大盛りあがりGO JAZZ
FC2ブログ

小曽根実さん死去 神戸ジャズ発展に尽くす

m_kobe-20180216010.jpg
小曽根実さん

(神戸新聞)

 神戸のジャズ界を支えてきたピアニスト・オルガン奏者の小曽根実さんが亡くなっていたことが16日、分かった。83歳。

 神戸市須磨区出身。小学生のころから独学でピアノを始め、関西大学在学中からピアニストとして活動。読売テレビ「11PM」への出演をはじめ、テレビの司会、ラジオのパーソナリティーなどを多数務めた。

 阪神・淡路大震災で自宅や拠点としていたライブハウスが全壊したが、「神戸ジャズは健在なり」をテーマに、コンサートツアーを行った。

 神戸ジャズCITY委員会委員長としてジャズのファン層拡大に努めたほか、神戸市中央区などで音楽教室を開くなど、地域の音楽文化振興に尽力。井植文化賞、神戸市文化賞、兵庫県文化功労賞などを受けた。

https://news.goo.ne.jp/article/kobe/
entertainment/kobe-20180216010.html


R.I.P
81XRCj8Gb1L.jpg
11PM~ハモンド・オルガンの魅力

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

日野皓正 マイルス・デイヴィスを「オヤジ」と慕う 落語の師匠のようなもの

m_20161113105.jpg
試写会でトークイベントを行った日野皓正=都内

(デイリースポーツ)

 日本を代表するジャズ・トランペッターの日野皓正(74)が13日、都内で行われた映画「ブルーに生まれついて」(26日公開)と「マイルス・デイヴィス 空白の5年間」(12月23日公開)の試写会でトークショーを行った。

 ともに米国のジャズ・トランペッター、チェット・ベイカーとマイルス・デイヴィスをテーマとした映画で、日野は「チェットとはあんまり関わりがないけど、オヤジがよく聴いていた。何だこの女の人はと思っていた。ハスキーでセクシーな声なんだよな」と振り返った。

 日野はマイルスをトランペットの世界で「オレのオヤジ」と呼んでいるそう。「落語の師匠のようなもの。マイルスをコピーしてすごい音を出してやろうとやってきた」とマイルスの“息子”を自認。アル・フォスターの家にマイルスから電話がかかってきた時に、電話口でトランペットを吹き「サウンズ・グッド!」と褒められたエピソードも披露した。

 日野は演奏で上唇が破れることが多く、マイルスから「もっと下の唇を使え」とアドバイスをもらったという。「70を過ぎてから、その言葉を思い出して吹いたら、すごくいいわけ。やっぱりオレのオヤジなんだ」と改めて実感したことを語った。

http://news.goo.ne.jp/article/dailysports
/entertainment/20161113105.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「JAZZ LP RECORD BAR」が代官山に限定オープン! ジャズファンのみならず若い世代のビギナーでも楽しめる!

32282633.jpg
 極上のジャズ音楽やその世界観を体感できるバー「JAZZ LP RECORD BAR」が9月27日(火)~10月1日(土)の期間限定で代官山T-SITEGARDEN GALLERYにオープン。

 「JAZZ LP RECORD BAR」は、ジャズ界の名盤「LPレコード」が毎号1号付属する本邦初のマガジンシリーズ「ジャズ・LP レコード・コレクション」(株式会社 ディアゴスティーニ・ジャパン)の創刊を記念して、オープンしたお店。

 白を基調とした外壁と透明の窓ガラスに覆われた外観は、スタイリッシュそのもの。店内に入ると、約100枚のレコードジャケットが展示されているだけでなく、ジャズファンにはたまらない歴史的な名盤がBGMとして流れている。さらにバーカウンターではドリンクもオーダーができ、お酒とJAZZをゆったり楽しめる落ち着いた大人の雰囲気で、その場にいるだけでJAZZのLPレコードを嗜んでいるような気分にすらなってくる。

 LPレコードというと、40~50代が楽しむ嗜好品のイメージが強いが、現在若い世代や女性からも注目を集め、アナログレコードの生産数は年々増加傾向にある。26日にプレオープン記念イベントでゲストとして登場した、DJで作曲家、選曲評論家としても活躍している沖野修也氏は、デジタルにないレコードの魅力として「音が温かい、とよく言われますが、僕もそれは感じますね。同じ曲をレコードとCDの音で聞き比べたら、平面と立体ぐらい音が違います。比較するとレコードの音の良さわかります。」とアナログレコードの素晴らしさを語った。

 中年世代には懐かしさ、若者には目新しさを味合うことができ、気軽に楽しめる空間となっているので、オススメ! 「JAZZ LP RECORD BAR」では専門家によるトークイベントが開催しており、初心者でも安心。また、DJイベントなども開催しているので友達と遊びに行ったり、デートスポットとして利用するのも大いにアリ!! 一度は体験してみたい極上空間だ!

http://npn.co.jp/article/detail/32282633/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

中谷美紀、高畑充希も!「ジャズ女子」ブーム到来の予感

fc2blog_2016051523255109d.jpg
 昨今、「カープ女子」など、様々な「○○女子」ブームが報じられてきたが、次は「ジャズ女子」だという。テレビ局関係者が語る。

「最近ではカフェやバーのBGMで潜在的にジャズを聴いている女性が多いそうです。これにテレビ局が目をつけ、深夜に番組を作る計画が進行。目玉となる『ジャズ女子芸能人』を選定しているようです。中谷美紀や高畑充希などジャズ好きを公言する女優やアイドルは結構います。有村架純は高畑の影響で最近好きになったそうですし、じわじわ浸透してますね。ジャズがきっかけで芸能界入りしたタモリさんも『広めるためなら一肌脱ぐ』と言ってるので、深夜でも豪華なものになるかもしれません」

 水面下で盛り上がりを見せる「ジャズ女子」だが、年々増加している「ジャズを演奏する女子」にも注目が集まっているという。ジャズに詳しい音楽関係者が語る。

「中でもピアニスト・佐々木ゆりさんが注目されています。美人なうえ、上智大卒の才女。そのうち有名になるでしょうね。聴くなら今がチャンスです。ベテラン演奏家で凄い人はたくさんいますが、『ジャズは敷居が高い』と思っている方には、まず佐々木さんのような若い人のライブに行く事をお勧めします」

 今や、お忍びでライブを聴きに行く芸能人も多いというジャズ。ブームになる前に、足を運んでみるのもアリかもしれない。

(長谷部葵)

http://dailynewsonline.jp/article/1129711/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ジャズはどう楽しむ? 「正解が無いのが面白さ」と評論家

81bjXXK+8RL.jpg
隔週刊CDつきマガジン 「JAZZ VOCAL COLLECTION(ジャズ・ヴォーカル・コレクション)」 2016年 5/10号 奇跡の競演

 難しいと敬遠されがちなジャズも、「歌」を中心に聴いてみれば、グッと身近に感じられるとジャズ評論家の後藤雅洋氏は語る。

「トランペットやサックスなどのインストゥルメンタルは抽象的で、音になれるまで時間がかかり、そこがハードルの高さになっているのでしょう。その点、歌は歌詞があるのでわかりやすいし、声には感情があるので親しみも湧きます。ジャズ入門としては、ヴォーカルが最適です」

 ジャズでは、多くの歌手がスタンダードナンバー(定番曲)として同じ楽曲を歌う。同じ楽曲をどう歌うかが、歌手の腕の見せ所である。

「ジャズ・ヴォーカルを突き詰めると、“人を聴く、個性を聴く”ということ。聴き所のポイントは声質です。ただし美声である必要はなく、正解がないのがジャズの面白さ。その証拠に『ジャズの父』と称されるルイ・アームストロングは、ひどいだみ声でした。それでも黒人独特の力強さや彼の人柄が表われた温かい声は、聴く者を惹きつけます」(同前)

 人種や性別による声質の違い、時代による表現の違いなど、歌手が変われば、楽曲の表情も変わる。こうしたジャズ・ヴォーカルの奥深さを紹介すべく、後藤氏が監修したのが、隔週刊CDつきマガジン『JAZZ VOCAL COLLECTION』(小学館)。全26巻で歴史的な名ヴォーカリストを網羅する。

「フランク・シナトラやサラ・ヴォーン、ナット・キング・コールなどジャズ界のレジェンドの歌声をCDで聴きながら、マガジンでヴォーカリストの聴き所を掴んでいただけます。選曲は浅田真央さんの競技曲『素敵なあなた』や『バードランドの子守唄』など、耳なじみのある曲ばかり。美空ひばりを筆頭に日本のジャズ・ヴォーカルも特集します」(同前)


◆ごとう・まさひろ/1947年、東京都出身。ジャズ評論家。慶應義塾大学在学中の1967年、四谷にジャズ喫茶『い~ぐる』を開店。著書に『一生モノのジャズ名盤500』(小学館)ほか多数

※週刊ポスト2016年4月29日号
http://www.news-postseven.com/
archives/20160423_404292.html

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

5WAYS TO PROFIT WITH ARBITAO

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ