大盛りあがりGO 競馬

【CBC賞】アレスバローズが重賞初制覇 2着はナガラフラワー

m_20180701-134-OHT1T50175.jpg
アレスバローズ(右)が直線力強く抜け出す

(スポーツ報知)

◆第54回CBC賞・G3(7月1日・芝1200メートル、中京競馬場、良)

 サマースプリントシリーズ第2戦は、4番人気のディープインパクト産駒アレスバローズ(牡6歳、栗東・角田晃一厩舎)が川田将雅騎手を背に、重賞初制覇を飾った。

 2着には9番人気のナガラフラワー(高倉稜騎手)、3着には8番人気のセカンドテーブル(水口優也騎手)が続き、3連単は16万6090円の波乱となった。1番人気のダイメイフジ(ミルコ・デムーロ騎手)は11着に敗れた。

https://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports
/20180701-134-OHT1T50175.html

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

宝塚記念に殺到 関ジャニファンの日傘使用に苦言 JRAへ批判も

4c510_80_5e1fff96_22c03faa.jpg
川島さんのツイッターより

中央競馬の春のグランプリ、宝塚記念(阪神競馬場、芝2200メートル)の国歌斉唱を「関ジャニ∞」の錦戸亮さん、村上信五さん、横山裕さんの3人が務めた。

人気アイドルをひと目見ようと、普段競馬に親しみのないとみられるファンも多く来場、一部ファンの観戦マナーについて批判が上がっている。

メルボルンCの悲劇を忘れないためにも
2018年6月24日、阪神競馬場で行われた「第59回宝塚記念」は、和田竜二騎手が騎乗したミッキーロケットがG1初制覇を達成した。

JRA(日本中央競馬会)によると、人気、実力ナンバー1だったキタサンブラックが登場した前年より22.4パーセント多い6万5800人が来場した。

来場者増の立役者はスペシャルゲストで国歌斉唱を担った関ジャニ∞だ。彼らを目当てに早朝から女性ファンが数多く駆け付け、優勝馬を表彰するウィナーズサークルをいち早く囲む状況をスポニチアネックスが報じた。

競馬中継番組出演のために阪神競馬場を訪れていたお笑いコンビ麒麟の川島明さんは、高所からウィナーズサークル付近を撮影した写真をツイッターに投稿した。

「宝塚記念が行われる阪神競馬場。国歌斉唱を務められるのは関ジャニ∞さんなのでウィナーズサークル前は早くも日傘の女性でいっぱいです」
確かにウィナーズサークルに近い位置に、日傘をさした人の姿が確認できる。

この投稿に対して、ファンは、

「日傘とても迷惑ですよね...」
「日傘良くないですよね」
と、日傘を使う入場者へ苦言を呈した。

また、川島さん以外にもこれらの日傘に対するクレームがツイッター上に投稿された。

「関ジャニファン日傘邪魔すぎる!」とコメントが付いた写真には、関ジャニ∞のタオルを頭に巻いた女性が日傘をさしていた。更に、ウィナーズサークル付近を撮影した動画も投稿され、日傘使用率の高さが目立っていた。

また、14年のオーストラリア・メルボルンカップで観客が目の前で突然旗を振ったために驚いて鉄柵に足をひっかけ骨折したアラルドを例に挙げ、警告する人も。

「団扇や日傘くらい、と思ってる方へ。馬はホンマに臆病な生き物」
「些細なきっかけで、事故につながることもあるので、決して大袈裟な話ではないんですよね」
と指摘し、日傘を使用する入場者に釘を刺した。

批判の矛先はJRAにも
これらに対して、ツイッター上では、異論も出てきている。

「eighter(編注:エイター。関ジャニ∞のファンの名称)に文句を言うのではなく、そういうことを想定しているはずのJRAさんに文句を言うべきでは」
「JRAは何がやりたかったんだ?もちろん、関ジャニファンが悪いわけじゃないが。常々JRAってイベントの企画、運営が下手だなって思う」
「阪神競馬場に関ジャニ∞目当てに来るオタクのマナー違反に対して文句言ってるツイートをよく見るけど、ジャニーズ呼んだJRAの責任でしょ」
「マナーについては呼んだ側がカバーすべきであって、初心者は知らないんだからさ」
と、関ジャニ∞の3人を招集したJRAへの批判も見られた。


J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14917345/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

【宝塚記念】大波乱…ミッキーロケット7度目挑戦でG1初制覇!和田は17年ぶり悲願

m_sponichi-spngoo-20180624-0116.jpg
<阪神競馬11R 宝塚記念>ワーザー(手前)にクビ差で勝利したミッキーロケット (撮影・奥 調)

(スポニチアネックス)

 上半期の競馬を締めくくる春のグランプリ「第59回宝塚記念」(G1、芝2200メートル)が24日、阪神競馬場の第11Rで行われ、和田竜二騎手騎乗の7番人気ミッキーロケット(牡5=音無厩舎)が優勝。悲願のG1初勝利を挙げた。

 中団から競馬を進めたミッキーロケット。直線では内を突いて抜け出すと、外から猛追する香港からの刺客ワーザーとの一騎打ちを制した。2着には10番人気ワーザー、さらに3着には12番人気のノーブルマーズが入る大波乱の決着となった。勝ちタイムは2分11秒6(やや重)。

 勝ったミッキーロケットは父キングカメハメハ、母マネーキャントバイミーラヴという血統。3歳秋に神戸新聞杯で2着に入るなど台頭すると、4歳初戦となった日経新春杯で重賞初制覇。その後は勝利から遠ざかっていたが、7度目のG1挑戦でついにタイトルをつかんだ。通算戦績は22戦5勝。

 鞍上の和田は01年の天皇賞・春(テイエムオペラオー)以来、17年ぶりのG1制覇で通算8勝目。管理する音無師は中央G1通算9勝目で今年は初勝利。

 昨年の年度代表馬キタサンブラックが引退し、王者不在となった古馬王道戦線。出走馬中6頭がG1初挑戦という混迷のグランプリをミッキーロケットが制し、新王者へ名乗りを挙げた。

https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/
osports/sponichi-spngoo-20180624-0116.html

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

【安田記念】モズアスコットが春のマイル王!連闘策実ってG1初挑戦でレコードV

m_sponichi-spngoo-20180603-0116.jpg
<東京11R・安田記念>レースを制した(10)モズアスコット(撮影・村上 大輔)

(スポニチアネックス)

 春のマイル王を決める「第68回安田記念」(G1、芝1600メートル)が3日、東京競馬11Rで行われ、C・ルメール騎手騎乗の9番人気モズアスコット(牡4=矢作厩舎)が優勝。G1初制覇を果たした。

 後方集団から競馬を進めたモズアスコット。直線では馬群の真ん中を割って、豪快な追い込み。先に抜け出したアエロリットをゴール寸前で差し切った。勝ちタイムは1分31秒3(良)でレースレコードタイ。首差の2着には5番人気アエロリット、さらに3/4差の3着には1番人気スワーヴリチャードが入った。

 勝ったモズアスコットは父フランケル、母インディアという血統。4連勝の勢いに乗って重賞初挑戦となった昨年12月の阪神Cでは1番人気に推され4着。今年に入ってからは3戦連続2着と惜敗が続いていたが、初挑戦のG1の舞台でそのうっぷんを晴らす見事な走りを見せた。安土城Sからの意欲の連闘策が実った。通算戦績は11戦5勝。

 鞍上のルメールは中央G1通算17勝目で今年3勝目。管理する矢作師は中央G1通算4勝目で今年は初勝利。

 大阪杯を制したスワーヴリチャードが参戦するなど、短中距離で活躍する実力馬が集結し、ハイレベルな一戦となった今年の安田記念。モズアスコットがG1馬7頭を撃破し、初めてのG1タイトルをつかみとり、東京競馬5週連続G1シリーズを締めくくった。

https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/
osports/sponichi-spngoo-20180603-0116.html

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

【日本ダービー】ワグネリアンが世代6955頭の頂点!福永19度目挑戦で涙の悲願V

m_sponichi-spngoo-20180527-0111.jpg
<日本ダービー>ダービーを制した福永騎乗の(17)ワグネリアン(撮影・森沢裕)

(スポニチアネックス)

 3歳牡馬クラシック第2戦「第85回東京優駿(日本ダービー)」(G1、芝2400メートル)が27日、東京競馬10Rで行われ、福永祐一騎手騎乗の5番人気ワグネリアン(牡3=友道厩舎)が優勝。平成最後のダービーの舞台でG1初制覇を果たした。

 中団やや前目につけたワグネリアン。早めに進出して、逃げた皐月賞馬エポカド―ロとの叩きあいに持ち込み、最後はとらえきった。ウイニングランで鞍上の福永は涙を流しながら何度もガッツポーズを繰り返した。勝ちタイムは2分23秒6(良)。半馬身差の2着には4番人気エポカド―ロが入った。さらに首差の3着には16番人気のコズミックフォースが入った。

 勝ったワグネリアンは父ディープインパクト、母ミスアンコールという血統。 ディープインパクトもダービーを制しており、これで父子制覇となった。ディープ産駒はダービー4勝目。

 デビューから無傷の3連勝で東スポ杯2歳Sを制し重賞初制覇。今年に入ってからは弥生賞2着、皐月賞7着と勝利から遠ざかっていたが、大舞台で巻き返した。通算戦績は6戦4勝。

 鞍上の福永は中央G1通算21勝目で今年は初勝利。ダービーでは2着が2度あったが、19度目の挑戦で悲願の初制覇となった。管理する友道師は中央G1通算9勝目で今年は初勝利。

 2015年に生を受けた競走馬6955頭の頂点。日本中のホースマンが目標とする日本ダービーの舞台でワグネリアンが最高の栄誉を手に入れた。

https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/
osports/sponichi-spngoo-20180527-0111.html

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

CRYPTOCURRENCY MINING

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ