大盛りあがりGO TV・ラジオ・エンターテイメント
FC2ブログ

加藤浩次、常識外れの“カスハラ”に激怒「店長がハッキリ伝えるべき」視聴者から称賛の声

46514940.jpg
加藤浩次

 12月10日の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)の「カスハラ」特集が話題になっている。

 「カスハラ」とは「カスタマーハラスメント」の略で、常識を超えた悪質なクレームなどにより従業員が精神的苦痛を受けることをいう。「スッキリ」では過去数回にわたって「カスハラ」を特集しており、この日は実際に被害に遭ったという人物にインタビューした。

 料金を安くしようとする顧客から「契約書の文字が汚い」などと難癖をつけられ、執拗に暴言を浴びせられた結婚式場勤務の女性のケースが紹介された他、レジの会計が気に食わないと4時間以上も説教を浴びせられ、うつ病を発症したケースも取り上げられた。

 司会の加藤浩次は、これまで何度か「カスハラ」を番組で取り上げていたこともあってか怒り心頭の様子だった。

 加藤は「企業側の作ったマニュアルはある程度、当たり前のお客さんを想定して作られている。だから想定外のお客さんが来たときに対応ができなくなってしまっている」と指摘。「想定外のお客さんからのクレームを受けた時は現場にいる店長が『二度と来ないでほしい』ということをハッキリと伝えることが大事」と持論を展開した。

 この加藤の発言にはネットでは「加藤さんよく言ってくれた!」「加藤さんの言う通り。是非とも上司に聞かせたい」「世の従業員の声を代弁してくれた」と絶賛する声が相次いだほか、「高校生の時、レジで小銭投げつけられた」「新人いじめを目的にするお客さんも多いよね」といった声も相次いだ。

 『スッキリ』は平日の朝に放送にしていることもあり、パートタイマーの女性やサービス業に従事している視聴者層が多いとみられ、「カスハラ」特集は特に反響が大きいようだ。

 今回の特集はカスハラ特集の「総集編」とも言っていい内容で、加藤も腹に据えかねた部分が多かったのか、いつもに増して悪質なクレーマー客に吠えていた。

 12月4日の『ペイハラ』に続き、『○○ハラスメント』をテーマに視聴者の声を代弁することに成功した『スッキリ』。来年もしばらくこれらの特集は続きそうだ。

https://npn.co.jp/article/detail/46514940/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

『グランメゾン東京』、「京野さん」がトレンド入り キスマイ玉森・キムタクとのシーンに「萌える」の声殺到

91068392.jpg
沢村一樹

 木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、夜9:00~放送)の第8話が8日に放送され、平均視聴率が11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)であると報道された。前回から0.8%のポイントダウンとなった。

 本作は岸田周三氏やトーマス・フレベル氏などの世界的なフレンチシェフが監修を務める料理ドラマである。ストーリーは、過去にフランスの官僚とトラブルを起こした料理人・尾花夏樹(木村拓哉)が、ひょんなことから女性料理人・早見倫子(鈴木京子)と出会い、二人でフレンチレストラン「グランメゾン東京」を立ち上げ、仲間たちと力を合わせて三ツ星獲得を目指す――というものだ。

※以下、ネタバレを含む。

 前回の第7話の終盤では、グランメゾン東京のギャルソン・京野陸太郎(沢村一樹)が、尾花と倫子の親密な様子に嫉妬し、思わず倫子への秘めた恋心を暴露するという展開となった。第8話では、3人の関係がギクシャクしている中、尾花の料理の師匠・潮卓(木場勝己)が持病を悪化させ、尾花と京野が彼の店を昼間だけ受け持つことになる。

 同じ頃、尾花の元弟子である若手シェフの平古祥平(玉森裕太)は、尾花が京野たちと上手くいっていないことを心配して、京野の元へやって来る。そして、3年前に尾花が引き起こしたとされている事件について、「3年前、尾花さんが店から消えたのは自分が悪者になって、かばうためだったんだと思います」と胸の内を吐露する。その告白から、平古が事件に関与していることを悟った京野は、平古を「大丈夫だ、もういいから」と言って抱きしめる。その後、尾花と仲直りをした京野は彼を自宅に泊め、寝床を争ってじゃんけんをしたり、3年前に尾花が失踪した件について胸の内を語ったりして、友情を確かめ合うのだった。

 京野が平古を抱きしめるシーンや、尾花とのお泊りを楽しんでいる姿が大きな反響を呼び、ツイッターでトレンド入りを果たした。視聴者からは「詳しいことを聞かなくても平古を理解して包み込む京野さんが尊すぎる…。平古くん、そこ代わって」「尾花と京野さんがまさかの同棲⁉二人とも嬉しそうにイチャイチャするし、もう萌えるしかない」「京野さん、倫子さん好きっていうのはカモフラージュで、本当は尾花が好きなんじゃない…?」という声が挙がっている。

 「京野は、尾花がパリで働いていたころからの同僚であり、彼のよき理解者というキャラクターです。感情的な尾花とは対照的な、紳士的で優しい性格が多くの女性ファンを魅了しているようです。しかし、作中で尾花が責任を負った3年前のナッツ混入事件の犯人は自分だと平古が発言し、今回平古を抱きしめるシーンで複雑そうな表情を浮かべていたことから、SNSでは『ナッツ混入の真犯人は京野さんなんじゃないか?』という予想の声も挙がっています。今後は、彼にさらなる注目が集まるでしょう。」(ドラマライター)

 これまで、「雰囲気が古い」「設定に甘い部分がある」と批判を受けていた本作だが、果たして京野の人気で評判を覆すことができるのだろうか。今後の展開と、京野の動きも併せて注目したい。

https://npn.co.jp/article/detail/91068392/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

『浦安鉄筋家族』佐藤二朗で実写ドラマ化も失敗作の予感が濃厚?

28525788.jpg
佐藤二朗

 浜岡賢次による人気漫画作品『浦安鉄筋家族』が、実写ドラマ化されることがわかった。テレビ東京系の深夜ドラマ「ドラマ24」枠で2020年4月から放送される。主役は、原作通りの小学生の大沢木小鉄ではなく、タクシー運転手の父親である大沢木大鉄となり、佐藤二朗が務める。

 脚本を務めるのは人気劇団のヨーロッパ企画の上田誠氏、監督は『おっさんずラブ』などを手がける瑠東東一郎氏である。豪華タッグと言えるが、放送前から懸念要素は多そうだ。

 ネット上では、「『浦安鉄筋家族』ってイケメンが一人も出て来たら原作崩壊だからな」「漫画の描き込んだ感じは、セットとか相当気を使わないと再現できないと思うけど、低予算の深夜ドラマで大丈夫?」「始まる前から失敗作の予感しかしない」といったファンの声が聞かれる。

 『浦安鉄筋家族』は1993年に『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載がスタートし、断続的に掲載されている人気シリーズ作品である。シリーズ累計4400万部を突破し、コアなファンが多いことで知られる。

 メディアミックス作品としては、1998年と2014年に二度のアニメ化がなされており、アニメ版は「原作のスピード感が生かされている」「下品系のネタもアニメでうまく処理していた」と評判は上々である。アニメ版は好評なだけに、実写版には大きなプレッシャーが掛かっていると言えるだろう。

 近年はアニメ作品の実写版作品が多く作られている。だが、もともと原作の熱心なファンが多いだけに、実写化作品はおおむね不評だ。2019年公開作品でも映画『地獄少女』は「主人公演じた玉城ティナの顔が違いすぎる」といった声が聞かれた。漫画やアニメの実写化の場合、もっとも生じやすいのがこのイメージギャップ系のクレームだ。

 『浦安鉄筋家族』は個性派の登場人物が多いだけに、今後追加キャストが発表されるごとに、「イメージと違う」批判も生じそうだ。開始前から失敗が濃厚な作品とも言えそうだ。


https://npn.co.jp/article/detail/28525788/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

日本人パリコレモデル山口小夜子さん死去から12年 多くの謎を残した「死の真相」に迫る

c68c8_60_80d3d4f6_f9e0e77e.jpg
山口小夜子さん(C)TBS

 6日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)では、2007年8月に急逝した伝説の日本人パリコレモデル・山口小夜子さんの「死の真相」に迫る。

 山口さんは世界を舞台に活躍した日本人モデルの先駆者の一人。モデルとしてだけでなく、女優やデザイナーとしても活躍。その姿は「東洋の神秘」と称され世界中から注目を浴び、多くの伝説を残し、07年8月に急性肺炎のため死去した。

 ジャンポール・ゴルチエ、イヴ・サンローラン、山本寛斎、高田賢三…。名だたる一流デザイナーたちに愛され、国内でも大手化粧品会社と12年もの間専属契約を結んでいた。プライベートは全く明かさず、年齢も非公表だった。晩年はモデル活動から退いていたが、その最期は多くの謎を残した。

 山口さんが亡くなって12年…。今回、番組では謎に包まれた死を緊急取材! すると、亡くなる前に彼女がとった謎の行動が明かされた。さらに、隠された意外な過去が判明する。彼女はとんでもない逆境から世界的な一発逆転劇を成功させていた! そこには生涯独身を貫いた一人の女性の生き様があった。

 また、番組では山口さんが考案し、パリコレなどのショーで外国人モデルの中にいても見劣りしないウオーキングスタイルを披露している当時の貴重な映像を公開。一流デザイナーが絶賛し、世界が注目した山口さんにしかできないパリコレ史に残る伝説のウオーキングとは? そして、亡くなる前に彼女と接触した写真家がいることが判明。山口さんをはじめ多くの女優たちから支持されている写真家から明かされる衝撃の真実とは…。今回、山口さんの生前最後と思われる写真をテレビ初公開。今なお、多くの人たちの記憶の中に鮮明にその姿を留める山口小夜子さんの魅力に迫る。

 スタジオでは山口さんが憧れの存在だったというトップモデルの冨永愛(37)が、山口さんとのエピソードを激白する。

スポーツ報知

https://news.livedoor.com/article/detail/17482259/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

吉田鋼太郎主演、名作映画『柳生一族の陰謀』をドラマ化

s_oricon-2150058.jpg
NHK・BSプレミアムでドラマ化『柳生一族の陰謀』(2020年4月11日放送)主演を務める吉田鋼太郎

(ORICON NEWS)

 1978年に公開され、大ヒットした映画『柳生一族の陰謀』(深作欣二監督)が、令和の時代に再びよみがえることになった。NHK・BSプレミアムで放送する単発ドラマして製作が決定。主演は、俳優の吉田鋼太郎が務める。

 映画は、徳川二代将軍秀忠の急死をきっかけに、三代将軍の擁立をめぐる骨肉の争いに巻き込まれた、柳生一族の存亡をかけた壮絶な闘いを重厚に描き上げた時代劇の傑作。「これより先、親に会えば親を殺し、仏に会えば仏を殺す…」。裏の裏をかく心理戦、けれんみたっぷりなアクション、アッと驚くどんでん返し…。映画の大ヒット後、ドラマや演劇、その他派生作品を生んだ。

 今回、主演する吉田も「大学に入って芝居を始めた頃、映画『柳生一族の陰謀』を観ました。日本を代表する名優達、スター達が名を連ねる中、萬屋錦之介の圧倒的な存在感、迫力、太刀捌きに終始釘付けになり、度肝を抜かれた憶えがあります」と述懐。

 映画で萬屋錦之介が演じた将軍家剣術指南役・柳生宗矩(むねのり)を、演じることについては、「身の竦むような思いです。萬屋さんには比ぶべくも有りませんが、何とか必死に自分なりの柳生宗矩を作り上げる事ができればと思っています。頑張ります!」と、意気込みを語っている。

 吉田のコメントにもあるように、映画版に当時の映画・演劇・テレビ界のスターが集結したように、令和のドラマ版にも第一線で活躍する俳優たちが名を連ねることに。

 主な出演者(配役)は、溝端淳平(柳生十兵衛)、岡山天音(徳川家光)、飯豊まりえ(茜)、森田望智(阿国)、山田純大(松平信綱)、波岡一喜(烏丸文麿)、荒井敦史(徳川忠長)、佐野岳(ハヤテ)、高橋克実(徳川義直)、美村里江(お福)、榎木孝明(小笠原玄信斎)、宅麻伸(土井利勝)、斉藤由貴(於江与)。

 スーパープレミアム『柳生一族の陰謀』は、来年4月11日(後9:00〜10:29)、BSプレミアムで放送予定。

■あらすじ

 元和9年、二代将軍徳川秀忠が急死した。大坂の陣から7年あまり。将軍の死は徳川体制に動揺を与えると、幕閣大奥の一部で秘密にされ隠蔽(いんぺい)された。何より、いまだ秀忠の後継者が決まっていなかったのだ。本来なら嫡男・家光が三代将軍を継ぐことに異論はないはずだが、実母の於江与(おえよ)が家光を愚鈍と嫌っており、弟・忠長の方が将軍にふさわしいとの声が土井利勝を中心に幕閣の間で大きくなり始めていた。

 将軍の死因をいぶかる土井は忍びを使って秀忠の胃袋を調べようとするが、突然現れた者に奪われてしまう。届けられた先は将軍家剣術指南役・柳生宗矩。彼の検視により秀忠の死はヒ素を盛られたためと判明する。一体誰が…。宗矩に問い詰められた家光の小姓・松平信綱と乳母お福(後の春日局)が秀忠暗殺を白状する。将軍が家光を廃嫡する動きに出たためやむを得なかったのだと…。

 宗矩は柳生新陰流の弟子・家光を将軍に据えるため陰謀を張り巡らせる。それは朝廷を巻き込み幕府を家光派・忠長派に分裂させ、柳生一族をも骨肉の争いに駆り立てる、仁義なき戦いの始まりであった。

https://news.goo.ne.jp/article/oricon
/entertainment/oricon-2150058.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ