大盛りあがりGO 海外ニュース
FC2ブログ

ベーグルが薬物検査に反応、母親が赤ちゃんと引き離される 他にも身近なアレが薬物反応?

77318394.jpg
画像はイメージです

 薬物の乱用は、世界中で問題になっている。しかし海外には薬物を使用していないのに、薬物検査で反応を示し、子供と引き離されてしまった人がいる。

 海外ニュースサイト『Fox News』は2019年5月15日、アメリカ・ニューヨーク州で20歳の女性、エリザベス・ドミンゲスさんが、薬物使用を疑われ、生まれた直後の息子と引き離されたと報じた。ドミンゲスさんは同州の病院で息子を出産した後、出産後の検診の一つである尿検査を受診。病院はドミンゲスさんの尿から薬物反応を確認し、児童保護局に連絡した。ドミンゲスさんは身に覚えがなかったため薬物の使用を否定したが、児童保護局は聞き入れず、まだ生まれて24時間経っていない息子を保護。ドミンゲスさんと面会できないようにしたという。

 取り乱したドミンゲスさんは病院からすぐに夫に連絡。夫は「出産前に食べたベーグルが原因ではないか」と答えたそうだ。ベーグルの上にはケシの実がまぶしてあったようで、ケシの実が薬物検査に反応したのでは、と夫は考えたそうだ。すぐに夫が病院に駆け付け、ドミンゲスさんと夫がベーグルの件を病院に訴えたところ、病院側は「ケシの実が反応した可能性もある」と夫婦の主張を認めた。ケシの実はモルヒネの原料となるもので、薬物検査に反応することがあるという。息子は翌日、入院中のドミンゲスさんのもとに戻された。疑惑は晴れたものの、ドミンゲスさんは同記事のインタビューに対し「薬物反応は間違いだったのに、いまだに私のことを薬物に手を染めたひどい母親だと誤解する人もいる。本当に悲しい」と話している。

 このニュースが世界に広がるとネット上では「ベーグルで薬物反応が出るなんて恐ろしい」「生まれてすぐの息子と会えないなんてパニックだっただろうな」「夫がベーグルが原因だと気づいてよかった」といった声が挙がっていた。

 海外には、意外なものが薬物検査に反応してしまった例が他にもある。

 海外ニュースサイト『Washington Post』は、2015年11月、アメリカ・フロリダ州に住む男性が、薬物使用を疑われて拘束されたと報じた。男性は交通違反の取り締まりで警察の尋問を受けた際、車の床に落ちていたドーナツの食べかすが覚せい剤ではないかと疑われたという。男性は「それはドーナツの砂糖が落ちたものだ」と否定したが、警察は聞き入れずキットで薬物検査を実施。検査の結果、薬物反応が出たそうだ。その後、同州の鑑識が改めて検査をしたところ、薬物でないことが判明。薬物検査キットがなんらかの理由で誤反応を示してしまったようだ。男性は検査結果を受け10時間ほど勾留されたが、その後、保釈された。

 いずれのケースも寝耳に水だっただろうが、誤反応は人の人生を変えることにもなりかねない。検査は慎重に進めてもらいたいものだ。

https://npn.co.jp/article/detail/77318394/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ゴリラが写真で完璧なポーズ、パークレンジャーの自撮りで コンゴ

c14c1_1470_4ba3c35705a33f134e6446fd469d7e05.jpg
ゴリラの「ンダカジ」と「ンデゼ」がパークレンジャーの自撮り写真でポーズを決めた/Virunga National Park/Instagram

(CNN)アフリカ中部コンゴ民主共和国(旧ザイール)のビルンガ国立公園で、職員がゴリラ2頭と一緒に撮った自撮り写真がフェイスブックで共有されて話題を呼んでいる。

写真を撮影した同公園パークレンジャーのマシュー・シャマブさんは、赤ちゃんの時に親とはぐれた2頭の保護にかかわってきた。

写真に納まったメスのゴリラの「ンダカジ」と「ンデゼ」は、人間がポーズを撮るような格好で立っている。1頭は両足を軽く開いて斜めに立った姿でカメラに顔を向け、もう1頭はシャマブさんの背後から身を乗り出すようにして顔をのぞかせていた。

「このゴリラの女の子たちはいつも生意気な行動ばかり。その本性が完璧に表れた」。ビルンガ国立公園はそうコメントし、「この子たちが2歩足で立っているのも驚くことではない。ほとんどの霊長類は、短い間なら二足歩行ができる」と言い添えた。

ビルンガ国立公園には、類人猿3種類を含めて22種類の霊長類が生息しており、マウンテンゴリラは1000頭いると推定される。

野生生物を守るレンジャーの数は600人以上。同地では衝突や紛争も頻発する。

昨年はレンジャー数人が命を落とし、英国人2人が拉致される事件が発生。今年3月には、レンジャーの男性がカバに遭遇して重傷を負い、死亡していた。

CNN.co.jp

http://news.livedoor.com/article/detail/16359302/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「報復殺人」で警察官70人死亡…秩序崩壊に向かう北朝鮮社会

3139e_1456_ac7b2cdf_cc40de16.jpg
金正恩(キム・ジョンウン)氏

北朝鮮当局が、ひところ手控えていた公開処刑を再開している。背景として気になるのは、国際社会からの制裁によって深刻化している経済難だ。

北朝鮮の社会主義経済システムが崩壊した1990年代の大飢饉「苦難の行軍」の時代、北朝鮮社会は経済難により秩序が悪化。当局はこれを恐怖で抑止すべく極刑で臨み、窃盗犯なども次々に銃殺した。

では、最近の北朝鮮はどうか。内部の情報筋からは、やはり治安の悪化が伝えられている。

デイリーNKの内部情報筋によれば、咸鏡南道(ハムギョンナムド)端川(タンチョン)市の剣徳(コムドク)鉱山で昨年11月12日、薬物中毒者や農場から穀物を盗んだ窃盗犯、そして中国の密輸業者から前金を受け取り、国の生産物である鉛や亜鉛を定期的に盗み出し、売り渡していた鉱山労働者や協力者など36人に対する公開裁判を行った。

「苦難の行軍」の時代ならば確実に死刑になった罪状だが、このときはまだ、北朝鮮は公開処刑を控えており、被告はいずれも懲役刑を宣告されている。

しかし北朝鮮は昨年の1年間を通じ、治安の悪化に危機感を募らせたかもしれない。咸鏡北道(ハムギョンブクト)の消息筋が韓国のリバティ・コリア・ポスト(LKP)に語ったところによれば、昨年末までの1年間で、全国の保安員(警察官)に対する殺人事件は70件を超えるという。

こうした事件の多くは、無実の罪を着せられ、刑務所での服役を余儀なくされた人々の報復と見られている。

北朝鮮の保安員は取り締まりの権限を振りかざし、庶民からワイロを搾り取ることを生業としている。要求に応じなければ様々な言いがかりをつけて逮捕し、刑務所送りにすることもある。また、同様のやり方で女性に性行為を強要することもあり、悪徳保安員に対する庶民の恨みは深い。

ただ、報復殺人の背景がどのようなものであっても、大衆の権力に対する挑戦を北朝鮮当局が見過ごすはずはない。北朝鮮当局にとっての「守るべき秩序」とは、金正恩体制を維持するために必要な秩序のことだからだ。

北朝鮮当局がここへ来て公開処刑を再開したのは、経済難による社会の動揺が、金正恩体制の足元を揺さぶる危険性を感じ取ったからではないだろうか。

デイリーNKジャパン

http://news.livedoor.com/article/detail/16357859/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

スリランカ、高級ホテルや教会6か所で爆発、52人死亡

s_afpbb-3221818.jpg
スリランカの中心都市コロンボで、爆発が発生した聖アンソニー教会の外を警備する治安要員ら(2019年4月21日撮影)。(c)AFP/ ISHARA S. KODIKARA

(AFPBB News)

【AFP=時事】(更新、写真追加)スリランカで21日、3つの教会とホテル3か所で爆弾が爆発し、少なくとも52人が死亡した。警察当局者がAFPに明らかにした。

 警察によると、爆発があったのは、コロンボにある高級ホテル3か所と教会1か所。さらにコロンボ近郊の教会と同国東部バッティカロアの教会でも爆発が起きた。

 この日はキリスト教の祝祭日イースター(復活祭)で、爆発があった教会では礼拝が行われていた。

 これまでに確認された死者の内訳はコロンボで42人、バッティカロアで10人となっている。

 ホテル関係者がAFPに語ったところによると、犠牲者のうち、少なくとも1人はシナモン・グランドホテルで死亡した。爆発でホテルのレストランが破壊されたという。同ホテルの近くには首相公邸がある。
【翻訳編集】AFPBB News

https://news.goo.ne.jp/article/
afpbb/world/afpbb-3221818.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ノートルダム大火災1時間前…父娘の2ショットを巡る物語

m_nikkangendai-537167.jpg
(ブルックさんのツイッターから)

(日刊ゲンダイDIGITAL)

【もぎたて海外仰天ニュース】

 4月15日夜に炎に包まれたパリのノートルダム大聖堂。火災発生の1時間前に撮影された写真を巡るストーリーが注目を集めている。

 米FOXニュース(4月18日付電子版)などによると、米国人旅行者ブルック・ウィンザーさん(23)は15日午後6時ごろ、ノートルダム大聖堂の前ではしゃぐ父娘を見かけた。そのあまりにほほ笑ましい光景に、思わずスマホでカシャリ。

 ブルックさんは翌16日、こんなキャプションを添えてツイッターに写真を投稿した。

「私はノートルダム大聖堂から立ち去ろうとする際に、この写真を撮りました。火災になる約1時間前です。私はこの父親のところにいって、『この写真、いりませんか?』と聞きそうになりました。今となってみれば、そうすればよかった。ツイッター、もし魔法が使えるなら、彼がこの写真を見つけるのを手伝って」

 わずか1時間後に炎に包まれる運命の“世界遺産”と幸福そうな父娘の劇的な対比もあり、この写真は「歴史的な1枚だ」と急拡散。22万人以上がリツイートし、50万人近くが「いいね!」を付けた。

 そして2日後の18日。ブルックさんはこうツイートした。

 「捜索は完了! この写真は父親とその家族の知るところとなりました。この悲劇を受けて、彼は匿名のままでいることを希望しています。『美しい写真をありがとうございます。特別な場所に飾るつもりです』とのメッセージを受け取りました。この写真をシェアし、親切なメッセージをくださった皆さん、ありがとうございました」

 物語のハッピーエンドにネットは歓喜に包まれた。

「SNSがこの美しい写真を彼らに届けるのに役立ったことは本当に素晴らしい。悲劇の前の喜びのひと時をシェアしたいというあなたは、とても親切な人だ」

「2人を発見し、彼らのプライバシーを尊重してくれて、とてもうれしい。この写真は、驚くべき物語と共に、いつまでも語り継がれる家族の歴史になるでしょう」などなど、喜びのコメントが殺到している。

https://news.goo.ne.jp/article/nikkan
gendai/life/nikkangendai-537167.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★新・これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

BitMile XBM は審査なし、案件に参加だけで、無条件でもらえます!!

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ