大盛りあがりGO 事件ファイル
FC2ブログ

34歳無職男、全裸でバスに乗り込み逮捕 2,30人乗客がいる中、無言で席に座る

fb4b1c86e596f2d90ad5ec4cbb946865_photo.jpg
画像はイメージです

 19日、神戸市中央区の路上でバスに全裸で乗り込んだとして、同市灘区の無職男(34)が現行犯逮捕。その犯行理由に呆れ声が広がっている。

 事件が発生したのは19日午前7時過ぎ、JR三ノ宮駅付近に停車していたバス。灘区に住む無職の男(34)が全裸で現れると、そのままバスに乗り込み、無言で席に座った。服や所持品などは一切持っておらず、何を考えていたのかは全く不明である。

 この様子を見たバスの運転手が「全裸の男がバスに乗り込んできた」と通報。駆けつけた警察官に公然わいせつの疑いで現行犯逮捕された。取り調べに対し、男は「酔っぱらっていて覚えていない」と話しているという。当時、バスには20~30人の乗客がおり、その様子は異様だったと思われる。現在、警察が詳しい動機や乗車に至るまでの過程を追及している。

 この犯罪に、「寒くなかったのか」「何を考えているのかさっぱりわからない」「単なる露出狂だったのでは」「乗客が怖かったと思う」などの声が上がる。また、「好きで全裸になったわけではないのでは」「何か特別な事情があったのかもしれない」など、裏を読むようなコメントもあった。現在のところ、「何があったのか」についてはわかっていない。

 当然ながら、全裸で外を歩くなどした場合は公然わいせつ罪となる。2018年7月には同じ神戸市で、自宅の庭先で全裸になっていた男性が公然わいせつ罪で現行犯逮捕されたことがある。外出時に服を着ることは、現代日本社会では、当たり前の話なのだ。

 容疑者は酒に酔っており、事件に巻き込まれたのではなく、理性を失っていたものと思われるが、「酒に酔っていて覚えていない」という言い訳は、犯罪において通用しない。罪はしっかりと償うべきだ。

http://npn.co.jp/article/detail/200000348

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

原因は「水を飲んでいる」とのクレームを避けるため JR運転士が熱中症に【モンスタークレーマーの非常識事件】

10e9705c4c5893881c0e59663343607c_photo.jpg

画像はイメージです

 昨今、公共交通機関の運転手や救急隊員、消防士、警察官などに対し、「勤務中にコンビニで買い物していた」「喋っていた」「制服のまま飲食していた」などと、一般市民からクレームが入るケースが相次いでいる。

 公共交通機関や公務員を管理する地方自治体や運営会社などが「コンビニに寄ることもある」「飲食することもある」と説明し、理解を求めているが、不寛容な人物から筋違いのクレームが入ることは多い。「不寛容社会」が、社員や職員を苦しめている。

 そんなクレーム社会の「生きにくさ」を象徴する出来事が、2019年7月に発生している。舞台となったのは山形県のJR羽越線遊佐駅。列車を運転していた男性運転士(37)が、体調不良を訴え、病院に搬送されたのだ。

 当時、山形県内は猛烈な暑さとなっており、運転士は熱中症になっていた。そして、そこに至ってしまった要因と見られているのが、「モンスタークレーマー」の存在。熱中症を防ぐには、こまめな水分補給や塩分の摂取が必要となるが、運転士は乗客からの「水を飲んでいる」というクレームを恐れ、我慢していた様子。結局、暑さに耐えきることができず、遊佐駅で交代。当然代わりの運転士は遊佐駅にはいないため、列車は50分運転を見合わせることになった。

 このニュースが報じられると、「一部の悪質なクレーマーによって生きづらい世の中になった。運転士がかわいそう」「水を飲むなって言ってる人たちは、公共交通機関に勤務する人間がロボットだと思っているのではないか」「日本全体がおかしい。寛容力がなさすぎる」と運転士への同情やクレーマーへの怒りの声が挙がる。
 また、「気にせず水を飲めばよかった」「クレームを入れられても正しい行動なのだから堂々としているべきだった」「クレームを恐れてはダメ」と、運転士の行動を疑問視する声も出た。
 「水を飲んでいた」とクレームを入れられることを恐れた運転士に批判もあるが、会社が守ってくれるか否か不明な状態であれば、我慢してしまうのも無理はない。責めるのは酷というものだ。

 公共交通機関に勤務する人々や、公務員もれっきとした人間。「食べるな」「飲むな」といったクレームは、明らかな筋違いだ。
文 櫻井哲夫

http://npn.co.jp/article/detail/200000071

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

45歳無職の男、コンビニオーナーに頭突き15回 きっかけはコーヒーをこぼして…【モンスタークレーマー事件簿】

01345196.jpg
画像はイメージです

 昨今、コンビニエンスストアのコーヒーが人気だ。その味は大手コーヒーショップに勝るとも劣らない味と評判で、手軽さやどこでも飲めることから、ショップの売上にも貢献している。

 通常コンビニではカップを購入し、コーヒーが出る機械にセットし自分で入れる形式を取る。ほとんどの顧客はそれを難なくこなしているが、こぼしてしまうこともあるだろう。そんなコーヒーを巡る「モンスタークレーマー」も存在している。

 事件が発生したのは、京都府京都市南区。2017年8月2日、無職の男(45)がコンビニでコーヒーを買ったところ、床に落としてしまった。男が返金を求めたところ、コンビニのオーナーが拒否。これに立腹した男は、オーナーの胸ぐらをつかみ、少なくとも15回の頭突き。駆けつけた警察官の目の前でも同様の行為をしたため、現行犯逮捕された。オーナーは全治1か月の怪我をしたとのこと。男は警察の取り調べに対し、「対応に腹が立ったからやった」などと話した。

 このニュースが報じられると、「コンビニのオーナーは仕事が多い上にこんな男の対応までさせられて大変」「こういう人間ってどういう神経しているのかわからない」「落としたのは自分の責任。それに難癖つけるなんて…」と怒りの声が上がった。

 また、「頭突きという攻撃手段がありえない」「得意技が特殊すぎる」「無職なのにコーヒーを買う金はどこから作ったのか」などと、冷静な指摘も。そして、「こういう事件が多発するとコーヒーを売ることをやめる店舗が出るかも」「誰でも訪れることができるコンビニだからこそ起こり得た。ショップでは起きない」という声もあった。

 昨今、コンビニは飲食物や生活用品の販売だけではなく、チケットの受け取りや荷物の集荷など、その取り扱い範囲がどんどん広くなっている。それに比例して店員への負担も重くなっており、覚えることが多い上、クレーム対応もせねばならないことから、アルバイトが集まらない店舗も多いようだ。

 男の行動は言語道断だが、コンビニが「手広くやりすぎた」弊害でもあるのかもしれない。

https://npn.co.jp/article/detail/01345196/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

空き缶のポイ捨てを子供に注意され滅多打ちにした62歳男【キレる高齢者事件簿】

16303942.jpg
画像はイメージです

 「孤独な高齢者」による犯罪が社会問題化している。昭和の時代、高齢者は心が広くおおらかで、誰からも尊敬される存在で、近所の子供を教育することも多かった。

 しかし、昨今は暴走する者が多く、若者よりキレやすいとの声もあるほど。さらに、子供にマナーを注意される高齢者もいる。その事に激怒し、暴力を振るい逮捕される者も、稀に存在する。

 そんなありえない事件が発生したのは2016年6月。当時62歳の男が、兵庫県西宮市の公園でビールを飲み、空き缶をポイ捨てした。それを見ていたのが、公園で遊んでいた小学校6年生の子供。

 「空き缶のポイ捨てはいけない」と教えられている子供たちは、62歳の男に注意を与える。自分の孫ほど年齢の離れた人に物申された男は逆上し、持っていたビニール傘で11歳と12歳の子供をそれぞれ滅多打ちにし、子供に約1週間の怪我を負わせた。

 現場から立ち去った男だが、その後被害を受けた男児が姿を発見し、110番通報。傷害の疑いで逮捕された。当時男は容疑を「やってない」と否認。誤認逮捕の可能性もあるが、その後の足取りは現在つかめていない。

 男のあまりにも怒りの沸点が低く、かつ自分の非を認めず子供に注意され激ギレする行為に、「自分勝手すぎる行動」「罪のない子供を殴るなんて許せない」など、ネットユーザーから怒りの声が挙がる。また、「そもそも公園で酒飲むな」「男が公園で酒飲んでる世の中が異常すぎる」との声も。いずれにしても、男の行動に理解を示す人は少なかった。

 今回は軽傷で済んだが、場合によっては殺人にも発展する可能性があった。怪我で済んだのは、不幸中の幸いかもしれない。

https://npn.co.jp/article/detail/16303942/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

49歳警視、勤務中に万引きで逮捕 カニ缶に牛タン…高級志向の犯行にも呆れ声

23351067.jpg
画像はイメージです

 9日、山形県警山形署交通官の警視(49)が、勤務中に万引きをした疑いで逮捕されたことが判明。立場のある人間のあり得ない犯行に怒りの声が相次いでいる。

 逮捕された警視は9日午前11時20分頃、山形市の百貨店「大沼山形本店」の食品売り場で、カニや牛タンなどの缶詰を5点盗んだ。その様子を見た警備員が店外に出たところで声をかけると、一目散に逃走したという。

 警備員が警視を追いかけると通行人も協力。皮肉にも一般人を守る仕事をする警察官、しかも警視が一般人に取り押さえられたのだ。そして通報を受け駆け付けた山形署の署員に引き渡され現行犯逮捕された。

 現在警視は取り調べを受けており、容疑を認めている。動機については現在のところ不明だ。警視はこの日勤務中で、交通講話を行った後、スーツでデパートに立ち寄ったのだという。行動を見る限り、「余罪」の可能性もあるが、こちらも分かっていない。

 警視という階級は、警察官では警視正に次ぐ地位で、昇進することは非常に難しいと言われる。逮捕された警視は今年4月に山形署交通第一課長から昇進しており、その働きぶりは一定の評価がされていたと思われる。誰もがうらやむ地位にありながら、万引き行為に手を染めるとは驚きだ。

 この不可解な犯罪にネットユーザーは「許せない。何を考えているのか全くわからない」「警察はどう責任を取るのか。謝罪すればいいという問題ではない」「組織全体で責任を取るべきだ」など、警視や警察組織に怒りの声が上がっている。

 一方で、「お金を浮かせる目的ではなかったんだろう。精神的なストレスがたまっていたのかも」「犯罪である意味楽になったのでは。警察をやめてゆっくり過ごしてみてはどうか」など、警視の精神的な乱れを指摘する声もあった。

 ストレスがたまっていたとしても、デパートでの万引きは許されない。しかも警視という上層部の人間による愚行は、県民の信頼を大きく裏切るものと言わざるを得ない。

 今後山形県警がどのような処分を下すのか注目される。

https://npn.co.jp/article/detail/23351067/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ