大盛りあがりGO 事件ファイル

バス運賃を約5400万円着服 バス営業所副所長の原始的な手口に驚きと怒りの声

40424336.jpg
画像はイメージです。

 神奈川県の川崎鶴見臨港バス鶴見営業所の副所長(59)が、8年間に亘り約5400万円を着服していたことが判明。ずさんな管理体制とその手口に怒りの声があがっている。

 この副所長は2010年から今年6月にかけて、網のようなものを一日の売上が入った精算機の点検口に入れ硬貨を掬ったうえ取り出し、着服していた。副所長はバス運転手が金銭を精算機の中に入れる運用を熟知しており、当直勤務時に忍び込み、犯行に及んでいた。

 通常、売上と精算機内の金額が相違している場合、原因調査などが行われるものと思われるが、当直時のみということもあり、放置されていた様子。今年に入り、相違するケースが増加したため、会社側が防犯カメラを設置。すると、副所長が網のようなものを精算機に入れ、硬貨を盗む姿がはっきりと映し出されており、あえなく御用となった。

 副所長は事情聴取に対し、「2010年2月からやっていた」と供述。使い道については、「貴金属の購入や旅行代金に使っていた」と話しており、専用の銀行口座も開設していた。入金金額が被害金額と合致していたようで、犯行が裏付けられた様子。なお1回の着服金額は平均6万円前後だったという。

 川崎鶴見臨港バスの運転手としては、副所長が「ネコババ」していた事実は許しがたいものがあるだろう。長年勤務してきたと思われる副所長は事件発覚後、懲戒解雇処分に。同社は鶴見署に被害届を提出しており、今後窃盗の疑いで逮捕される見通しだ。

 なんとも姑息な犯行については、批判の声が多数上がっているが、それ以上にそれを8年間も放置していた川崎鶴見臨港バスにも怒りの声が。「ありえない」「なぜ気が付かなかったのか」「男もおかしいが会社もおかしい」と、管理体制に批判が集まった。

 副所長の行動は言語道断だが、川崎鶴見臨港バスの管理体制も、やはり杜撰と言わざるを得ない。今後、厳重な管理を行う必要があるだろう。

https://npn.co.jp/article/detail/40424336/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

すべては闇の中…オウム真理教の2大『未解決事件』

mig_2018070919532928e.jpg

 世界を震撼させた1995年3月の地下鉄サリン事件から23年が経った7月6日、麻原彰晃(本名・松本智津夫)ら、オウム死刑囚7人の死刑が執行された。しかし、オウムの関与が疑われている未解決の重大事件がまだ2つある。『国松孝次警察庁長官狙撃事件』と『村井秀夫刺殺事件』だ。すべてを知っていたのが麻原彰晃だったが、もはや“死人に口なし”である。

 当時、オウムが直接、あるいは間接の疑いがあった事件には、広域暴力団や大物政治家、北朝鮮および朝鮮総連、ロシアマフィア、新興宗教団体が関わっているとウワサされたが、結局真相は解明されなかった。

 『国松孝次警察庁長官狙撃事件』は実行犯が逮捕されておらず、背後関係も分かっていない。一方『村井秀夫刺殺事件』は実行犯は逮捕されたが、背後関係は解明されていない。「狙撃事件」が起きる10日前の3月20日に地下鉄サリン事件が発生し、オウム真理教に嫌疑が向けられ、8日前の3月22日に、オウム真理教関連施設への一斉強制捜査が行われていた。
「狙撃事件」は95年3月30日に起きている。全国22万人の警察庁のトップだった国松孝次長官が、自宅マンションを出たところで何者かに狙撃されるという前代未聞の事件だ。公安部はオウム信者の杉山敏行元巡査長の自供を元に逮捕に踏み切ったが、決定的な証拠が見つからず不起訴となった。

 公安部の捜査が頓挫する中、刑事部は中村泰受刑者に目を付けた。中村は、当時拳銃を使った現金輸送車襲撃事件で岐阜刑務所に服役中であり、過去にも警察官を殺害した事件を起こしたこともある。東大出のスナイパーで、自供を引き出したが逮捕には至らず、13年に時効を迎えている。

 「狙撃事件」から1カ月後の95年4月23日夜、東京・港区南青山のオウム真理教東京総本部前に集まる多数の報道陣の目の前で、教団のナンバー2、村井秀夫幹部が包丁で脇腹を刺され、翌日未明に死亡した。右翼団体構成員を名乗る当時29歳の徐裕行容疑者が現行犯逮捕された。

 徐は「山口組系暴力団幹部・Kの指示でやった」と供述、捜査当局はKに依頼した人物へと指揮系統をたぐっていくという構図を描いたが、2人の主張は食い違い捜査は難航した。

 結局95年に徐被告は懲役12年の実刑が確定。一方、Kには97年に無罪判決が下った。裁判長は「事件は単独犯行ではなく、何らかの背後関係があると強く疑われる」と指摘したが、「Kが犯行を命じた」という徐の供述の信用性は否定された。

 村井は病院に搬送される際、「誰にやられたんだ」という救急隊員の質問に対し、「ユダ、ユダ」と繰り返したという。ユダはイエス・キリストを裏切った人物だ。

 果たして教団内にユダはいたのだろうか。

https://npn.co.jp/article/detail/89003030/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「紀州のドン・ファン」事件で新展開 金庫から消えていた3億円の“隠し金”

 迷宮に入り込んだ「紀州のドン・ファン」怪死事件に、新たな展開である。殺人の動機は、金庫から消えた3億円か――。そして浮かび上がった新たな犯人像とは。

 ***

 野崎幸助氏(享年77)の遺骨の埋葬場所は、今も宙ぶらりんのまま。22歳の幼妻は「夫の墓なんて守らないもん」と言い放ち、生活の拠点は自宅のある和歌山ではなく、東京で生活を続けているという。

 野崎氏の死からおよそ1カ月が経った6月20日、和歌山県警は野崎氏の会社に2回目の家宅捜索を行った。最初の捜索では開けられなかった金庫室の金庫を、今回は業者を呼び開けたという。

「大小2つの金庫を開けてみると、大きい方にスーツやネクタイが入っていただけで、覚醒剤はおろか現金もなく、ほぼ空っぽだったのです」(県警詰めの記者)

 現金を手元に置いておくタイプだったという野崎氏は、“隠し金”を自身で管理しており、その一時的な置き場所がこの金庫だった。過去に脱税に問われた経験から、国税局に突き止められないよう、隠し金を金庫から信頼できる知人宅などへ移動させていたという。

dc7c3_1523_d978c26a_d57da9d7.jpg
野崎幸助氏
 移動の際には3億円と目される現金を一度にスーツケースに入れていたというが、その運び役を主に担ったのが、同社の従業員だった。今回の捜索の結果に、彼らは“金庫にあったはずの隠し金がない”と首を傾げている。

「社長に命じられてスーツケースをどこかに運んだにもかかわらず、それを黙っている者がいるのではないかと、従業員同士で疑心暗鬼になっています」(会社関係者)

 この隠し金が、事件の謎を解き明かすカギになるのだろうか……。7月5日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

「週刊新潮」2018年7月12日号 掲載


デイリー新潮
http://news.livedoor.com/article/detail/14962249/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

新幹線殺傷事件 「温度差」感じさせる容疑者親族の発言

272ac_759_c0587592_0a8087a8.jpg
日本中を戦慄させた新幹線殺傷事件の容疑者、小島一朗(写真/共同通信社)

「あなたに話しても、あの子の刑が軽くなるわけじゃないでしょ。警察の方でも『おばあちゃんはしゃべりすぎるからいかん』って言われてるのよ。私が怒られちゃうのよね」

 名鉄名古屋本線の美合駅から車で5分ほど。愛知県岡崎市のはずれにある一戸建てで、初老の女性がまるで世間話でもするかのように答える。日本中を戦慄させた新幹線殺傷事件の容疑者、小島一朗(22才)の祖母にして、彼と養子縁組を交わし、事件直前まで同居していた女性(81才)である。

「昨日、一昨日と2日間警察に行ってね。忙しいんですよ。ごめんねー」

 そう言いながら、玄関に戻っていく祖母の姿に、悲壮感は感じられない。

 殺人容疑で小島容疑者が逮捕されて3週間近く。この間、鉈と果物ナイフで小島容疑者が無差別に人を襲った様子や、血まみれの車中が克明に報じられてきた。

 車内で女性を守ろうとして殺害された会社員男性、梅田耕太郎さん(享年38)の葬儀も終わり、6月18日には妻がコメントを発表。

《夫は、私にとって、世界一優しい夫でした。二人とも旅行が好きでしたので、私が行きたいところを考えて、夫が旅行プランを作って、色々なところに出かけました。いつも家事を積極的に手伝ってくれ、私の仕事が忙しい時には、自分の仕事が忙しくても、ご飯を作って応援してくれました。たくさんの優しさと愛をありがとう、安らかに眠ってくださいと伝えたいです。夫を突然失った悲しみが癒えることはありません。このような悲しい事件が二度と起こらない社会になることを強く願います》

 絶望の底で苦しみながら、気丈にも事件をきっかけに社会が変わることを祈る妻のこの言葉は、多くの人々の胸を打った。

 一方、小島容疑者の親族は、冒頭の祖母の応対に代表されるように、事件の深刻さや被害者の悲しみとは“温度差”を感じさせる発言に終始している。小島容疑者とは15才から関係が途絶しているという父親はその傾向が顕著で、

「15才で家を出て、それ以来私は彼と会っていませんので記憶がちょっと曖昧なところがあります」
「幼い頃から、人の言うことを言葉通りにしか理解できなかった。変わった子だった」
「一朗くんとは今は家族ではない。中学生の頃からほとんど会話はなく、関係は断絶していた」
「本人に聞いてください」

 と、報道陣に対して他人事のような発言を連発していた。

 こうした家族の言葉に対し、ネット上では怒りの声が噴出。

《これが親と言えるのか》
《よくここまで無関心でいられるな》
《ある種の育児放棄だ》

 といった苛烈なバッシングが溢れた。

※女性セブン2018年7月12日号


NEWSポストセブン
http://news.livedoor.com/article/detail/14930085/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

紀州のドン・ファン怪死 捜査線上にさらに「3人の女」

e65aa_1581_09e3424f49d8ee25a11c510cc071b7ff.jpg
野崎さんとB子さん

「6月中旬、和歌山県警から2回めの事情聴取を受けました。社長と交際関係にあった3人の女性について県警から細かく尋ねられたんです」

 5月24日に急性覚醒剤中毒で変死した「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助さん(享年77)が社長を務めていた会社の従業員の一人はそう語る。

 野崎さんの死亡に関しては、妻のSさん(22)と家政婦が死亡時に自宅にいたことから、2人の周辺を中心に捜査が続けられている。だが、新たに3人の女性が捜査線上に浮上しているというのだ。前出の従業員が続ける。

「『結婚する』と言って大量の荷物を送ってきたのはA子さんでした。年齢は不明でしたが、雰囲気はSさんに似ていた。ところが社長から4000万円の振り込みを受けた途端、荷物をそのままにしてトンズラしてしまった。残された荷物は、ボロボロの洋服や靴などガラクタばかりでした」

 A子さんとは、以来連絡が取れなくなったという。

 かつて関西地域で、きものコンテストのトップに選ばれたB子さん(30代)も、一時期野崎さんと交際していた女性の一人。野崎さんと親交があったデヴィ夫人は、野崎さんから彼女を紹介されたことがあった。

「2015年、私が主催したパーティに野崎さんが連れてこられたのがB子さんでした。素敵な女性を連れていらっしゃったなと思いましたね。野崎さんにお名前を聞くと『野崎さちこにしておいてください』とのこと。これまでに8人ぐらいの女性を紹介されましたが、最もきれいな方でした」

 従業員は、B子さんとSさんの“対立”を覚えていた。

「B子さんとSさんは、交際期間がかぶっている時期があった。B子さんへは一度社長と会うと10万円のお手当でしたが、Sさんは月に100万円だったので、B子さんは不満を訴えていた。怒りのメールが、社長が交際女性用に使っていた『ラブラブフォン』にしょっちゅう届いていました」

 一方、野崎さんが「最後までぞっこんだった女性」(会社関係者)というのがC子さん(20代)だった。C子さんは、ミスコンテストの日本代表ファイナリストに選ばれた美女だ。

「社長と実際につき合っていたかどうかはわからない。ただ、社長は彼女に20万円振り込んだことがあり、なんらかの関係があったようだ」(同前)

 本誌はB子さんとC子さんを訪ねたが2人とも不在。電話などで取材を申し入れたが、締切りまでに返答はなかった。

 一方、妻のSさんは、じっと耐える日々が続いているという。別の従業員がこう話す。

「今は、マスコミに囲まれていますから、外出するわけにはいきません。友達にも会いたいそうです。田辺の自宅で、パンと野菜中心の食事をしながらじっと孤独に耐えています」

(週刊FLASH 2018年7月10日号)

Smart FLASH
http://news.livedoor.com/article/detail/14925513/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

CRYPTOCURRENCY MINING

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ