大盛りあがりGO 野球
FC2ブログ

サイン断った選手に「死ね!」 酷すぎる「ファン」の行状...オリ宮崎告発

1a4ee_80_b3ab0c74_a37b8c36.jpg
画像はイメージ

プロ野球・ソフトバンクの武田翔太(25)、大竹耕太郎(23)、オリックスの宮崎祐樹(32)が、SNSで異口同音にファンに苦言を呈している。

選手みずから声を上げざるをえないほど、度を越したマナー違反があったためだ。

インクで汚れた腕、破かれたカード
福岡・春日球場で自主トレをする武田、大竹の両選手。トレーニングの様子は公開され、ファンも無料で見学できた。

しかし、サインをめぐりトラブルがあったようだ。武田は2019年1月7日、インスタグラムで「今日は帰りの時一部のサイン貰いに来てた人のマナー悪かった」と指摘し、「今後同じ状況が続くのであれば少し考えます」と報告した。

大竹も同日のインスタグラムで、インクで汚れた自身の腕の写真とともに、「こんな感じで手についたり、服についたりするのでサインはペン先を向けないで頂けると助かります 人が多い時は特に」と呼びかけた。

窮状を訴えたのは、2人だけではない。DeNAの宮崎敏郎(30)と自主トレをする宮崎祐樹選手も1月20日、インスタグラムで「ファンあってのプロ野球。なのはわかってます」と切り出し、こう続けた。

「サインを書いて貰えなかったからと言って、カードを破り捨てましてや大学の敷地内に投げ捨て、次の練習に移る選手に対して『死ね』と罵声を浴びせる。。これは間違ってると思う」
投稿には、無残に破かれた宮崎敏郎の野球カードが添えられていた。

自主トレ中は選手が「無防備」に
「サインを求めるファンのマナー違反は昔からあります。ただ、ファンの近くだと選手には球団職員や警備員が帯同するのが一般的なので、大ごとにはなりづらいです」
スポーツ取材経験の長い記者は22日、J-CASTニュースの取材にこう話す。しかし、キャンプ・シーズン期間と違い、自主トレ中は「無防備」になりやすく、ファンが過激化しやすいという。

「ただ一般的なファンであれば今回のような暴挙はしないはずなので、転売目的でサインを求めるような人の仕業かもしれません」(前出・記者)
「ファンあってのプロ野球」だが、「選手あってのプロ野球」でもある。

J-CASTニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/15910124/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ソフトバンク選手がファンに苦言「マナー悪い」 サインおねだり集団の”行き過ぎた行動”とは?

95265350.jpg
大竹耕太郎

 プロ野球・ソフトバンクの武田翔太、大竹耕太郎が、共に自身のインスタグラムを更新。マナーの悪い一部のファンに対し、要望交じりの苦言を呈している。

 インスタの「ストーリー」を更新した武田は、自主トレ中に撮影されたと思われる写真を投稿。しかし、そこには写真だけでなく、「あと今日は帰りの時、一部のサイン貰いに来てた人のマナー悪かった」、「他の人に迷惑かかるから考えてもらいたい、少なくとも俺らはそう感じた」、「今後同じ状況が続くのであれば少し考えます」といった文も添付されていた。

 武田と同様に「ストーリー」を更新した大竹は、自身の右手にサインペンのインクがつけられた写真を投稿。「こんな感じで手についたり、服についたりするので、サインはペン先を向けないで頂けると助かります。人が多いときは特に」と、マナーの改善を切実に呼びかけていた。

 ネット上に寄せられた現地ファンの投稿によると、この他にも「サインをもらうために嘘をついた」、「1人の選手を大勢で取り囲み、身動きを取りにくくした」、「選手が乗った車を囲み、道を遮った」人がいたという。選手のことを考えていないこれらのマナー違反には、当然少なからず批判の声が寄せられている。

 今回の一件に限らず、しばしば問題視されている一部ファンの暴走。恐らく本稿をご覧の皆様の中にも、そうした場面を現地で目撃したという人は多いことだろう。このような話が出るたびに、一プロ野球ファンとしては非常に悲しい気持ちになる。

 また、昨今では現実のみならず、ネット上で悪質な行動・言動を目にすることも少なくない。書くのもはばかられるような誹謗中傷を浴びせたり、プライベートの写真を勝手にアップしたり、選手のみならず他のファンにまで矛先を向けたり…。こうした連中を、筆者は決して同じプロ野球ファンと認めたくはない。

 “自分がよければそれでいい”などと考えている一部の人間には、今一度節度や自覚といったものを見つめ直してもらいたいところだ。

文 / 柴田雅人

https://npn.co.jp/article/detail/95265350/

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス
ジャンル : スポーツ

「巨人にしか行かない」長野久義と内海哲也の放出で選手会が”異議アリ!”

63689780.jpg
長野久義

 国内フリーエージェント制度に関するルールが改定されるかもしれない。

 原巨人がFAによる大型補強に成功したものの、好捕手・炭谷銀仁朗を奪われた側の埼玉西武が人的補償で、ベテラン左腕の内海哲也を引き抜いた。チームの精神的支柱でもあった内海の一本釣りにファンは騒然とさせられた。また、年明けの1月8日、丸佳浩外野手の人的補償で長野久義が広島に移籍することが両球団から発表された。

 両選手とも「巨人にしか行かない」とドラフトでゴネた経緯がある。その是非はともかく、チーム愛のもっとも強い投打のベテランを喪失してしまった。

 「2年連続MVPの丸を獲ったのだから、巨人もそれ相応の出血は覚悟していました。でも、出してはいけない選手がいるんですよね。チームの雰囲気も悪くなっています」(スポーツ紙記者)

 選手会がその人的補償に疑問を呈しているというのだ。

 プロ野球選手たちの解釈では、FAは選手固有の権利。ドラフト会議で希望する球団があったとしても叶わないことのほうが多い。プロである以上、自身をより高く評価してくれる球団に行くのは当たり前で、また、出場機会の多くなる球団を選ぶのも当然の権利だという。だが、厄介なのはそれにともなう「人的補償」だ。

 「選手が正当な権利を行使する上で、第三者を巻き込む現行のルールはおかしい、と。選手会はこの点での改善を要求していくと聞いています」(在京球団スタッフ)

 内海に限らず、人的補償で移籍を余儀なくされた選手にすれば、「まさか、自分が!?」の心境だろう。請われて呼ばれたのだから、最後は割り切って移籍を受け入れる。野球協約によれば、選手にトレードなどの移籍を拒む権利はない。イヤなら、引退するしかないのだ。

 「人的補償で移籍した選手が新天地で活躍するケースは少なくありません。人的補償での移籍を前向きに捉える声もありますが、今後、FA権を取得した選手が代わりに移籍する選手のことを考え、権利行使しにくくなるとしています」(前出・同)

 FAは93年オフに導入された。取得年数などの改定もされたが、これまで「米球界と異なる点」については議論されていなかった。

 簡単に説明すると、メジャーリーグには2種類のFAがある。一つは所属チームとの契約期間が終了し、どの球団とも自由に交渉ができるもの。あるいは、どの球団にも所属していない選手のことを指す。もう一つは所属チームが他球団よりも同等以上の引き止めを行っているが、残留が難しいとなった場合、移籍先のチームは旧所属チームに次年度のドラフト会議の上位指名権か、移籍金を渡さなければならない。プロテクト名簿を作成し、それ以外の選手を一本釣りする人的補償のやり方を行っているのは、日本のプロ野球だけだ。

 おそらく、選手会はドラフト指名権か、移籍金のみとするメジャーリーグ式への変更を求めるものと思われる。

 プロ野球解説者が球団経営者側の立場をこう代弁する。

 「主力選手を喪失する側の戦力ダウンは必至です。移籍金、ドラフト指名権をもらうよりも人的補償で代わりの選手をもらったほうが傷口も小さくて済みます。日本ハムは20代半ばが選手のピークとなるチーム編成をしていますが、他球団はそうではありません。選手会が人的補償の改定案を求めたとしても、スンナリとは決まらないでしょう。球団はせっかく育てた選手に対し、奪われ損だと思うのでは」

 選手と球団では制度に対する考え方も違う。

 現在、12球団の選手会会長は内海を移籍させた炭谷である。難病を抱える子どもたちへの支援活動にも積極的で、人望も厚い。17年12月に選手会長に選ばれたが、初めての大仕事が自身も関わったFAのルール改定となるとすれば、皮肉なものである。(スポーツライター・飯山満)

https://npn.co.jp/article/detail/63689780/

テーマ : 読売ジャイアンツ
ジャンル : スポーツ

内海に続き…長野移籍 ファン衝撃「功労者に厳しすぎる」「いつか戻ってきて」

s_sponichi-spngoo-20190107-0121.jpg
広島への移籍が決まった長野

(スポニチアネックス)

 巨人は7日、FAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、長野久義外野手(34)が広島に移籍すると発表した。内海哲也投手(36)に続き、巨人生え抜きのスターで功労者の人的補償による移籍となり、ファンの間には衝撃が広がっている。

 長野は日大から社会人野球・ホンダを経て09年ドラフト1位で巨人に入団。新人王を獲得したのを皮切りに、ベストナイン、首位打者、ゴールデングラブ賞と、数々のタイトルを獲得した。功績を残した生え抜きスターの移籍に、ネット上には「プロの世界とはいえ功労者に厳しすぎる」「ショックが大きい」「いつか巨人に戻ってきて」など悲痛の声が続々。

 また、「広島のファンの方、長野久義をよろしくお願いします」「夢の弾道で広島ファンを魅了してください」と移籍先での活躍を願うコメントや、ドラフト3度目であこがれだった巨人に入団した経緯もあり「2度もドラフト指名蹴ってまで、巨人を選んでくれてうれしかった。9年間本当にありがとう」「環境を変える事が長野選手にとってプラスになる事を一ファンとして願っています」といった感謝の言葉もあふれた。

https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports
/sponichi-spngoo-20190107-0121.html

テーマ : 読売ジャイアンツ
ジャンル : スポーツ

「丸佳浩」実家の床屋、巨人入りで“無言電話”“不幸の手紙”“カミソリの刃”!?

s_dailyshincho-554056.jpg
丸佳浩(えすぱにぃ/Wikimedia Commons)

(デイリー新潮)

 いま、良くも悪くも球界で最も注目を集めているのが、広島カープ3連覇の立役者、丸佳浩(29)である。FAでの巨人移籍が決まったのはすでに知られたとおりだが、カープファンからの“怨嗟”は実家にも……?

 ***

 丸の実家は、千葉県勝浦市で理髪店を営んでいる。

「例年、年末年始には里帰りしているそうですが、“引越し先が決まってないから、今年は帰ってこないわね”と言ってました」

 と語るのは、12月に髪を切ってもらったという男性客だ。時期が時期だけに、当然話は丸に及んだ。“巨人移籍の報告は息子からもらっていない”とか“連覇で感謝されたり、カープファンは熱量がすごい”といった当たり障りのない話題が続いたのだが。

 父・浩二さんから、こんな衝撃的な告白が飛び出したという。

「巨人移籍が決まってからは、無言電話の雨あられ。多い日は30件くらいありました。“巨人に行ったら、お前ら家族みんな不幸になるぞ”という不幸の手紙も届きました。球団には、カミソリの刃まで届いたらしいです」

 来季、広島での“対カープ戦”で開幕する巨人。はたして、丸の心境は――。12月26日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

「週刊新潮」2019年1月3・10日号 掲載

https://news.goo.ne.jp/article/dailyshincho
/sports/dailyshincho-554056.html

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★新・これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

5WAYS TO PROFIT WITH ARBITAO

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ