大盛りあがりGO TV・ラジオ・エンターテイメント
FC2ブログ

名将・野村克也「サッチーの履歴はウソ」と激白!知られざる夫婦の絆に迫る

59223_782_9774b704_380bba4c.jpg
野村克也・沙知代夫妻

野村克也・沙知代夫妻の真実に迫る番組『ザ・ドキュメンタリー』(BS朝日)が、11月17日(土)19時から放送される。同番組は、長期間にわたる取材、徹底的な検証、そして味わいのあるナレーションで、地上波テレビでは見られなくなった「ドキュメンタリーの王道」を目指し、さまざまなジャンルを掘り下げていくもの。

昨年12月8日に亡くなった沙知代さんは、歯に衣着せぬ言動で、かつては“サッチー”と呼ばれお茶の間の人気者だった。しかし「ミッチー・サッチー騒動」「経歴詐称」「脱税で逮捕」など、幾度となく世間を騒がせ、バッシングの集中砲火も浴びた。あれらの騒動の時、夫妻は何を思っていたのか? 今だから話せる真実に迫るべく、夫・克也氏にも密着取材を行う。また、ベールに隠された沙知代さんの過去も捜索するほか、「母親」として「姑」としての知られざる素顔を掘り下げていく。

番組では、昭和45年(1970年)7月、2人が初めて出合った東京・中華料理店での第一印象について語っているのだが、克也氏は、「特に何も思わなかった。顔も普通だし。でも……」と。一方の沙知代さんは、「監督? 工事現場の?」と、まさかプロ野球の監督をしていると思わなかったそう。その後2人が急接近するきっかけになった出来事とは?

また、平成8年(1996年)、沙知代さんの衆院選立候補に際して、学歴詐称の疑いが浮上した。これに対して、克也氏は「サッチーの履歴は100%ウソ。全部ウソです!」と衝撃の告白。一体なぜこんなウソを?

そして、平成11年(1999年)には、日本の剣劇女優・浅香光代との「ミッチー・サッチー騒動」が勃発。競演した公演は大盛況だったが、あることをきっかけに2人の間に亀裂が……。強まる世間のバッシングに対して、克也氏は「大丈夫か。もう少しおとなしくしたら」と、沙知代さんに忠告したそうだが、「言わせておけば良いのよ!」と一蹴。

そんな沙知代さんが亡くなる日の朝、突然、克也氏にとった行動とは? 最後に、克也氏が色紙に書いた「夫婦を表す一文字」も公開される。
テレビドガッチ

http://news.livedoor.com/article/detail/15591558/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

『中学聖日記』6話、自己最高視聴率! “元高校球児”新人俳優のイケメン度アップが要因?

76800912.jpg
有村架純

 火曜ドラマ『中学聖日記』(TBS系)の第6話が13日に放送され、平均視聴率が7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。第5話の6.5%から0.5ポイントのアップ。ここに来て自己最高視聴率を記録した。

 第5話では、新人中学校教師・聖(有村架純)とその生徒・晶(岡田健史)が互いに惹かれてしまった結果、聖は中学校を辞め晶の元から去ることとなった。第6話では、晶が中学校を辞めてから3年が経過。婚約者だった勝太郎(町田啓太)とも別れた聖は、離れた場所で小学校の教員としてまだ教職に就いていたが、新たな展開が訪れることとなった。

 「本作は未成年と教師の『禁断の恋愛物』ということで、放送前は評判が芳しくなかった。初回視聴率も6.0%と低く、一時は『打ち切り寸前』とまでささやかれていましたが、中だるみ状態になりがちな第6話で視聴率が上昇した。これには晶役を演じている岡田健史さんの人気もひと役買っているようです」(ドラマライター)

 イケメン高校球児として名をはせ、オーディションの末にデビューした岡田。当初はぎこちない演技を酷評する声もあった。また、聖に迫るさまが暴走気味だったこともあり、「怖い」「全然キュンとできない」といった声も決して少なくなかった。

 「しかし、ストーリーが進むにつれ、岡田さんのイケメンぶりを褒める声が次第に目立つように。特に第5話では晶への想いを率直に叫ぶ場面が多々見られ、『10歳下でもこんなこと言われたら、ぐらつく!』『聖ちゃんの気持ちが分かるようになった…』などと評価されるように。また、第6話からは高校生役になり髪を切り、さっぱりしたことで大人味が増し、女性視聴者のハートをさらにつかんだようです」(同)

 演技にはまだたどたどしさがあるものの、「それが晶の不器用さを表現している」という声も出ている岡田。『中学聖日記』で演技をさらに磨けば、今後のステップアップも見えてくる。

https://npn.co.jp/article/detail/46848242/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

TOKIO紅白逃す 不祥事理由?にNHK明言せず…25年連続出場ならず

s_20181114081.jpg
第69回紅白歌合戦

(デイリースポーツ)

 大みそかに放送される「第69回NHK紅白歌合戦」(総合、後7・15)の出場者が14日、都内の同局で発表され、昨年まで24回連続出場していた人気グループ「TOKIO」が出場しないことが分かった。今年4月に元メンバーの山口達也氏(46)が強制わいせつ容疑で書類送検(後に起訴猶予処分)され、5月にジャニーズ事務所を退所。グループは4人で活動を継続したが、音楽活動は休止していた。

 1994年のデビュー年からの連続出場は24回でストップ。24回出場はSMAPの23回を超えるジャニーズ歴代1位の記録だった。

 制作局エンターテインメント番組部チーフプロデューサーの渋谷義人氏は、初出場者による会見終了後、取材に対応。TOKIO落選に山口氏の不祥事が影響したか?との質問に「何々(なになに)があってのことではない」と明言せず。「ご出演を依頼する方は何がヒットしたかどうかでお願いするが、何々の理由で個別の理由ではなく、出演した方は先ほど説明した理由の3点です」と(1)今年の活躍、(2)世論の支持、(3)番組の企画演出に合っているかという選考基準を繰り返す形となった。

 なお、King&Princeが初出場を決め、ジャニーズからは嵐、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMP、Sexy Zoneの5組が出場する。TOKIOとキンプリが入れ替わった形で、昨年と出場総数は変わらなかった。

 TOKIOは今年の9月でデビューを25周年を迎えており、記念イヤーだった。

 NHKは山口氏が司会を務めていたEテレ「Rの法則」が事件の影響で打ち切りになったことから、損害賠償を請求し、10月までに支払いがあったことを報告していた。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/entertainment/20181114081.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「イッテQ!」タイ・カリフラワー祭りにもデッチ上げ証言 日テレが謝罪

文春オンライン

 日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の「祭り企画」デッチ上げ問題。昨年2月12日の2時間スペシャルで放映された「カリフラワー祭りinタイ」でも同様の疑惑が浮上した。
img_05eab2f40d111f652610e032b88da1e3115676.jpg
「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)2017年2月12日放送分より

「カリフラワー祭り」は、昨年1月14日、タイの中部・ペッチャブーン県の外れにあるサイヨン村で行なわれた。二人三脚で泥沼を駆け抜け、カリフラワー20キロを収穫するスピードを争うレースで、2月の放送では「カリフラワーの名産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」などと紹介された。「お祭り男」の宮川大輔(46)に加え、「NEWS」の手越祐也(31)も参戦。番組は22.2%の高視聴率を記録していた。

 だが、サイヨン村の村長は疑問を呈する。

「テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民から『日本のテレビが来るのでラコーン・サン(短いドラマや芝居)を作りたい』と言われ、開催した。話し合いの中で去年は野菜の値段がとても安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをすることになったのです。当日は年に1度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません」

 さらに「週刊文春」が現地で取材したところ、祭りの出場者には賞金や参加費などが渡され、「イッテQ!」の海外コーディネーションを担当するM社が「祭り」の運営費を負担していることなどが分かった。

 日本テレビに「カリフラワー祭り」の開催経緯などについて尋ねたところ、次のように答えた。

「『カリフラワー祭り』や先にご指摘をいただいた『橋祭り』を含め、『祭り』企画において、番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案したり、実質的な主催者となってイベントとして開催したケースがありました。

 また番組がコーディネート会社に支払っている撮影経費の中から、開催費用や賞金、参加費、協力費などが支払われていることもありました。コーディネート会社との長年にわたる協力関係に甘え、企画についての確認が不十分なまま放送に至ったことについて、当社に責任があると考えております。『祭り』企画に関しましては、現在、詳細を確認中です。今回のような事態を招きましたことを、お詫び申し上げます」

 11月15日(木)発売の「週刊文春」では、タイでの“祭り”の詳細や宮川大輔の番組にかける思い、下請けに責任を押し付ける日本テレビの対応について、6ページわたって詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年11月22日号)

https://news.goo.ne.jp/article/bunshun
/entertainment/bunshun-9660.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

紅白出場歌手発表、“波乱”も“目玉”もない? 注目の韓流アイドル勢は…

16047677.jpg
DA PUMP・ISSA

 おおみそかに放送される「第69回NHK紅白歌合戦」に出場する紅白21組ずつ計42組のアーティストと、企画コーナーに出演する2組のアーティストが14日、東京・渋谷の同局で発表され、同番組の公式サイトに掲載された。

 初出場となるのは、あいみょん、DAOKO、King & Prince、純烈、YOSHIKI feat.HYDE、Suchmosの計6組。今年、「新語・流行語大賞」にノミネートされた「U.S.A.」が大ヒットしたDA PUMPは16年ぶりに返り咲きを果たし、メンバーが着用していた“原爆Tシャツ”の騒動で渦中のBTS(防弾少年団)は落選した。

 紅組ではユーミンこと松任谷由実が7年ぶり、デビュー20周年のaikoが5年ぶり、そして、今月3日から1年10か月ぶりに活動再開したいきものがかりは2年ぶりの出場となった。BTSと同様に韓流グループとして一部の注目を集めていたTWICEは、2年連続の出場となった。

 特別企画として椎名林檎と宮本浩次が出演。昨年エレファントカシマシとして初出場したボーカルの宮本は、バンド、ソロでの2年連続出場。企画コーナーで人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の声優ユニット・Aqours(アクア)、話題の2・5次元ミュージカルから刀剣男士たちが出演する。

 「初出場、返り咲き、企画までほとんど各スポーツ紙で報じられた歌手だらけ。昔は情報が漏れた場合、その歌手を差し替えるなど、NHKは情報管理を徹底していたが今やダダ漏れ。現時点では“目玉”も“波乱”もなかった」(芸能記者)

 しかし、この出場歌手のラインナップから、ただ1つの“サプライズ”が期待できそうだというのだ。

 「DAOKOは今年、特にヒット曲がなかったにもかかわらずの選出。そこで期待されるのが、昨年リリースした米津玄師とのコラボ曲『打上花火』の披露。米津は東京五輪に向けてNHKからの仕事のオファーを受けており出場が期待されていたが、白組では断ったが、DAOKOとのコラボは快諾した可能性がありそうだ」(レコード会社関係者)
 現時点だと、本番が盛り上がるかどうかは“米津頼み”しか考えられなさそうだ。

https://npn.co.jp/article/detail/16047677/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

5WAYS TO PROFIT WITH ARBITAO

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ