大盛りあがりGO 事件ファイル
FC2ブログ

無職男、“来店ポイント”を不正に取得し逮捕 呆れる声集まるも被害金額に驚愕

54689943.jpg
画像はイメージです

 12日、イオン九州のアプリを悪用し「来店ポイント」を不正に得たとして、北海道石狩市に住む無職の男(29)が詐欺などの容疑で逮捕されたことが判明。その汚すぎる手口に怒りの声が上がっている。

 悪用されたのはイオン九州が提供するGPSを利用したポイントアプリ。来店時にアプリを起動し、その場所でチェックインすると1回毎に2円相当のWAONポイントが翌月還元されるというもの。

 逮捕容疑は3月14日、GPS情報を偽造のうえ70店舗にチェックインし、140円分のWAONポイントを不正取得していた疑い。なお、男はその後3月から4月にかけ71店約269万回不正チェックインし、約538万円相当のポイントを得ようとした疑いも持たれている。

 この男は無職ながら45台のパソコンを所持しており、1000以上のIDを作成。イオン九州のアプリを次々と起動させ、偽のGPS情報を送信し不正にポイントを得ていた模様だ。

 イオン九州側は事態に気がついていなかったが、4月上旬に保守担当者があまりにも多くポイントが付与されていることに気が付き、調査を開始。その結果、北海道石狩市に住む男の犯行が発覚し逮捕されることになった。

 この奇妙な事件に、ネットユーザーからは「こんな事ができるのか」「不謹慎だがよく考えたと思う」など驚きの声が。また、「その熱意と知識を仕事に使えよ」「そこまでしてポイントを得たかったのか?」などの声もあった。

 昨今はポイントを現金代わりに使用できるケースが増加しており、イオン九州のようにGPSを利用したチェックインによるポイントシステムを導入する企業もあると聞く。

 消費者にとっては来店すればポイントが貯まり得をするシステムは魅力的で、集客ツールになるものだが、一方で今回のように犯罪に悪用されるケースが少なくない。

 今回の事件を教訓に、不正利用されないようなシステムを構築するよう望みたい。

https://npn.co.jp/article/detail/54689943/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

姫路駅前の路上で小便して逮捕された男、JR神戸線電車内では大便も? 異常行動にドン引き

108-poster-free.jpg

 10日、JRの姫路駅前の歩道で57歳の男が逮捕されたことが判明。その「余罪」について注目が集まっている。

 逮捕されたのは、相生市に住む無職の男(57)。10日午後5時50分頃、姫路駅の北側の歩道でズボンと下着を下ろし小便をしていたところ、駆けつけた警察官に逮捕された。

 なぜ、用を足したタイミングで警察官が駆けつけたのか。それは「余罪」疑惑にある。JR神戸線では電車内に大便や小便をする迷惑行為が相次いでおり、犯人の目撃情報などから警察がこの男をマーク。犯行現場で小便を始めたため、公然わいせつの疑いで逮捕したのだ。

 ところ構わず小便や大便を公共の場所で撒き散らすのは究極の迷惑行為。余罪もこの男の犯行なら相応の処罰を受けるべきだろう。

 異常な事件にネットユーザーはドン引き。「電車内で大便なんて頭がおかしい」「めちゃくちゃな行動」「世も末としか言いようがない」と呆れる声が。一方で「痴呆症だったのかもしれない」などの声も。また、JR神戸線ユーザーと思われる人物からは「犯人であってほしい」「安心して電車に乗れそう」と、安心する人もいた。

 今後、電車内での大便・小便についても捜査する予定。現段階では電車内の犯行については立証されていないが、状況を見るとこの男が関与している可能性はかなり高い様子。警察には早急に真相を明らかにしてもらいたい。

https://npn.co.jp/article/detail/72386414/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

駄菓子屋店長、小6女児の胸を触り逮捕 “店内にコスプレ” の事情を母親が明かす

33ea7_1462_f733a19f_821371ba.jpg
駄菓子屋店内の様子(容疑者のツイッターより)

 茨城県警日立署で容疑者になった息子と面会したという母親は、つらい胸の内を、こう吐露した。

「洋服には触れたらしいんですけど、胸の中に手を入れたりとかそういうことはしていないと言ってました。私たちは親子2人ですし、私のたったひとりの身寄りなので頼りにしています。だからこそ、今回のことは悲しいし、つらいといえばつらいですね」

 強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、同県日立市の自称・情報通信業、北浦亮容疑者(44)。副業の駄菓子屋を営む自宅兼店舗に警察がやって来たのは、10月18日午前11時過ぎだった。

「被害者のA子さんは県内居住の小学6年生、11歳の女子児童。容疑者は2018年8月下旬、容疑者が営む駄菓子屋店舗内において、A子さんが13歳未満であることを知りながら、わいせつ行為をしたものです」

 と捜査関係者。

店内ではコスプレができる
 逮捕のきっかけは、A子さんの訴えだった。

「担任の先生がA子さんの親に、“警察に届けたほうがいいんじゃないですか”と助言をして、A子さんの親御さんが9月26日に警察に被害届を出したということです。

 被害者は11歳ですけれど、しっかりしているし、克明ではないにしても被害の状況を話してくれます。供述があっちこっちにいくようなブレはなく一貫した内容でした。

 一緒に駄菓子屋に行った友達の証言も、A子さん本人の話と合致しています。保護者の話も聞くなど捜査を進め、逮捕に至りました」(前出・捜査関係者)

 北浦容疑者は4年前、埼玉県春日部市から引っ越してきた際、副業として駄菓子屋を始めた。開店のいきさつは、

「知り合いが誰もいないので、駄菓子屋をやることによって地域の人に知ってもらいたいなと思って始めたんですよ。小学校の目の前だから、子どもさんも集まってくれるかなって」(母親)

 幼稚園児の孫と一緒に駄菓子屋に行ったことがあるという年配の女性は、

「息子さんは、小学校高学年の子どもさんたちと楽しそうにお話ししていて、面倒見がいいような印象でしたね。ニコニコと笑っていましたよ」

 と好印象だ。さらに、

「保護者から聞いた話では、高学年の女の子がレジをやっていたり、駄菓子の袋詰めをしていたっていう話を聞いたことがあります。息子さんについては特に変なウワサはないですけど、コスプレができる店だって話は聞いたことがあります」

 と、店内でコスプレができることが近所に知られていたことを明かす。

 店の前をよく散歩で通るという女性は、

「このあたりで駄菓子屋は珍しいので、みんなワイワイ楽しそうでしたよ。駄菓子を買って近くの公園で食べる子もいましたね。店長! 店長! って子どもたちから慕われているような印象でしたけどねぇ」

 と、逮捕の報に驚くばかり。

「自分が中学生のとき、店に行った際の印象はないんですけど、母親と妹は、何か怪しかったみたいなことは言ってました」という男子高校生の声もあった。

息子は生き生きとしていた
 確かに駄菓子屋にコスプレ衣装があれば、それだけで怪しいには怪しい。

 ピンク色を基調にした駄菓子屋の店内の一角にはメイド服などのコスプレ衣装が用意されていて、駄菓子を買いに来た子が希望すれば自由に着用することができる仕組みになっていた。

「コスプレの衣装はもともと息子が持っていました。男の子のコスプレはないですね。3着くらいかなと思っていたんですが、警察が押収していくときに、なんか増えているなっていう印象を持ちました。ウイッグとかもありましたね」(母親)

 A子さんがコスプレ衣装に着替えた際のことを、北浦容疑者は次のように供述しているという。

「衣装を着たときに衣装をとめたり、引っかけたりする部分などがあると思いますが、それに関して服には触ったけれど、胸には触ってないと言っています。要するに衣装には触れたけれど身体には触れていないと否認しているんです」(前出・捜査関係者)

 母親は息子のアニメ、コスプレ好きの趣味について、

「確かにアニメとか好きでしたけど、今まで何か問題を起こしたことはないですし、趣味のことまで親がとやかくは言わないです。本人はかわいいキャラクターが好きみたいでしたけどね」

 と明かし、

「ただ、わいせつ目的で子どもたちを集めていたわけじゃないし、事件当日も子どもひとりじゃない。お子さんとはお友達みたいな感覚でいたみたいですね。

 だからなんですかね、子どもとしゃべっているときはうれしそうでしたよ。生き生きとしていました。男の子女の子の関係なくね」

 北浦容疑者がほぼ毎日、昼食を食べに行っていたという飲食店の店主は、

「顔つきもやさしいし、子ども好き。面倒見がよくて、東大出身で頭もキレる人です。事件を起こすような人じゃないと思いますよ」

 と北浦容疑者の普段の様子を伝える。

 この店主の妻は、容疑者が駄菓子屋を1度、閉店して再び開けた理由を聞いていた。

「本業のパソコン関係の仕事が忙しくて“やめるんだ”っていう話でした。でも、子どもたちが“おじちゃん、お店いつ開けてくれるの?”とか“いつ駄菓子屋やるの?”とか言われてまた始めたらしいです。

 もともと“子どもが好きだから駄菓子屋やってるんだ”って私たちに言ってましたからね」

 取り調べに対し、北浦容疑者は否認を続けているという。

「今後、勾留が長引きそうなら、また面会に行きます」

 という母親は、最初の面会の際、こう伝えたという。

「私は息子には、やっていないことは、どんなに言われてもやったなんて言っちゃいけないと言いました。逆に、やったのならばやったと正直に言えばいい」

 捜査の進展が待たれる。

週刊女性PRIME

http://news.livedoor.com/article/detail/15532419/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

【衝撃事件の核心】はき違えた正義感、優先席巡り凶行

40dc4_368_36e01d47b49c0a71cca2436beb2f9f5b.jpg
男性が刺されたJR大正駅の階段付近を調べる大阪府警の捜査員

 電車の乗車マナーをめぐるトラブルは後を絶たないが、今回は度を超していた。

 大阪市大正区のJR大阪環状線大正駅構内で今年2月、電車から降りた男性(34)をナイフで刺して負傷させたとして、殺人未遂罪に問われた無職の男(62)に対する裁判員裁判が10月、大阪地裁で開かれた。男は事件当日、優先座席に座っていた男性とトラブルを起こし、ナイフで刺した。男は、以前からこの男性に不満を抱いていたというが、被害男性も男を他の乗客と度々もめるトラブルメーカーと思っていた。「自分勝手な正義感」が危険な攻撃性となって現れることも少なくないという。

「何座ってんねん」

 公判資料によると、事件の始まりは2月7日午前6時40分ごろ、JR大阪駅発の環状線内回り電車。6両目の優先座席に座った男性は男から言いがかりをつけられた。

 「なに座ってんねん。足悪いんか?」

 男性は無視したが、両ひざを小突かれた。同50分ごろ、電車が大正駅に近づいたため席を立とうとすると、男が立ちふさがり、その脇をすり抜けてドア前に並んだところ、後から髪を引っ張られた。

 ここで男性は男の頬を殴った。対する男は男性のコートの襟元をつかみ、右手で折りたたみナイフ(刃渡り約9・2センチ)を出した。男性はホームに降りながら、男の手を振りほどこうとした瞬間、「『ドン』という強い衝撃」(男性)を感じた。男は体当たりするかのように、男性の左腹部をめがけてナイフを突き出した。

 男性は階段の方へと押し出されながら、腹部に何度か衝撃を感じた。「いい加減にしとけよ」。そう言い残して男は去った。

 当日夜、男性が2週間のけがをしたとのニュースを見た男は翌日、「自分がやった」と大阪府警大正署へ通報した。


http://news.livedoor.com/article/detail/15514389/

【衝撃事件の核心】はき違えた正義感、優先席巡り凶行の続きを読む

続きを読む

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

リアル『中学生聖日記』? 43歳女、男子中学生を誘拐か コインランドリーで声をかける

65215877.jpg
画像はイメージです

 有村架純主演、男子中学生と女教師の禁断の愛を描いたドラマ『中学聖日記』(TBS系)が話題だが、まるでドラマのような事件が起きた。家出中の男子中学生を誘拐したとして、未成年者誘拐容疑で、東京都品川区在住の43歳の女を20日に警視庁大崎署が逮捕。一部のネットユーザーからは「まさに中学聖日記」「うらやましい」といった声が上がっている。

 事件の概要は、15日朝、品川区内のコインランドリーにいた家出中の男子中学生に女が声をかけて自宅に連れ込み、約5日間にわたって誘拐した疑い。調べに対し、女は「誘拐するつもりはなかった」と容疑を否認しているとのこと。

 この事件に対し、ネットユーザーからは「男女逆だったらもっと問題になっていたのでは」という意見や、反対に「女性が男子中学生を誘拐したからこそ、話題になっているのでは」という声も上がっていた。また、多くみられたのが「家出中の少年を心配したからこその、善意での行動の可能性があるのでは?」といった意見だ。「その中学生の家庭に問題があったら、同じことの繰り返しになるのではないか」「中学生自身の教育を早急にすべき」といった、鋭い指摘がなされている。

 2014年3月、埼玉県朝霞市に住む、当時13歳で中学一年生の少女を、車で大学生の男が拉致、そこから二年間もの監禁生活が続いたという事件があった。2018年3月、さいたま地裁で被告人には懲役9年(求刑懲役15年)が言い渡されている。検察側は量刑不当として東京高裁に控訴した。少女は重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負ったと診断されており、被告人に対しては、無期懲役を望んでいるとのことだ。『幸色のワンルーム』という漫画がドラマ化された際に、この事件をモチーフにしているという可能性が指摘されたなどの理由から、テレビ朝日が放送を取りやめたことは記憶に新しい。

 今回の事件では、女がどのような目的があって中学生の少年を自宅に連れ込んだのかは不明だが、漫画やドラマのように、現実は純愛という認識にはならないことは確かなようだ。

文/大久保 舞

https://npn.co.jp/article/detail/65215877/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

5WAYS TO PROFIT WITH ARBITAO

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ