大盛りあがりGO 邦楽ロック、ポップス
FC2ブログ

矢沢永吉「成り上がり」ロック伝説、30年来の友人・女性歌手が明かす!

img_5f2285db6970e02c35b254fa601d612546531.jpg
 9月で日本一ロックな69歳となる矢沢永吉(68)。同月に行われるアニバーサリーツアーのチケットが売り上げ好調だが、そんな彼の素顔を、30年来の友人シンガー、マイラ・ケイ(66)が語ってくれた。「初めて会ったのは、1986年7月。私は当時、矢沢さんのツアーメンバーだったドラマーの村上ポンタ秀一さんとグループを結成していたので、彼を通じて矢沢さんに出会いました」

 その際、矢沢が彼女に語りかけた内容は、「私は父がフィリピン人で、母が日本人のハーフ。当時は日本語も片言しかしゃべれず、日本の芸能界独特のしきたりに苦労していました。そんな私を、矢沢さんは励ましてくれたんです。“広島から東京へ出て来るだけでも勇気と覚悟がいるのに、女性で、文化や言葉も違う遠い母国から日本で、まして芸能界で生きていくって、本当に大変だよね”って微笑んでくれたんです」

 自らの「成り上がり」の苦労を振り返り、優しく声をかけた矢沢を「今も忘れられない」と語るマイラ。2人の関係はその後も続き、「忘れられないのは96年の6月27日。新山下町にオープンしたライブハウス『横浜ブルースカフェ』のマネージャー兼シンガーを私が任されたばかりの頃でした。矢沢さんが突然、私のライブを観に来てくれたんです。その日にライブがあることすら知らせていなかったのに……」

 なんと、驚くことにあの大スターの矢沢が、自身でチケットを購入し、足を運んだというのだ。「ステージにいた私は、ライブの途中でスタッフに教えられて初めて、客席に矢沢さんがいることに気づきました。私が“歌詞間違えちゃったよ~(笑)”などと陽気にMCでしゃべっているとき、客席を見ると、矢沢さんが涙を流しているように見えたんです」

 当時、矢沢は巨額横領詐欺事件に巻き込まれ、約35億円もの負債を抱えていた。人生の辛い時期に、彼女の自由闊達なステージに触れ、感じるところがあったのか。「ステージからはける際に、客席のすぐ横を通ったタイミングで、矢沢さんと固く握手をしました」

 その後、99年に東京へ拠点を移したマイラ。再始動の決意をしたためた手紙を、矢沢に出したという。「すると私のライブ当日、会場の『原宿クロコダイル』には、矢沢さんからのお花が届きました。“手紙読みました。これからも頑張って。E.YAZAWA”というメッセージカードとともに……」

 奇しくも7月9日には、その原宿クロコダイルでライブを催したマイラ。「いつの日か『A DAY』を2人で歌いたいですね」

 矢沢への思いを「私からのラブレターよ」と言いながら語る彼女。返事はアイ・ラブ・ユー、OK?

https://taishu.jp/articles/-/60227?page=1

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

西城秀樹さん追悼 盟友・ギタリスト、芳野藤丸が明かす秘話と秘蔵写真「ヘタなロックよりロック。ロック以上だった」

80~90年代に活躍した日本のロック・シンガーには、
「西城秀樹を聴いてたでしょ」って思わせる人が多かったよね。
氷室京介なんか、モロにそうだし、
ダイアモンド☆ユカイとか森重樹一とかも。
マイクスタンドの使い方やら歌唱法やら衣装やら(笑
ent1805216790-m1.jpg
エレキギターを弾く秀樹さん(左)と芳野藤丸 (芳野氏提供)

夕刊フジ

 16日に急性心不全のため63歳で死去した歌手、西城秀樹さん。26日の葬儀・告別式では「新御三家」として活躍した歌手、野口五郎が弔辞を読むことが分かった。秀樹さんを悼む声は各界から相次いでいるが、歌謡曲の枠を超えたエンターテイナーとしての実力について語るのは、SHOGUNのギタリスト、芳野藤丸(67)だ。秀樹さんのバックを藤丸バンドとして務めるなど、盟友・秀樹さんのエピソードを秘蔵写真とともに夕刊フジに明かした。

 秀樹と最初に出会ったのは1974年。ロッド・スチュワート&フェイセズが来日して、その前座のジョー山中さんのバンドでギターを弾いていたら、それを秀樹が見ていた。その後に乃木坂で偶然会ったときに、「あそこで弾いていたよね? 僕のバンドでやってくれませんか?」って声をかけてくれて。バックで弾くようになりました。

 当時は“俺はロックしかやらない”と思っていたけど、それが『夜のヒットスタジオ』に出て振り付きでギターを弾くようになったり、さまざまなことを経験しました。秀樹はヘタなロックよりロックしていて、いやロック以上だなって。エンターテイナーとして素晴らしかった。日本人歌手のレベルを超えたスタジアム・ライブをやったり、そこでグランド・ファンク・レイルロードとかガンガンのロックを歌うんだけど、僕が勧めたものも多かった。秀樹もロックが大好きだったから。

 バート・バカラックに曲を作ってもらおうと、一緒にラスベガスに行ったこともありました。女性ボーカルまで用意してもらいスタジオで録音したんですが、そのあと送られてきたテープを聴いた秀樹が、「これはダメだな」ってボツにしちゃった。すごいですよね。

 一番の思い出というのかな、秀樹のバンドを離れるときのことはよく覚えています。78〜79年にSHOGUNを結成するときに、「しばらく一緒にできなくなります。バンドを離れなければなりません」と言ったんです。そうしたら、「そうか、ガンバレよ!」って。そのあとにSHOGUNがヒットするかどうかなんてもちろん分からない。でも、気持ち良く送り出してくれた。今の僕があるのも秀樹のおかげです。

 SHOGUNが小休止したあとに、出戻って一緒のステージにも立ちました。もう一度、やりたかったな。気さくで、なんでもしゃべれる仲のいい友達、それ以上の存在でした。武道館や、後楽園球場をいつまでも走り続けていた秀樹。今はゆっくりと休んでください。

https://news.goo.ne.jp/article/fuji/
entertainment/fuji-ent1805216790.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

L⇔R黒沢健一「突然の死」について、弟・秀樹が語る

1488272296566477.jpg
2月23日、『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)にL⇔Rのギター担当である黒沢秀樹(46)が出演。今だから言える活動休止の真相や130万枚売れたヒット曲の印税事情などについて語った。

 1995年、シングル曲『KNOCKIN' ON YOUR DOOR』が130万枚のヒットを記録した人気バンド、L⇔R。しかし黒沢の実兄でありバンドのボーカルだった黒沢健一氏が昨年末、48歳で脳腫瘍のため他界してしまった。

 130万枚売れた曲のギャラについて聞かれた黒沢は、「事務所はお給料制だったので。まあでも、一応ヒットが出てからは印税は別になったんですよ」と当時の事情を明かし、さらに「ただ作詞、作曲する人が、著作権印税というものに限って言えば、全部もらえますよね。兄貴がメインソングライター。ヒット曲はほぼすべて兄貴が書いてます」と語った。

 それゆえ、兄は儲かったが、自分や他のメンバーについて「僕らはどうかというと500~1000(万円)の間」と告白。作詞、作曲を手がけたために著作権印税が入ってくる兄と違い、自身には歌唱印税が入ってきたのみだったと明かした。

 また、他界した兄の健一について聞かれた黒沢は、「ライブのリハーサルをやっているときに、めまいがするって話があって、病院へ検査に行ったら脳腫瘍だったんです」と、病気が発覚したときのことについて答えた。さらに「たしかに変わっていたところはすごくありましたね。スタジオ行って(レコーディングのときに)“真実の音が欲しい”とか言うんですよ。“水の中でオレンジをかじったみたいな感じ”とか。それを“音で表現しろ”って言われても分からない」と、兄のアーティスティックな性格について言及。

「なんとなく僕は言ってる意味は分かるんですね。“いや、たぶん兄貴が言ってることはこういうことだ、こうやって”と(メンバーに)言うと“それだよ、それが真実だよ!”」と、兄弟だからこそできる理解力で、フォローしていたことなどを打ち明けていた。

http://taishu.jp/detail/26837/


テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

イギリスの寿司店、アメリカの深夜番組で熱唱!BABYMETALが世界を席巻中




20160408babymetal-250x250.jpg
 Jポップとヘビーメタルを融合させたアイドルグループ「BABYMETAL(ベビーメタル)」のセカンドアルバム「METAL RESISTANCE」が、4月1日世界同時発売され、イギリスの寿司チェーン店YO! Sushiでニューアルバムの発売記念イベントが行われた。

「スーメタル、ユイメタル、モアメタルから構成される同グループは、同寿司レストランのサウスバンク店で特別イベントを開催。刺身などの新メニューが振る舞われる中、混雑した店内でBABYMETALの曲が演奏されました。2日には同じイギリスのウェンブリー・アリーナで日本人初のワンマンライブを行いました。さらに、5日にはアメリカの人気番組に出演し、『ギミチョコ!!』を披露。その活躍はますます世界規模になってきています」(アイドル誌ライター)

 日本1位、全米3位など、各国のiTunes総合アルバムチャートで上位にランクイン。彼女たちの楽曲は、日本以上に海外で高く評価されているようだ。

http://www.asagei.com/excerpt/56127


テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

内田裕也のかっこいい頃がヤバイ! 高画質・ビートルズ来日公演“前座”動画公開で判明

mig_20160214221936a6c.jpg

 1966(昭和41)年に行われたザ・ビートルズの来日公演時に、前座を務めた内田裕也のライブ映像が公開され話題となっている。これは、ビートルズ関連のレア映像を収集しているニューヨークのレコード店Revolver Recordsが、YouTubeにアップしたものだ。


※動画:『YouTube』より

 およそ3分間の映像には、横分けの髪をなでつけた蝶ネクタイ姿の内田裕也の姿が映る。歌われる楽曲はアニマルズの「朝日のない朝」のカヴァーである。ここまで鮮明なカラー映像が存在していたとは驚きだ。

 ビートルズは、世界ツアーの一貫で、1966(昭和41)年の6月29日に来日。直前に日本を襲った台風の影響で到着が大幅に遅れたのは有名な話だ。その後、6月30日から7月2日にかけて、昼と夜に5回の公演が行われた。

 その際、前座を務めたのは内田裕也、尾藤イサオ、望月浩、桜井五郎、ジャッキー吉川とブルー・コメッツ、ブルージーンズ、ザ・ドリフターズである。ドリフの前座はテレビなどでもたびたび取り上げられており、よく知られている。

 今回の映像公開でロックミュージシャンとしての内田裕也を改めて認識した者も多いのではないか。内田といえば年越しイベントである「ニューイヤーロックフェスティバル」の主催や、『魚からダイオキシン!!』『コミック雑誌なんかいらない!』などのクレイジーな日本映画への出演、91年の東京都知事選出馬など、何かとその言動が話題になることが多い。一方で肝心のミュージシャン活動は「代表曲、ヒット曲なし」「アルバムリリースが少ない」「実は下手なのでは」といった声が聞こえてくる。

 だが、今回の前座映像でもわかるように、内田裕也は洋楽の“カヴァー”に重きを置くミュージシャンであり、“オリジナル”への興味がもともと薄いのだ。


http://tocana.jp/2016/02/post_8833_entry.html

内田裕也のかっこいい頃がヤバイ! 高画質・ビートルズ来日公演“前座”動画公開で判明の続きを読む

続きを読む

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

5WAYS TO PROFIT WITH ARBITAO

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ