大盛りあがりGO 生活情報ニュース
FC2ブログ

パワハラ「間接被害」深刻 現場目撃で不調、見ぬふりに罪悪感

m_kobe-20180925000.jpg
(神戸新聞)

 パワハラ被害が社会問題となる中、同じ職場で加害者の言動を見聞きしている人も体調を崩す「間接被害」が新たな問題として浮上している。毎日のようにパワハラの現場を目撃することで心身の不調を訴え、関係機関に相談するケースも目立つという。間接被害に対する会社側の責任が認定される判決も出ており、関係者は「パワハラは加害者と被害者だけの問題ではない」と訴えている。(末永陽子)


 「上司が大声を出すたびに、吐き気を催すようになった。怒られているのは同僚なのに…」

 兵庫県内で働く女性(28)は昨年から、頭痛や吐き気、不眠などに悩まされるようになった。複数の病院にかかり、パワハラを間近で見たり聞いたりすることによる自律神経失調症と診断されたという。

 体調を崩す3カ月前から在籍した部署では、50代の上司が30代の男性に対して日常的にパワハラを繰り返していた。男性がミスをするたびに「給料を半分にする」などと暴言を吐き、机や椅子を蹴ることも。女性は「次の標的になるのが怖くて、見て見ぬふりをしていた。その罪悪感も強かった」と振り返る。

 半年後に男性がうつ病を発症して会社に相談し、部長は処分され異動になった。だが、女性は今も大きな声や音を聞くと不調になりがちで、通院を続ける。

     ◇

 兵庫県内では職場のパワハラは依然深刻な状況だ。

 兵庫労働局に2017年度に寄せられた労働相談件数は4万7614件。そのうち最多がパワハラに相当する「いじめ・嫌がらせ」の3407件で、5年連続トップ。13年以降は減少傾向にあるが、相談総数に対する割合は上昇しており、26・3%で過去最高だった。

 労働局などには「パワハラを目の当たりにしながら何もできない」「怒られている同僚を見ると自分も具合が悪くなる」などの相談もあるという。

 パワハラの間接被害に対する慰謝料を会社側に命じる判決も出ている。

 今年5月、女性4人が男性役員から退職を強いられたとして勤務先を訴えた訴訟で、最高裁は会社側の上告を退け、間接被害を認める判決が確定した。役員は女性係長2人に対し、50代の年齢を理由に退職を求めるような発言を重ねていたが、それを見聞きしていた同年代の部下2人も「間接的に退職を強いられた」と認定された。

 兵庫労働局は「パワハラは被害者だけでなく、その周囲にも悪影響を及ぼす。職場全体で解決する必要がある」としている。

https://news.goo.ne.jp/article/kobe
/nation/kobe-20180925000.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

歯ぎしりは「心のSOS」の可能性も 知っておきたいその原因

m_dot-2018092100018.jpg
いびきや歯ぎしりがある人は、マウスピースをつくることもできる

(AERA dot.)

 就寝時、気づかぬ間にあなたも歯ぎしりをしているかもしれない。

「ギリギリ」「ガクガク」と、口から発せられているとは思えないほど、耳障りな音が響くことも。はたから寝ている人を見ていると、どれだけ強く食いしばっているのかと心配になる。起きているときの最大8倍くらいの力がかかるという。

 東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニックの新谷悟院長によると、歯ぎしりが原因で、歯が真っ二つに砕けた60代の女性もいたという。ほかにも強い力がかかり、歯根にひびが入ったり割れたりして、歯を抜かざるを得なくなることもある。

 歯ぎしりの原因はいろいろ考えられるが、日中の癖も関係するという。

「普段から歯と歯を接触させる癖がある人に、睡眠中の歯ぎしりや食いしばりをする人が多いとされます。歯と歯が接触することで、歯根膜から脳にシグナルが送られ、それがストレスになっています。そうすると、夜中に脳からの指令で、歯ぎしりや食いしばりを起こすようです」(新谷院長)

 歯ぎしりですぐに死ぬことはないが、歯がすり減ることは避けられない。知覚過敏になって、食べたり飲んだりしたときに、歯がしみやすくなる。80歳で20本以上の歯を残そうという「8020運動」が推進されているように、健康で長生きするカギは歯だ。大切にしないと寿命も縮まる。

 歯のかみ合わせに悪影響を与えたり、あごの関節に負担がかかったりすることも。ひどい場合は顎関節症になって、口が十分に開かなくなってしまう。

 目覚めたときに首や肩がこっている人も、歯ぎしりを疑ってみよう。「頬骨と口の間を走る咬筋(こうきん)を手で優しくマッサージすると緩和します」(同)

 すぐに死ぬことはないとはいうものの、心臓病など命に関わる合併症のリスクが高まる睡眠時無呼吸症候群(SAS)が潜んでいることも考えられる。

「SASでは、いびきと歯ぎしりの両方をする人がいます。歯ぎしりも一つのサインになるのです」(同)

 対策としてはかみ合わせの調整に加え、マウスピースをつけて寝る方法がある。保険が適用されれば5千円程度でつくれるので、歯科医に相談してみよう。

 歯ぎしりは、仕事や家庭、人間関係などで悩みがあり、精神的に緊張していると起きやすいとされる。過度な飲酒といった生活習慣の乱れが、睡眠の質を下げ、症状を悪化させることも知られている。

 口から出る大きな音は、体だけでなく心のSOSと受け止めよう。生活を見直し、ストレスをうまく発散することで、改善していきたい。(本誌・岩下明日香)

※週刊朝日  2018年9月28日号

https://news.goo.ne.jp/article/dot
/life/dot-2018092100018.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

一度手に入れたら生活必需品になる? スマートスピーカーで生活はどう変わった?

17123630.jpg
画像はイメージです

 昨年あたりからシェアを大きく伸ばしてきたスマートスピーカー。Googleが販売している「Google Home」をはじめ、Amazonの「Amazon Echo」、LINEの「Clova WAVE」など多くの種類が出ている。安価ではなく、購入を迷っているという声も多く聞かれるが、スマートスピーカーを導入すると生活はどう変わるのだろうか。8月に「Amazon Echo」シリーズの「Echo Spot」を1台導入したというスマートスピーカーユーザーに語ってもらった。

 「数あるスマートスピーカーの中から『Echo Spot』を購入した理由は、Amazonの音楽聞き放題サービス『Amazon Music Unlimited』に登録していたからです。『Amazon Echo』は基本的に『アレクサ』と呼びかけて音声操作するのですが、かけてほしいアーティスト名と楽曲名を『かけて』と指示すると、すぐにスピーカーから音楽が流れます。また、『Echo Spot』にはタッチパネルがあるので『アルバムを出して』と言えば、そのアルバムの一覧を出してくれる。そこから好きなアルバムをかけることができ、便利です」

 それまではパソコンを操作して音楽を流していたのだが、自分の声だけで音楽を流せるようになったのはかなり便利だという。

 「また、スマート照明も設置したので、音声操作で照明を付けたり消したりすることが可能になりました。暗い部屋に入って手探りで電気のスイッチを押すことはなくなりましたし、寝るときも布団に入ってからスマートスピーカーに電気を消すよう指示するようになった。快適です」

 スマートスピーカーでは天気予報やニュースの読み上げにも対応しており、媒体を自分でチェックしてなくてもスマートスピーカーに尋ねるだけで自然と情報が入ってくる環境になっているという。

 「将来的には家中の物をスマートスピーカーでひもづけたいと計画しているくらいはまっています。今考えているのはスマートカーテン。音声でカーテンの開閉ができるIoT家電『eCurtain』の正式販売を待っています」

 まさに次世代家電であるスマートスピーカー。生活がより快適なることは間違いなさそうだ。

https://npn.co.jp/article/detail/17123630/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

傘による事故相次ぐ 注意呼びかけ

jitensya_ame_kasa.jpg

NHKニュース&スポーツ

関東地方では、9月に入って局地的に猛烈な雨が降るなど雨の日が続いています。東京都などは、傘が関係する事故が相次いでいるとして注意を呼びかけています。

ことし7月、横浜市で子どもをだっこひもで前に抱えながら自転車を運転していた母親が転倒し、1歳の次男が死亡した事故では、警察は、母親が手首にかけていた傘が自転車の前輪の泥よけに挟まったことなどが原因だとみています。

東京都によりますと、雨の日の危険な経験について15歳以上の3000人にアンケート調査を行ったところ、製品別では半数を超える1600人余りが傘を原因として挙げたということです。

具体例としては、自動開閉式の折りたたみ傘をたたむ際に、柄の部分が跳ね上がり目に当たってけがをしたケースや、突然の強風で差していた傘が折れ、その破片でけがをしたケースなどがあります。

東京都では、リーフレットを作成して傘の取り扱いなどに注意を呼びかけています。

東京都生活文化局の猪俣聖人生活安全課長は「傘は身近な道具ですので、何気なく使っている人多いが、改めて基本動作を確認して安全に使ってほしい」と話しています。

https://news.goo.ne.jp/article/nhknews/
life/nhknews-10011636111_20180919.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

被災地に乳児用液体ミルク=アレルギーなど注意を―北海道地震

yfyfugio.jpg

時事通信

 北海道地震で、道は東京都から救援物資として乳児用液体ミルクの提供を受けた。常温で保存でき、開封してすぐに飲める乳児用液体ミルクは災害時に有効で、規格基準を定めた改正厚生労働省令が8月に施行され、国内での製造・販売が解禁されたばかり。ただ専門家は、災害時に乳児の口に入れる際には注意が必要と指摘する。

 乳児用液体ミルクは牛乳にビタミンなどの栄養分を加えたもので、成分は粉ミルクと同じ。2016年の熊本地震の際にはフィンランドから支援物資として届けられ、子どもを抱えた被災者に歓迎された。

 東京都は今年6月、災害時に液体ミルクを調達するため、流通大手イオンと協定を締結。7月に発生した西日本豪雨では、岡山県倉敷市の要請を受け2000本を提供した。

 北海道地震では9月10〜11日に、フィンランド製の1050本の液体ミルクが道に提供された。道は避難所やミルクが行き届いていない家庭に届けてもらうため、被災した厚真町や安平町など5町に約200本ずつを配布した。

 ただ液体ミルクは国内ではまだ一般に流通しておらず、多くの乳児は初めて口にすることになる。アレルギーなども懸念されるが、災害時にはすぐに病院で診察してもらえない可能性がある。

 配布に当たり、ミルクには注意点を記した日本語の説明書が添付された。東京都の担当者は「赤ちゃんの栄養は母乳が基本。災害時などやむを得ないときはよく振って、開けたらすぐに飲み、飲み残しはすぐに捨ててほしい」と呼び掛けている。

https://news.goo.ne.jp/article/
jiji/life/jiji-180918X067.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

5WAYS TO PROFIT WITH ARBITAO

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ