大盛りあがりGO TV・ラジオ・エンターテイメント
FC2ブログ

小山田圭吾のいじめ告白記事『Quick Japan』出版元も謝罪 「差別を助長する不適切なもの」

s_oricon-2200811.jpg
小山田圭吾

(ORICON NEWS)

 ミュージシャンの小山田圭吾(52)が、学生時代に障がい者へのいじめを行っていたと告白した過去記事をめぐって、『Quick Japan』出版元の太田出版が19日、公式サイトに謝罪文を掲載した。

 小山田をめぐっては、15日に五輪開会式の音楽を務めることが明らかになったが、過去に同誌の1995年3月号や『ロッキング・オン・ジャパン』94年1月号で掲載された小山田のいじめ告白記事がネットで問題視され、批判を集めていた。16日に小山田がツイッターで当該記事について謝罪し、18日には『ロッキング・オン・ジャパン』の出版元も記事を謝罪。また、きょう19日には、小山田がこれらの問題を受け、五輪開会式の音楽担当を辞任すると発表している。

 以下、太田出版による謝罪文

1995年刊『Quick Japan 第3号』は「いじめ紀行」というシリーズの第一弾として小山田圭吾氏へのインタビューをもとにした記事を掲載しました。この記事が、表現方法、記事の影響についての思慮そして配慮が足らないままに世に出たことにより被害者の方をはじめ多くの方を傷つけたことを深くお詫びします。

「いじめ紀行」は、取材者自身がいじめられた体験があることから、いじめられた側だけでなくいじめた側からも話をきくという趣旨で「いじめた側といじめられた側の対談」として当初発案されたものでした。この第一回で小山田圭吾氏は自身の体験として障がいを持つ方へのいじめを告白しています。

現在、この小山田圭吾氏の一連のいじめ体験についての告白が大きな批判を受けています。当時のスタッフに事実・経緯確認を行い、記事を再検討した結果、この記事が被害者の方を傷つけるだけでなく差別を助長する不適切なものであることは間違いないと判断しました。この検討は出版後26年を経てのものであり、この間、2012年にはいくつかの号が復刊される機会があり、この第3号も100部の復刊を行っています。最初の出版段階での判断のみならず、その後再検討のないまま時が過ぎたことも、出版社としてその姿勢が問われるものであると考えます。

今回の反省は、継続的に今後の出版活動を顧みる機会とするべきと考えます。『Quick Japan』のみならず、弊社の出版活動全体を改めて再検討し、その都度振り返ることにより同じことを繰り返すことがないように努力してまいります。

https://news.goo.ne.jp/article/oricon/
entertainment/oricon-2200811.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

運転免許の美女「日本花子」さん本人を直撃! 明かされた苦悩「事故しちゃいけないって言われた」

AbemaTIMES
866232.jpg
自動車の運転免許を持っている方なら、目にしたことがあるであろう一人の美女。その名も「日本花子」さん。運転免許の申請や更新手続きの際に目にする免許見本に登場する噂の美女だ。そんな日本花子さんを直撃すると、意外な事実が判明した。

13日にABMEAで放送された『ABEMA的ニュースショー』では、日本花子さんを直撃。日本花子さんとして抜擢された経緯、さらには車好きな彼女ならではの苦しい胸の内に迫った。

取材に応じてくれたのは“日本花子”こと平井佳織さん(35)。彼女の実際の職業はトークショーのMCなどでも活躍するフリーアナウンサー。テレビの出演については「東京フレンドパーク2」のアシスタントをしていたのが最後だと語った。

気になるのは、日本花子さんに抜擢される経緯だが、そのことについて平井さんは「もともと『花子さんやりませんか?』とお仕事をいただいたわけではないんです。警察庁の免許証の証明写真の撮り方っていう警察庁の資料。『動画ではなくスチールだけど、どうですか?』って言われて」など、2年前の5月1日、令和元年になるときに日本花子に抜擢された経緯について説明する。

ただ、日本花子になったことで制約も。

「事故しちゃいけないって言われたから、乗らなきゃ事故しないなと思ってゴールドになっています」

本来は車好きだという平井さん。実家にはプジョーがあり、その前はフェアレディZ。「Zは運転していました」と意外な素顔を笑顔で明かした。

https://news.goo.ne.jp/article/abema
times/trend/abematimes-8662326.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

繰り返される「若者のテレビ離れ」議論に若者たちから「うっせえわ」

s_moneypost-793510.jpg
「若者のテレビ離れ」に“当事者”の若者たちの本音は?

(マネーポストWEB)

「若者のテレビ離れ」と言われて久しいが、最近また話題になっている。NHK放送文化研究所が5月21日に発表した調査結果によると、国民全体で1日にテレビを視聴する人は、2015年の85%から、2020年の79%へと減少。特に下げ幅が大きかったのが10代で、10〜15歳は78%から56%、16〜19歳では71%から47%へと大幅に減少している。今や「10代の若者の2人に1人がテレビを見ていない」という結果が明らかになった。この結果を受けてまたしても「若者のテレビ離れ」への議論が蒸し返されているわけだが、当の若者からは呆れる声が聞こえてくる。

「テレビが若者から離れているのでは?」
「なんでもかんでも『若者の○○離れ』といいますが、なぜ、そこまで若者をターゲットにしたがるんでしょうか。繰り返し、繰り返し、何かの風物詩のように『若者が……』と名指しされる。知らんがなって感じです。いい加減『うっせえわ』と言いたい」

 そう憤りを隠さないのは、IT企業に勤める20代の男性会社員・Aさん。「若者のテレビ離れ」については、逆に「テレビが若者から離れているのでは?」と指摘する。

「久しぶりに見たら、クイズや健康系の番組ばかり。情報番組やニュース番組も東京五輪やコロナの話題で、すでにネットにあがっている話が多い。それ以外にも、TwitterやYouTubeなど、こちらが数日前に見たようなネタが地上波でわざわざ紹介されている。情報鮮度として遅いから、若者向けではないですよね。50代の親も『見るものがない』と言うくらいなので、若者どころか中高年にも見向きされなくなる日が来るのでは」(Aさん)

情報取得元は「テレビである必然性がない」
 建設会社に勤める20代の男性会社員・Bさんは、「若者のテレビ離れ」について、「テレビの役割が変わったこと」に注目する。

「テレビは、昔は流行を生み出すものだったらしいですが、それは他に情報源がなかったからでしょ? 今は、流行を生み出すのはSNS やYouTube。素人から流行が生まれることが多いわけです。そして、テレビはそれを追いかける側。情報源としての価値はもうあまりない気がします」(Bさん)

 Bさんは、情報を得るスタイルの変化にも注目する。特に若者は、情報の取得元として「テレビである必然性がない」と指摘する。

「みんながみんな、テレビで情報を均一に得るという時代は終わったと思うんです。コンテンツもプラットフォームも様々なものがあふれる今、各人が自分の好きなものを深堀りできる。『若者のテレビ離れ』というか、もともと若者はテレビにくっついてない。昔の若者のイメージと、今の若者のイメージを同じにしないでもらいたい」(Bさん)

「局によってアプリが違うのも面倒」
 人材紹介会社に勤める20代の女性会社員・Cさんは、1人暮らしの部屋に「一応、テレビ機器はある」としながらも、「時々YouTubeとNetflixを見るための大型モニター」でしかないという。Cさんも、なぜ、テレビがそんなに「若者」にこだわるのか疑問に感じている。

「そもそも今の若者は数が少ないし、昔の若者より断然忙しい。圧倒的に人口が多く時間も余っている『シニア向け』の需要に振り切ればいいのに、なぜ『若者のテレビ離れ』が何か『問題』であるかのように論じられるのでしょうか。

 クイズやバラエティ番組では、いわゆる若者世代のタレントやYouTuberが出ていて、『若者世代を取り込みたい』という意図は感じられますが、いかんせん企画が魅力的に思えない。

 漫画やアニメ原作で若手俳優を起用したドラマなんかは、見ている若者も一定数いると思いますが、個人的にはそろそろお腹いっぱい。確かに業界の将来を支えてくれる、ということを考えたら若者を取り込みたいのはわかりますけど、そういう『若者はこういうものが好きだろ?』感を出されるとシラケます」(Cさん)

 デバイスの問題もある。動画コンテンツの視聴デバイスは、パソコン、スマホ、タブレットと多様化している。Cさんも普段はスマホとタブレットで動画を見るというが、だからといって、スマホでテレビ番組を見ようという気にはならないという。

「テレビ局のアプリなどで、ネットで話題になっていた番組を、たまに後から見る程度。ただし無料配信期間中に限ります。いちいち局によってアプリが違うのも面倒だし……。なんだったら、最初からYouTubeのような開かれたプラットフォームに、すべてネットコンテンツとして配信してくれたら見るかもしれません。テレビ同様、無料で」(Cさん)

 少子化で若者人口が減少の一途をたどる中、いつまで「若者のテレビ離れ」といわれるのか……。

https://news.goo.ne.jp/article/money
post/life/moneypost-793510.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

福原愛 続く不倫騒動ドミノ…新会社のオフィスが2カ月で閉鎖

1975180.jpg

(女性自身)

東京都心の大通り沿いに立つオフィスビル。その1室に、福原愛(32)が代表取締役を務める「株式会社omusubi」があった。

“卓球界やスポーツ界に社会貢献活動を通じて恩返しをするための会社”だったが、1月中旬の会社設立から、わずか2カ月でオフィスは閉鎖されていた。

登記簿によればomusubiの所在地は3月下旬の時点で、福原の所有する一軒家に変更されている。

しかしその直後、彼女は自宅からも転居しているのだ。本誌は3月下旬、不倫騒動の現場となったこの自宅から荷物が運び出される様子も目撃していた。

福原は4月23日に所属事務所を通じて離婚に関するコメントを発表した。

「江氏が協議の場についてくれたことに感謝しています。子どもたちのためによい方法を選択したいと思いますので、温かく見守ってくださると幸いです」

スポーツ紙記者はこう語る。

「3月上旬の不倫報道から1カ月半、ついに夫の江宏傑氏(32)が台湾の裁判所に離婚を請求したそうです。1月に帰国した時点で福原さんは離婚を決意していたと思われます。

東京五輪関係の仕事をしながら、夫のモラハラなどを理由にして、離婚協議を進めていくつもりだったのでしょう。しかし総合商社に勤める男性との2泊3日デートが発覚したことで、彼女のもくろみは崩壊してしまいました」

広告代理店関係者によれば、

「台湾での福原愛夫妻のCM出演料は1本2,500万円でした。台湾ではスキャンダルでCMを流せなくなるというケースはほとんどないこともあり、違約金は契約金の2〜3倍と高額です。

現地のパナソニックやトヨタなど複数のCMに出演していましたから、違約金の総額が1億円を超えるのは間違いありません」

■養育費が1億円近くになる可能性も

日本でもCM契約を結んでいる会社はあるが、幸いなことに違約金請求の動きはないという。だが彼女にのしかかってくる金銭的負担はそればかりではない。

現地事情に詳しい、台湾ガイド・通訳手配センター社長の山崎肇さんは次のように語った。

「親権を争ったとしても、台湾では男性が有利です。親権を失った愛さんが今後、2人の子供たちの養育費を払う立場になると思われます。

台湾の富裕層や有名人家庭は子供の教育に糸目をつけません。たとえば幼稚園ですが“いい私立”ですと1人月20万円ほど。夫の江が教育費を理由に、かなり高額の養育費を愛さんに求める可能性も高いです」

3歳の長女と2歳の長男が成人するまであと18年。養育費が1億円近くになる可能性もあるのだ。今後、違約金や養育費で2億円も必要になるという福原だが、今後の支払いは厳しいと言わざるをえない。

「福原さんは、スポーツ教育を盛り込んだ保育所を作るために動き始めていたそうです。その“夢”も実現は難しくなりました」(前出・スポーツ紙記者)

不倫報道のダメージが甚大なものになると判断し、オフィス閉鎖と自宅転居を矢継ぎ早に手配したのだろう。

卓球で培った反射神経は健在のようだが、はたして逆転のきっかけをつかむことはできるか。

「女性自身」2021年5月11日・18日合併号 掲載

https://news.goo.ne.jp/article/jisin/
sports/jisin-https_jisin.jp_p_1975180.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

劇場版『鬼滅の刃』全米で公開 観客熱狂「全てが最高」「もう1回観る」

69c3a_1585_fdde50c03bbc9d2e78179219d1e70c42.jpg
 日本国内で興行収入の記録を更新し、社会現象にもなったアニメ映画「劇場版 鬼滅の刃無限列車編」が、アメリカ全土で公開された。同作は「デーモン・スレイヤー」のタイトルで、23日から上映が開始。全米およそ1500カ所の映画館で上映される。

【現地で観た人の声】
「最高だった。全てが最高の作品だった」
「音楽も映像も一瞬で映画の世界観に引き込まれた」
「もう1回観ると思う」

 アメリカでも原作のコミックやテレビアニメの人気は高く、先行上映されたロサンゼルスの映画館では、今週末はほぼ完売の状態だ。アメリカの映画館は新型コロナウイルスの影響で長期間閉鎖され、先月、ようやく全域で再開が許可された。しかし、集客は伸びず、一部の映画館チェーンが閉館や経営破たんに追い込まれている。今後、同作が集客の目玉になるのかどうか、注目されている。

(ANNニュース)
ABEMA TIMES

https://news.livedoor.com/article/detail/20084123/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★投資競馬プロフェッショナル式~これであなたも、プロと同じ馬券で勝てる!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ