大盛りあがりGO 音楽総合

矢沢永吉「成り上がり」ロック伝説、30年来の友人・女性歌手が明かす!

img_5f2285db6970e02c35b254fa601d612546531.jpg
 9月で日本一ロックな69歳となる矢沢永吉(68)。同月に行われるアニバーサリーツアーのチケットが売り上げ好調だが、そんな彼の素顔を、30年来の友人シンガー、マイラ・ケイ(66)が語ってくれた。「初めて会ったのは、1986年7月。私は当時、矢沢さんのツアーメンバーだったドラマーの村上ポンタ秀一さんとグループを結成していたので、彼を通じて矢沢さんに出会いました」

 その際、矢沢が彼女に語りかけた内容は、「私は父がフィリピン人で、母が日本人のハーフ。当時は日本語も片言しかしゃべれず、日本の芸能界独特のしきたりに苦労していました。そんな私を、矢沢さんは励ましてくれたんです。“広島から東京へ出て来るだけでも勇気と覚悟がいるのに、女性で、文化や言葉も違う遠い母国から日本で、まして芸能界で生きていくって、本当に大変だよね”って微笑んでくれたんです」

 自らの「成り上がり」の苦労を振り返り、優しく声をかけた矢沢を「今も忘れられない」と語るマイラ。2人の関係はその後も続き、「忘れられないのは96年の6月27日。新山下町にオープンしたライブハウス『横浜ブルースカフェ』のマネージャー兼シンガーを私が任されたばかりの頃でした。矢沢さんが突然、私のライブを観に来てくれたんです。その日にライブがあることすら知らせていなかったのに……」

 なんと、驚くことにあの大スターの矢沢が、自身でチケットを購入し、足を運んだというのだ。「ステージにいた私は、ライブの途中でスタッフに教えられて初めて、客席に矢沢さんがいることに気づきました。私が“歌詞間違えちゃったよ~(笑)”などと陽気にMCでしゃべっているとき、客席を見ると、矢沢さんが涙を流しているように見えたんです」

 当時、矢沢は巨額横領詐欺事件に巻き込まれ、約35億円もの負債を抱えていた。人生の辛い時期に、彼女の自由闊達なステージに触れ、感じるところがあったのか。「ステージからはける際に、客席のすぐ横を通ったタイミングで、矢沢さんと固く握手をしました」

 その後、99年に東京へ拠点を移したマイラ。再始動の決意をしたためた手紙を、矢沢に出したという。「すると私のライブ当日、会場の『原宿クロコダイル』には、矢沢さんからのお花が届きました。“手紙読みました。これからも頑張って。E.YAZAWA”というメッセージカードとともに……」

 奇しくも7月9日には、その原宿クロコダイルでライブを催したマイラ。「いつの日か『A DAY』を2人で歌いたいですね」

 矢沢への思いを「私からのラブレターよ」と言いながら語る彼女。返事はアイ・ラブ・ユー、OK?

https://taishu.jp/articles/-/60227?page=1

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

BGM流す166店に著作権料支払い要求 JASRAC

profile_image.gif
JASRACの紹介

 著作権料を払わずにBGMを流しているとして、日本音楽著作権協会(JASRAC)は2日、22都道府県の飲食店や美容室151事業者166店舗を相手取って民事調停を申し立てたと発表した。

 申し立ては6月19日と28日付。

 JASRACによると、2015年以来、昨年までに計521事業者675店舗に対して一斉申し立てをしてきた。広さが500平方メートル以下の店舗の場合で、BGMの著作権料は年額6千円。民事調停の申し立てを受けた店のほとんどが支払いに応じたという。

 支払いに応じなかった2業者に対しては、JASRACが楽曲使用の差し止めと損害賠償を求めて提訴。高松市の飲食店とは和解が成立し、札幌市の理容店には札幌地裁が約3万1千円の支払いと楽曲の利用差し止めを命じている。


朝日新聞デジタル
http://news.livedoor.com/article/detail/14952488/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

71myd7go.jpg
Squier by Fender アコースティックギター SA-150 SQUIER DREADNOUGHT, NATURAL

ニューズウィーク日本版

<音楽の好みの「成長」は意外と早く終わってしまう。「音楽老人」にならないためには?>

中高年が懐メロばかり聴いている、子どもの好きな音楽がまったく理解できない......昔からよくある光景だ。世代間の隔たりや老化とも深く関わりのありそうな現象だが、実は音楽の好みの「成長」は意外と早く終わり、30歳と6カ月で止まるという調査結果が出た。

新しい音楽を聴かなくなる理由は?

フランスに本社を構える音楽ストリーミング配信サービスDeezerが、イギリスのユーザー1000人を対象に行った調査で、人々が新しい音楽を発掘する努力をやめるのは、平均して30歳と6カ月と発表した。

2015年に、スウェーデンの音楽ストリーミング配信サービスSpotifyなどの、アメリカのユーザーデータをもとに行われた同種の調査では、音楽の趣味は30代前半で成熟し、33歳までには新しい音楽を聴かなくなると発表されたが、それよりさらに若くなった形だ。

Deezerの調査によると、未知の音楽をもっとも盛んに聴こうとするのが24歳だそうだ。そして、回答者の60%以上は「同じタイプの音楽を繰り返し聞く」と答えている。その理由としておもにあげられているのが、仕事が忙しい(16%)、「子育てで時間がない」(11%)、そして「いろいろな音楽がありすぎる」(19%)などだ。

新しい音楽に興味がなくなるというわけではなく、ライフスタイルの変化などが要因のようだ。さらに、ビジネス・インサイダーは、好きな音楽を聞いたときに脳はドーパミンやセロトニンなどのいわゆる「幸せホルモン」を分泌するが、このような反応はとくに思春期に強いという別の研究結果を紹介。12〜22歳の、脳があらゆる物事を吸収しようとする時期に初めて聞いた音楽に対する愛着が強くなると分析している。

「懐かしさ」などもよく耳にする理由だろう。青春時代に聴いた音楽にはたいていそれに伴う思い出があり、誰でも人一倍の愛着があるはずだ。音楽の「質」はどうだろうか。トロントのロック専門ステーションQ107のホストはDeezerの調査結果を受け、ブログで「ギターやドラムの音のない、大量生産された電子音の音楽」を好まない人が多いからではないかと指摘。

40代・50代のリスナーが多いステーションだが、コメント欄には、YouTubeや地元の音楽祭などで、大量生産ではない、素晴らしい音楽を聞かせる新しいバンドを見つける機会はいくらでもあるとの意見もみられる。30代で音楽の趣味が凝り固まってしまうとの意見には反対が多いようだ。

いつまでも音楽的にオープンでいるために

「昔の音楽の方がよかった」などと愚痴る「音楽老人」にならないためには、どうすればよいだろう。ガーディアンがいくつか提案をしている。

自分のプレイリストに飽きたなら、ストリーミング配信サービスやYouTubeで適当に曲を選んでみるか、友人にプレイリストを作ってもらってもいい。Kポップなど外国語の音楽も推薦している。

なかでも、好きなアーティストが影響を受けた音楽をさかのぼってみる、というのは名案に思われる。たとえば、イギリス出身の人気ロックバンドThe 1975は80年代の音楽やブライアン・イーノを聞いて育ち、ニューシングル『ギヴ・ユアセルフ・ア・トライ』の素早いリフは、ジョイ・ディヴィジョン(1979年)の『ディスオーダー』から派生している、という。

ほかに、「楽器を習うこと」は「音楽的冒険へのもう一つの入り口」と提案。たとえば、ドラムを叩くことでクライド・"ファンキー・ドラマー"・スタブルフィールド(ジェームズ・ブラウンのバックを務めた伝説的ドラマー)に行き着いたり、ピアノを習うことでショパンを演奏したりするようになるかもしれない。また、筆者はかつてオペラ嫌いだった自身の経験もあげ、嫌いな音楽をあえて聞いてみることもすすめている。  

新しい音楽を聞かない理由に「いろいろありすぎる」とあがっていたが、インターネットやストリーミングで異国の音楽や未知のジャンルなどをいとも簡単に発掘できる現代は逆に音楽の嗜好を深める絶好のチャンスだろう。昔の音楽ばかり聴いていてはもったいないかもしれない。


モーゲンスタン陽子
https://news.goo.ne.jp/article/news
week/trend/newsweek-E215172.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

西城秀樹さん追悼 盟友・ギタリスト、芳野藤丸が明かす秘話と秘蔵写真「ヘタなロックよりロック。ロック以上だった」

80~90年代に活躍した日本のロック・シンガーには、
「西城秀樹を聴いてたでしょ」って思わせる人が多かったよね。
氷室京介なんか、モロにそうだし、
ダイアモンド☆ユカイとか森重樹一とかも。
マイクスタンドの使い方やら歌唱法やら衣装やら(笑
ent1805216790-m1.jpg
エレキギターを弾く秀樹さん(左)と芳野藤丸 (芳野氏提供)

夕刊フジ

 16日に急性心不全のため63歳で死去した歌手、西城秀樹さん。26日の葬儀・告別式では「新御三家」として活躍した歌手、野口五郎が弔辞を読むことが分かった。秀樹さんを悼む声は各界から相次いでいるが、歌謡曲の枠を超えたエンターテイナーとしての実力について語るのは、SHOGUNのギタリスト、芳野藤丸(67)だ。秀樹さんのバックを藤丸バンドとして務めるなど、盟友・秀樹さんのエピソードを秘蔵写真とともに夕刊フジに明かした。

 秀樹と最初に出会ったのは1974年。ロッド・スチュワート&フェイセズが来日して、その前座のジョー山中さんのバンドでギターを弾いていたら、それを秀樹が見ていた。その後に乃木坂で偶然会ったときに、「あそこで弾いていたよね? 僕のバンドでやってくれませんか?」って声をかけてくれて。バックで弾くようになりました。

 当時は“俺はロックしかやらない”と思っていたけど、それが『夜のヒットスタジオ』に出て振り付きでギターを弾くようになったり、さまざまなことを経験しました。秀樹はヘタなロックよりロックしていて、いやロック以上だなって。エンターテイナーとして素晴らしかった。日本人歌手のレベルを超えたスタジアム・ライブをやったり、そこでグランド・ファンク・レイルロードとかガンガンのロックを歌うんだけど、僕が勧めたものも多かった。秀樹もロックが大好きだったから。

 バート・バカラックに曲を作ってもらおうと、一緒にラスベガスに行ったこともありました。女性ボーカルまで用意してもらいスタジオで録音したんですが、そのあと送られてきたテープを聴いた秀樹が、「これはダメだな」ってボツにしちゃった。すごいですよね。

 一番の思い出というのかな、秀樹のバンドを離れるときのことはよく覚えています。78〜79年にSHOGUNを結成するときに、「しばらく一緒にできなくなります。バンドを離れなければなりません」と言ったんです。そうしたら、「そうか、ガンバレよ!」って。そのあとにSHOGUNがヒットするかどうかなんてもちろん分からない。でも、気持ち良く送り出してくれた。今の僕があるのも秀樹のおかげです。

 SHOGUNが小休止したあとに、出戻って一緒のステージにも立ちました。もう一度、やりたかったな。気さくで、なんでもしゃべれる仲のいい友達、それ以上の存在でした。武道館や、後楽園球場をいつまでも走り続けていた秀樹。今はゆっくりと休んでください。

https://news.goo.ne.jp/article/fuji/
entertainment/fuji-ent1805216790.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

サーバー絶不調? それとも…

今回は予約記事をUPするのに大変苦労しました。
FC2にログインして管理画面から
ファイルアップロードしても、
画像が表示されないというトラブルに遭いました。

私の契約している会社のサーバーが原因なのか、
私のPCに問題ありなのか…
FC2に問題があるのか…

PCを再起動し、再度ログインして、
それでもファイルアップロードが出来ずに、
何回もリトライして、やっとこさUPして、
なんとか時間に間に合わせました。

特に「大盛りあがりグラビア館」の方は、
画像を毎日100枚ぐらいアップしなきゃいけないから、
めちゃくちゃ時間かかっちゃいました…
こっちの記事は、
最悪の場合、画像無しで対応するつもりでしたが、
何度かのトライでギリギリで間に合ったんで、
記事を書き直して滑り込みセーフですわ(笑

いつも通り当ブログ新着記事の投稿と、
別館の「大盛りあがりグラビア館」の投稿で、
6時間もかかるとは…

せっかく楽しみに見ていたナイター中継も、
PCとにらめっこしながらでは楽しめませんわな。

ひょっとしてブラウザかも?
と、思って、
GooglechromeやらIEやらMicrosoftedgeやら試したんですが、
なぜかサーバーエラーがでたりして…
画像アップロードしても画像は真っ白で表示されず…

こういうのってイライラしますね。

原因が分からんのでルーターの接続やら、
いろいろ確認したんですけどね。

たぶん、私の契約しているサーバーが原因だと思います。
でも、記事は更新できるんですよねえ…
画像のアップロードだけが出来ないっていうのもおかしな話ですね。
やっぱFC2に原因があるかも?

とりあえず今から遅い晩御飯にありつけます。
うちの娘の愛情たっぷりの、せっかくのカレーがすっかり冷めちゃいました(笑

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

CRYPTOCURRENCY MINING

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ