ』が上でした」(漫画誌編集者)

 ところが映画「ジョジョ」は興行成績ランキングにて初登場5位、翌週からは10位圏外に入ることは二度とないという大爆死。初登場時には、“スイーツ映画”とヤユされる「君の膵臓をたべたい」にも負ける屈辱の結果に終わった。銀魂が大ヒットしただけに、映画「ジョジョ」の失敗がより際立つことになっている。

「関係者からなぜ同時期に公開したのかと批判の声が上がっています。映画『銀魂』と比較されたことで原作のイメージにも傷がついてしまいました。ファンも納得いかないでしょう」(前出・漫画誌編集者)

 当初、映画「ジョジョ」はシリーズ化される予定だったが、今のところ、続編も白紙。かくも大きな両作品の興収格差には、今後の漫画実写化作品の成否を分けるカギがありそうだ。

http://www.asagei.com/excerpt/89427

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

『銀魂』、興行収入9.8億円で2017年実写邦画No.1スタート! 応援上映も企画

98fc1_1223_207dded0_d4525a3f.jpg
​(C)空知英秋/集英社 (C)2017映画「銀魂」製作委員会

小栗旬主演の映画『銀魂』(7月14日公開)の興行収入が9.8億円を記録したことが、18日わかった。

同作は、漫画家・空知英秋が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックを原作に、『HK 変態仮面』シリーズやTVドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで知られる福田雄一監督が実写化のメガホンをとる。パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきた"天人(あまんと)”と侍・坂田銀時(小栗)の間に起こるさまざまな事件を描く。

初日から10代、20代を中心とした若年層を中心に支持を受け、平日にも関わらず1億7602万5800円という好記録となった。さらに15日、16日の週末2日間では5億4103万2900円を記録し、2017年に公開された実写邦画のオープニング2日間の記録を更新。17日を含むオープニング4日間の興行収入は9億8229万1500円、動員は74万2254人となった。

この記録は、52.2億円のヒットとなった『るろうに剣心 京都大火編』(2014年)のオープニング4日間の興行成績である9億8536万円と比肩することから、『銀魂』も最終興行収入50億円突破に期待がかかる。また、今後も大ヒット舞台挨拶や、観客が声を出し映画を楽しむ”応援上映”などが企画されている。


http://news.livedoor.com/article/detail/13354227/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

将棋映画『3月のライオン』 あまりにも残念過ぎた公開時期に落胆する声が相次ぐ

藤井聡太くんに乗っかって、この時期に合わせて映画公開して宣伝しまくってたら、興業収益もかなり上がっていたでしょうね。

66600185.jpg
 14歳の最年少プロ棋士・藤井聡太四段が公式戦29連勝の新記録を樹立し盛り上がる将棋界だが、人気将棋コミックを実写映画化した「3月のライオン」の公開時期をめぐり業界内では「早過ぎた」、「時期をなんとかできなかったのか」など落胆する声が相次いでいるというのだ。

 同作は羽海野チカさん原作の人気コミックを実写映画化。神木隆之介が演じた主人公の桐山零は史上5人目となる中学生で入段した若手棋士。劇中ではライバル棋士との対決や周囲の人々との心の交流を描く。

 有村架純、豊川悦司、佐々木蔵之介、伊藤英明、倉科カナら豪華キャスト陣をそろえ、3月18日に前編、4月22日に後編が公開されたのだが…。

 「今年のラインアップの中でもかなりの数字が期待された大作。ところが、いざ公開してみると、集客に大苦戦。結局、興行収入は2作で10億円ほどしかいかなかったのでは」(映画ライター)

 藤井四段が話題になったのは、昨年のクリスマスイブ、ひふみんの愛称で親しまれ、先日引退した加藤一二三九段に公式戦初勝利を収めてから。4月4日に小林裕士七段との対局でプロデビュー以来無敗連勝新記録となる11連勝を達成。その後、公式戦連勝記録の更新が視野に入ってきた6月に入り、各テレビ局の情報番組がこぞって取り上げ、注目されるようになった。

 「後編の公開時期はすでに藤井四段のブーム到来の予感があったはず。公開を延期するなり、前後編の一気上映企画をするなり、宣伝担当があれこれ知恵を絞るべきだったが、何もせずに公開終了。将棋ブームの到来を指をくわえて見ているだけになってしまった」(映画業界関係者)

 9月27日発売の同作[前編]のBlu-ray&DVDの特典として、神木と藤井四段の対談映像が収録されるというが、タイミングがかなり微妙だ。

http://npn.co.jp/article/detail/66600185/

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

CRYPTOCURRENCY MINING

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ