大盛りあがりGO 自動車・航空機・鉄道・船舶等
FC2ブログ

なぜ岡山は交通事故の死亡率がワースト1に? 地域特有「ローカルルール」の危険性とは

「ローカルルール」がある地域は死亡事故も多い!?
 全国の交通事故を調査・分析している専門機関「交通事故総合分析センター」が2020年7月、令和元年(2019年)の全国市区町村別での交通死亡事故件数が発表されました。

17c99_1730_f1ef41c63b2f90e6c72ee2eae7bf16d5.jpg
危険な「ローカルルール」は事故を誘発する原因に(イメージ)

 2019年の交通事故件数は全体で38万1237件、そのうち死者数は3215人、負傷者数は46万1775人でした(出展元:交通事故総合分析センター イタルダインフォメーション No.135)。

 また、この調査結果では、東京や大阪、名古屋、福岡といった交通量が多い大都市圏で事故が集中して起きている様子はなく、ある特定の地域での死亡事故などが多いことが分かりました。

 発表された統計のなかで注目なのは、「東京都区部・政令指定都市別死者数」です。

 東京都区部や横浜市、大阪市、名古屋市における、人口1万人に対しての死亡者数は「0.10人から0.14人」に対し、政令指定都市の死者数でワースト1位になった岡山市では「0.37人」と3倍以上を記録しています。

 東京都区部の約948万7000人に対して、岡山市は70万9000人と、単純に考えても交通量も全然違うはずなのに、岡山市で人口1万人当たりの死者数多いのはなぜなのでしょうか。

 そこで思いつくのは、地域ごとにあるといわれるローカルルールの存在です。道路交通法とはまったく違う、地元ならではの走り方や暗黙の了解が横行しており、これが重大事故を引き起こしている原因のひとつだと考えられます。

 人口1万人に対する死者数を政令指定都市別に見ていくと、前述のようにワースト1位の岡山市は0.37、熊本市は0.30人、静岡市は0.24人と、ワースト3は意外な結果でした。

 また、JAFの調査による「住んでいる交通マナーが悪いと思う」ランキングでは、地元の人が自分の件の交通マナーが悪いと感じているワースト1位は香川県(80%)、次いで2位が徳島県(73.5%)、3位が茨城県(67.2%)と、これまた意外な結果となっています。

 この結果を踏まえると、交通死亡事故の比率が高い地域や運転マナーが悪いと認識している地域の多くには、その地域ならではのローカルルールが存在しているのです。

 今回、ワースト1位になった岡山市などには「岡山ルール」というご当地ルールが存在します。

「岡山ルール」とは、「右左折の意思表示を示すウインカーを直前にしか出さない」というものです。

 ウインカーを出すタイミングが遅いということは、岡山市民も認識しているようで(2016年のJAFアンケートでは91%もの岡山市民が認識)、全国ではあまり見かけない、方向指示器を出すための道路標識として「★(ウインカー)合図」が車道に描かれて注意喚起しています。

 岡山在住者は次のようにいいます。

「岡山が神戸や大阪と比較して都会でないことはみんな認識しているんです。その分、舐められたくない、初心者や運転が下手と思われたくない気持ちが強く、ウインカーを長く点灯させたくないのかもしれません。たいていのドライバーは、ウインカーはギリギリ1回点灯させるくらいで右左折しています」

※ ※ ※

 なお、ご当地ルールのなかでもっとも有名なのは、愛知県名古屋市発祥の「名古屋走り」です。

 これは、渋滞などで詰まっていると、後続車が突然脇から追い抜いて先頭に割り込んだり、信号無視をする行為です。最近では減少傾向のようですが、一部は健在していると思われます。

 名古屋には道幅の広い国道が多く、また交通量も多く、さらにはクルマを利用する機会の多い土地柄が大きく影響しているようです。しかし名古屋市在住者の認識は違うようです。

「名古屋の人はみんなマナーが悪いようにいわれるけど、実際はごく少数です。ただほかの県と比べて圧倒的にクルマ好きな人も多く交通量も多い。流れが速いだけです」

 愛知県はカスタムカーや旧車、アメ車ファンが多い土地柄ともいわれており、クルマ好きが高じて、ついヤンチャな運転をする人が多いのかもしれません。

ほかにもある! 全国の危険なローカルルール
「岡山ルール」や「名古屋走り」以外にも、全国には危険なローカルルールが存在しています。そのなかからいくつか紹介します。

●茨城ダッシュ
交差点で右折車が、信号が変わった途端に直進車より先に右折する特別ルールです。
ちなみに直進車の通過を待っていると後続する右折車からクラクションを鳴らされることもあるようです。

●香川ルール
前出のJAFの調査のように、全国でもっとも運転マナーが悪いと自覚している香川県では、ウインカーを出さずに車線変更や進路変更は当たり前。
信号のない交差点で歩行者がいても一時停止しない、信号が青になる前に見切り発車と、かなりワイルドです。

●阿波の黄走り(徳島県)
これは黄色信号を「進め」と誇大解釈したローカルルールで、黄色信号では停車せず、むしろ加速して通過しようとする傾向を指しています。
その理由も「停車すると後続車に迷惑がかかるから」という配慮だとされていますが、危険な行為だといえます。

●赤信号3秒ルール(福岡県)
 JAFのアンケート結果によると、本来は違反である「運転中に携帯電話の操作をしてしまう」運転者が多いといわれるのが福岡県です。
 運転中に携帯電話の画面を見ながらのため、信号が変わっても平気で交差点に突っ込んでくるクルマが多いともいわれています。
「走行車線の信号が赤になり交差する信号が青に変わるタイムラグ(約3秒)以内ならセーフ」という交通事故を誘発しかねないルールです。

●栃木ルール
 まだメジャーではないものの、栃木県にもローカルルールが存在します。
 栃木ルールとは「信号が変わる直前に突然右折」や「ウインカーなしで車線変更」という行為で、右折レーンでは誰も事前にウインカーを作動させないのだそうです。
 ちなみに近隣の茨城や群馬でも同じ傾向の運転が見られるようです。

●松本走り(長野県)
 長野県の松本市で頻繁に見られるローカルルールで、直進より先に右折、スキあらば右折、赤信号でも右折、ウインカーを出さず右折といった右折特化型です。
 もともと城下町だった松本市は細い道の交差点が多く、右折車での渋滞が多かったため、右折を先にする意識が強くなったとされています。
 類似のローカルルールとして、お隣の「山梨ルール」や、愛媛県でも「伊予の早曲がり」と呼ばれる右折優先ルールがあります。

●播磨道交法(兵庫県)
 実際の道路交通法ではなく、姫路ナンバーなどのマナーの悪さから皮肉られたものです。

「先に入った(クルマのフロントを突っ込んだ)クルマが優先」「対向車が左折なら右折は一緒に」「自転車や歩行者はクルマが来なければ赤信号も青扱い」「右左折時、通れるスペースあれば歩行者がいてもすり抜け可能」など。

 さらには、「歩行者はクルマが途切れるまで待て」「狭くてもスペースあれば割り込み可能」「ウインカーは曲がると同時」「前に人がいればクラクションで空けさせる」といった、ワイルドの極みのようなローカルルールです。

※ ※ ※

 ほかにも知られていないその地域特有のローカルルールはありそうですが、そのほとんどが道路交通法違反です。

 地元の人でないとわからないルールも多く存在するため、旅行などで出掛けた際は十分注意しましょう。

くるまのニュース

https://news.livedoor.com/article/detail/19140902/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「目立つ方が」警察に1700万円超のレクサスを寄贈

c9e92_1641_74ba4e95_c08020c8.jpg
 栃木県に住む男性が1台1700万円を超えるスポーツカーを警察に寄贈しました。男性は以前も別のスポーツカーを贈っていました。

 18日に華々しくデビューした1台のパトカー。大好きなちびっこならテレビにくぎ付けになってしまいそうです。

 このパトカーは高級車レクサスのスポーツカー「LC500」。その値段は1700万円を超えるという、まさに“スーパーパトカー”です。高級車レクサスがパトカーとして導入されるのは全国的に見ても非常に珍しいということです。

 ハンドルを握る隊員も思わず緊張してしまうレクサスのパトカー。実は、栃木県内に住む会社役員の男性から寄贈されたものでした。しかも、この男性は2年前にも栃木県警に日産の高級スポーツカー「GT-R」を寄贈していました。スーパーカーを寄贈する男性の思いとは…。

 寄贈した中村和男さん:「交通事故抑止に役立ててほしい。目立つ方が注目を浴びやすい」

 相次ぐスーパーカーの導入に一部の車好きの間では栃木県警にスーパーパトカーが集まっていると話題になっています。
テレ朝news

https://news.livedoor.com/article/detail/18920756/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

クルマ好き昭和オヤジの「当たり前」が通用しない! イマドキの自動車メンテ新常識

3ddba_1568_72c1dfe09d88db6b28a5696b9a5aa0e2.jpg
走りに問題ない範囲でロングライフ化が進んでいる!
 クルマの技術というのは、日進月歩。恐ろしい勢いで進化しているのはご存じのとおりで、クルマの作りそのものだけでなく、メンテナンスでもその恩恵はいろいろとある。そのいい例が、メンテナンスフリー化で、消耗品が今や消耗品でなくなっていたりするが、今回はまだ交換や点検は必要なものの、交換時期などで今までの常識が通じなくなっているものを紹介しよう。

1)エンジンオイル
 ちょっと前までは5000kmもしくは半年ごと。その前は3000kmもしくは3カ月ごとという時代もあった。一方、今やメーカーの指定は1万5000kmもしくは1年ごとが多い。オイルの性能、エンジンの素材や精度などが昔よりも格段によくなっているので、実際のところでも1万km/1年毎に交換していれば問題ない。

25b6c_1568_83b552918375dafaa9f9c7c8141987ca.jpg
 またオイルフィルターもオイル交換2回に1回が常識だったが、オイルのロングライフ化に合わせて、逆に毎回交換になっている。
d6854_1568_1db5a30f27190abef7c0a9756021dbbf.jpg
 輸入車では3万kmごとといった超ロングライフ化が進むが、そもそも量が多いし、減ったら継ぎ足すのも前提としているので、単純に日本車と比較はできないのであしからず。

2)スパークプラグ
 以前であれば、ことあるごとに点検して、電極の隙間を調整したり、カーボンを落としてみたりしつつ、電極が摩耗していれば交換。下手をすれば車検2回ぐらいで新品にしていた。それが1990年代後半ぐらいからプラチナプラグが登場してロングライフ化。今では10万kmまで点検も不要となっている。実際はかなり消耗しているが、メーカーとしては走りに問題ない範囲という認識なのだろう。

b25d5_1568_102cebeff880d4f5b42613be43eaa3e6.jpg
交換頻度が減ったり交換サイクルが伸びているものもある!
3)冷却水

 エンジンの素材などが理由で、車検ごとに交換していたが、現在は新車からの初回交換は16万kmもしくは7年ごとと、下手をすれば一生交換しなくてもいいほど。ちなみに2回目は短くなって、8万km/4年後になる。

74a3b_1568_c7f8884816bf9aa22f903df6f2e2e777.jpg
4)エアクリーナー
 昔から役割や構造は変わらないので、ロングライフ化しなくてもよさそうだが、5万kmごとというのが多い。昔は3万kmごとが多かったので、少しロングライフ化だ。

ad1eb_1568_bd6a06588a9a85deab71ee4e4d9c2999.jpg
 以上、ロングライフ化において、今までの常識が通じないポイントを4つあげてみたが、今後もこの傾向は進むのは確実だろう。はっきりとした時期の変化は出せないが、タイヤもロングライフ化に力を入れている。
aad39_1568_1e73a2aa903d2977fbff8699200036d6.jpg

 ただ、ATのフルードなど、高性能化によって負担が増えて、逆に交換時期が短くなっているものもあるのは面白いところだ。そもそもATのフルードは、無交換という時代もあったほど。今後はさらなる常識の変化にも注目していきたい。

WEB CARTOP

https://news.livedoor.com/article/detail/18359753/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

高速バスのトイレ 短距離路線でもあったほうがいいのか? なし・あり それぞれの理由

高速バスでは、長距離路線でもトイレがついていないケースもあれば、短距離路線でも全車トイレ付きとしている事業者もあります。車内トイレの有無にも、それぞれの理由があります。

「トイレなし」にも理由あり 乗務員不足も影響
 高速バスでは、トイレなしの車両を運行している事業者もあれば、全車トイレ付きとしている事業者もあります。あるバス事業者は「車内トイレは使う、使わないにかかわらず『あると安心』という、いわば保険的なもの」と話しますが、トイレなしのバスを運行することにも理由があります。

 長距離の夜行便などでは、車内トイレを「恥ずかしくて使えない」という人だけでなく、「音やにおいが気になる」など、トイレがあること自体を敬遠する人もいることから、たとえばウィラーはこれまで、トイレ導入に積極的ではありませんでした。そもそも、高速バスでは2時間から3時間おきにSA・PAなどでトイレ休憩をとるため、乗客はその際に用を足せるという理由もあります。

 また、トイレを設置すると、そのぶん座席が削られ、乗れる人数が少なくなります。乗車時間1時間から2時間程度の短距離路線では、高頻度での運行にもかかわらず満席で、利用客のあふれる様子も見られますが、一方で乗務員不足も慢性化しているため、増便も容易ではありません。

 このため静岡県のしずてつジャストラインは2019年に、一般的なトイレなしの大型バスにおける最大値よりも、座席を1列増やした車両をメーカーと共同で開発し、利用者の多い静岡空港線などへ導入しました。路線の特徴を考慮し、1便あたりの輸送力を向上させるうえで、トイレなしの車両があえて選ばれることもあるというわけです。

94efd_1438_a31d4ffbaa2f7831a658e0959124e2e2.jpg
京王の高速バスは、短距離路線であっても全車にトイレを設置している(2018年5月、中島洋平撮影)。

 こうした理由から、高速バスの短距離路線ではトイレなしの車両も少なくありませんが、一方で「短距離路線であってもトイレは必要」と話す事業者もあります。

渋滞時にありがたい車内トイレ
 おもに中央道を走る昼行バスや、京王線沿線エリアと羽田・成田両空港を結ぶ空港連絡バスなどを運行する京王電鉄バスは、もともと空港線などの短距離路線ではトイレを導入していなかったそうです。しかし事故による道路の通行止めなどで、長時間にわたり立ち往生するケースもあったことから、2000年代には路線によらず全車トイレ付きにしたといいます。

「2018年1月には、大雪により首都高が長時間通行止めとなり、当社の空港線バスもほぼひと晩にわたり、首都高での立ち往生に巻き込まれました。そのなかで、トイレのない他社さんのバスにお乗りの方に、当社のバスのトイレを使っていただいたこともありました」(京王電鉄バス)

 首都高だけでなく、中央道の神奈川県と東京都のあいだにある小仏トンネルの上り線など、主たる運行経路に慢性的な渋滞ポイントもあるため、短距離路線であってもトイレは必要なのだそうです。

6c834_1438_7c786ad42c8a6de209e7f4a5ddb9327c.jpg
京王が36人乗りのバスで標準としている広めの車内トイレ(画像:京王電鉄バス)。

 京王電鉄バスが路線によらず全車にトイレを設置しているのには、別の側面もあります。というのも、ひとつの車両が短距離から長距離まで様々な路線で使われることもあり、全車トイレ付きとしたほうが運用上も都合がよいのだそうです。

 また近年、トイレを豪華にすることで「保険」的な位置づけから脱し、差別化しようとする動きもあります。

 前出のウィラーは利用者の拡大を受けて方針を転換し、長距離路線から順次、車内トイレを導入していますが、スペースをやや広めにとり、化粧鏡なども備えているとのこと。京王電鉄バスでも一部車両に、着替えも可能な広めのトイレを設置しています。

乗りものニュース

https://news.livedoor.com/article/detail/17973344/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「渋滞20キロ」恐れも…東名で大規模工事中 愛知

s_ASN1P5SZ8N1GOIPE003.jpg
橋の床版を取り換える工事のイメージ図=中日本高速道路提供

(朝日新聞)

 東名高速の春日井インターチェンジ(IC、愛知県春日井市)―名古屋IC(名古屋市名東区)間で大規模なリニューアル工事が始まった。3月19日まで続き、工事区間は昼夜連続で対面通行規制となる。中日本高速道路は、工事区間付近では連日渋滞が起きており、ドライバーに迂回(うかい)を呼びかけている。

 工事は、東名高速下り線の庄内川橋(名古屋市守山区、春日井市)と神領橋(春日井市)のコンクリート製の「床版(しょうばん)」を取り換える。1968年の開通から半世紀以上が経ち、舗装のひび割れから雨水がしみこむなどして損傷しているという。

 工事期間中は、春日井ICと名古屋IC間のうち約1・2キロが交通規制によって対面通行になる。同社は事前の予測で、工事区間の前後で約6キロの渋滞がおき、通過に約40分かかる可能性があると算出していた。初日の14日は午後6時前に下り線で9キロ、上り線で4キロの渋滞が起き、その後も連日発生。22日朝も6キロの渋滞が発生して通行に50〜60分かかったという。同社は、迂回が進まない場合は、朝夕を中心に10〜20キロの渋滞になる恐れもあるとみている。

 同社は名古屋高速や名古屋第二環状道、東海環状道、一般道への迂回を促すキャンペーンを展開している。迂回路を通った場合でも通行料金が増えないように調整したり、一定条件で東海環状道を使ったドライバーにクオカードを贈ったりするという。

 渋滞予測などは同社の工事専用サイト(https://chukyo-info.com/t-rn/)で確認できる。(田中恭太)

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/
nation/ASN1P5SZ8N1GOIPE003.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ