大盛りあがりGO ROCK
FC2ブログ

「オレのギターヒーロー」「勇気と夢ありがとう」エディ・ヴァン・ヘイレン氏に追悼相次ぐ

s_mainichi-20201007k0000m030230000c.jpg
米国ロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさん=AP

(毎日新聞)

 世界的に有名な米国ロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさんが6日、がんのため死去した。65才だった。その早すぎる死にネット上では、国内外のミュージシャン、ファンから追悼の投稿が相次いだ。【生野由佳/統合デジタル取材センター】

 ◇「天国でマイケルとプレイしてほしいな。合掌」

 ツイッターでは7日は終日、「ヴァン・ヘイレン」がトレンド入りした。以下のような悲嘆の声が広がっていた。

 <あなたの音楽がハードロックにのめり込むきっかけだった。天国でマイケルとプレイしてほしいな。合掌>

 <ギター少年たちの憧れであり、夢そのものだったギターヒーロー。80年代をロックに過ごした人たちの喪失感を考えるといたたまれない>

 エディさんはオランダ生まれ。1970年代に兄のアレックスらとヴァン・ヘイレンを結成。「ジャンプ」「悪魔のハイウェイ」や「パナマ」などのヒット曲を生んだ。エディさんは、右手で指板上の弦を指でたたくなどして音を出す「ライトハンド奏法」といった先駆的な演奏法で知られる。ソロとしては、マイケル・ジャクソンの名曲「Beat It(ビート・イット)」でギターを担当するなどし、注目を集めた。1991年には米グラミー賞ハードロック部門で最優秀賞に輝いている。

 エディさんは40代半ばに、がん闘病中を告白。彼の死は、同じバンドで、ベースを担当する息子のウルフ・ギャングさんが、インスタグラムで報告した。

 ◇「最高の父親。彼と共有した瞬間は贈り物でした」

 <今朝、がんとの長く困難な闘いに負けました>

 <最高の父親でした。ステージとそれ以外で彼と共有した瞬間は、贈り物でした>

 <心の喪失から完全に回復することはないと思います。あなたをとても愛しています>

 訃報を受け、人気ロックバンド「キッス」のジーン・シモンズ氏は、ツイッターで「ギターの神様」と投稿した。

 国内のミュージシャンからも、ツイッター投稿が相次いだ。

 ロックバンド「東京事変」のベーシスト、亀田誠治さんは「勇気と夢をありがとう。どうぞ安らかに。。」と投稿。

 「ペニシリン」のギタリスト、千聖さんはツイッターに「オレのギターヒーロー。この人はオレの人生を変えた1人。本当に…これは信じたくない。」と記している。

 ミュージシャンの布袋寅泰さんはインスタグラムを更新。「誰にも輝かしい青春がある。グロリアスデイズ...ずっと胸に抱いて、最期の日まで笑顔で戦おう。ギターの価値観を変えた偉大なるエディ・ヴァン・ヘイレンの冥府を祈る」(原文ママ)と投稿した。

 また意外なことに、政界からも惜しむ声が聞かれた。

 加藤勝信官房長官は7日の記者会見で「グラミー賞を獲得した世界的に有名なロックバンドのリーダーを失ったことは大変残念だ。心から哀悼の意を表したい」と述べた。加藤氏はエディさんと同じ年の生まれといい、「若いころロックが大好きだった」と語り始め、「(ヴァン・ヘイレンは)『レッド・ツェッペリン』や私が好きだった『シカゴ』の次の世代だったと認識している」などと振り返った。

 ◇斬新な技法を世に広めた革新的なギタリスト

 30年来のファンで、ギター専門の月刊誌「ヤング・ギター」(シンコーミュージック・エンタテイメント刊)の上田慎也編集長(47)はこう語った。

 「『ライトハンド奏法』など斬新な技法を世に広めた革新的なギタリストでした。以前は今のようにユーチューブなどの映像で演奏シーンを何度も見ることはできませんでした。レコードから聞こえてくる彼のエレキ音は衝撃的で、どのように弾いているか分かりませんでした。手探りで技法を探り、どうすればうまくまねできるかを楽しむ時代でした」

 そして「40〜60歳代の音楽ファンは、青春時代に誰もが一度はヴァン・ヘイレンの音楽、ギターテクニックに憧れたのではないでしょうか。今夜は、その名曲を聴いて追悼したいと思います」とその死を悼んだ。

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/world
/mainichi-20201007k0000m030230000c.html

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

ある伝説的ミュージシャンの死。医療崩壊の渦中で 妻が語った壮絶な最期

01rock.jpg
ムッシュかまやつ氏の「弟分」 コロナに感染 NYでの最期

ムッシュこと故・かまやつひろしさんと談笑する長髪の外国人男性。2015年に東京・渋谷で撮影された写真だ。彼の名はアラン・メリル。アメリカ・ニューヨーク出身の伝説的ミュージシャンだ。

1rock.jpg
2015年 かまやつ氏と一緒に渋谷を歩くアラン氏 兄弟のようだった

アランさんは、ジョーン・ジェット&ブラックハーツやブリトニー・スピアーズがカバーし、世界的に大ヒットした名曲「アイ・ラブ・ロックンロール」のオリジナル作者として知られる。母は「帰ってくれてうれしいわ」などジャズのスタンダードナンバーで日本でも多くのファンを持つヘレン・メリル。

70年代には日本にも活動の場を広げ、かまやつさんと「ウオッカ・コリンズ」というバンドを結成、グラムロックを日本に広めた。アランさんは、かまやつさんの才能と人柄に魅了され兄のように慕っていたという。

3月29日、アランさんはこの世を去った。享年69。自宅のあるニューヨークで新型コロナウイルスに感染し、検査を受けられないまま自宅で重症化。ようやく集中治療室に運ばれた直後に息絶えた。

「典型的なロックンローラーだけど優しい人だった」

かまやつひろしさんの息子で、子供のころからアランさんと親交のある、ピアニスト・シンガーのTAROかまやつさんは突然の死に当惑しながらも、その人柄を私にこう話してくれた。
父のかまやつひろしさんが亡くなった時も、アランさんは、すぐ東京に駆けつけTAROさんの前で号泣したという。

「夫は一人で死ぬのか」妻が綴る「医療崩壊」の現実
ロックと日本を愛したスターの最期は「医療崩壊」の渦に巻き込まれた悲惨なものだった。
アランさんの娘が投稿したSNSには、妻のジョアンナさんが記した壮絶な状況が綴られていた。

アランさんがインフルエンザのような症状を発症したのは亡くなる2週間ほど前。ジョアンナさんは当初からコロナ感染を疑ったが、アランさん本人は「何でもないことを騒ぎ立てている」と話し、自分が感染したとは考えていなかった。しかし、病状は急速に悪化し、ジョアンナさんは「彼の体調がどんどん悪くなるのを見守るしか術がなかった」という。

何枚毛布を重ねても悪寒が収まらず、ついに呼吸困難に陥り、ジョアンナさんは救急車を呼んだ。ジョアンナさんは同乗が認められず、その後、病院から「これから検査をするがコロナ陽性とわかるまでは集中治療室には入れない」と連絡が入った。

結局、病院到着から10時間以上すぎて、アランさんは陽性と判明。しかし病院側から「肺の状態が悪く機能しておらず、間もなく亡くなるだろう。集中治療室にはもう移せない。」と告げられる。ジョアンナさんが「彼は一人で死ななければならないのか」と医師に尋ねると、医師は「さよならだけは言えると思います」と答えた。

病院に駆けつけたジョアンナさんは、警備員と押し問答の末、病院に入ったものの、中は大混乱で、病院側の言うことも二転三転した。医師に会い「容体が回復したので集中治療室に移れるかもしれない」と言われたジョアンナさんは、「早く移してください」と何度も懇願。アランさんは病院到着から14時間が経過した深夜2時30分にようやく、集中治療室に移されることになった。

疲れ果てて一旦自宅に戻ったジョアンナさん。そこに医師から電話があり、「アランさんは亡くなった」と知らされた。

「彼は死ぬ間際まで病院にも行けず、ようやく病院に行った後も集中治療室に入れず、14時間も待たされ、弱り果てていった。もし(もっと早く)集中治療室に入れていたらこの病気と闘えたかもしれない」
ジョアンナさんはこう無念の思いを綴った。濃厚接触者のジョアンナさんも検査は受けられないまま、アランさんがいなくなった自宅で「一人悲嘆にくれながら、自己隔離に入っている」という。

ジョアンナさんは「私は同情が欲しいわけではなく、この病気の真の姿と、この国がいかに準備不足かを皆さんに伝えたいのです」と訴えている。

03rock.jpg
娘・ローラさんのフェイスブックに記されたジョアンナさんの手記

重症患者が瀕死の状態で運ばれても、受け入れる集中治療室がない。医療現場は混乱し、命が選別され、助けられないと判断されれば患者は放置される。ジョアンナさんの手記にはニューヨークで起きた「医療崩壊」の壮絶な実態が描かれている。

「東京もこうなる。死んじゃだめだ」と言われている気がする

2rock.jpg

医療崩壊に巻き込まれたアランさんの最期について、TAROかまやつさんは「助かる命も助からなくなる。そういう中でなくなったのは悔しい、残念。」と無念の思いを語る。

そして「東京もニューヨークみたいになるから気をつけるんだ。おまえは絶対死んじゃだめだ、とアランに言われている気がする」と話す。

多くのミュージシャンが現在、活動の制限を余儀なくされ、TAROさんもコロナ阻止のために「Stay at home」を実践している。

01rock.jpg
2015年 ライブハウスの楽屋にて:「ヘイ、アラン!はやりの死に方したな」2人でそんな風に話している気がする、とTARO氏

父のかまやつさんが亡くなって以来、TAROさんは常々「向こうの世界ってどうなっているんだろう」と考えるようになったという。

「オヤジはアランに『ヘイ!はやりの死に方したな』と声をかけて2人で笑っているんじゃないかな。そう思わないと耐えられない」
TAROさんはこう話し、ロックをこよなく愛した伝説のミュージシャンを偲ぶ。

【執筆:FNNロンドン支局長 立石修】

https://news.goo.ne.jp/article/fnn
/entertainment/fnn-36113.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

エアロスミス、曲の無断使用でトランプ氏に抗議

d39da_1470_c0523270903f95da3e6d71be6627a4b1.jpg
ワシントン(CNN) 米国の人気ロックバンド「エアロスミス」のボーカリスト、スティーブン・タイラーさんは22日、トランプ米大統領が最近の政治集会開催に伴い同バンドの曲を無断使用としたとして弁護士を通じて停止を求める書簡を送付したとの声明を発表した。

22日送付の書簡は知的財産侵害行為の停止を求める趣旨となっている。書簡を受け取った24時間内に曲の使用停止に応じるかどうかの確認も求めている。

タイラーさんは声明で「民主党対共和党の問題ではない」と主張。「私の許可なく曲使用を誰にも許してこなかった。私の音楽は政治的活動や集会のためのものではない。現政権の誕生前から私は著作権や作曲家、作詞家を守るために闘ってきた」と強調した。

書簡では、トランプ氏陣営がエアロスミスの曲を許可なしに使用したのは過去にもあるとし、大統領選の本格的開始を控えた2015年に2度にわたって使用中止を求める書簡を送付したことにも注意を向けた。

また、「これまで何度も明確にしてきたようにトランプ氏は曲の使用で同意を得ており、自らの政権を承認しているかのような間違った印象を作り出している」とも批判した。

トランプ氏陣営は今回、21日に開いた政治集会の開始前、エアロスミスの曲「Livin’on the Edge」を流していた。

トランプ氏は2015年10月、エアロスミスの書簡を受け取った際、「スティーブン・タイラーの歌を使う合法的な権利を持っているが、彼は中止を求めた。より良い歌に代えたほうが良い!」とツイッターで主張。「彼は今回の歌の中止要請で過去10年で得た以上の宣伝効果を手にした。良かったな!」とも書き込んでいた。

CNN.co.jp

http://news.livedoor.com/article/detail/15200139/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「ベンチャーズ」ノーキー・エドワーズさん死去

m_20180313-567-OYT1T50123.jpg
2016年、来日公演を行ったノーキー・エドワーズさん(東京・赤坂で)=米田泰久撮影 【読売新聞社】

(読売新聞)

 【サンディエゴ(米カリフォルニア州)=田原徳容】「テケテケ・サウンド」などと呼ばれる軽快な演奏で知られる米国のバンド、ベンチャーズのギタリストとして活躍したノーキー・エドワーズさんが12日、手術後の感染症で死去した。

 82歳だった。ベンチャーズが公式ホームページで明らかにした。米紙ロサンゼルス・タイムズによるとアリゾナ州の病院で亡くなったという。

 ベンチャーズ最盛期の1960年代に在籍、サウンドの中心を担い、バンドは「ダイアモンド・ヘッド」「10番街の殺人」などの曲で人気を博した。日本のグループサウンズに影響を与え、エレキブームを巻き起こした。また、「二人の銀座」など、彼らの曲に日本語の歌詞を乗せた「ベンチャーズ歌謡」もヒットした。

 長年、日本ツアーを実施し2016年が最後となった。寺内タケシさんや加山雄三さんとも度々共演した。10年、バンドのメンバーとともに、旭日小綬章を受章。

https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/enter
tainment/20180313-567-OYT1T50123.html


R.I.P

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

米ロックミュージシャンのトム・ペティさん死去 66歳 家族が発表

R.I.P

7f214_1351_a3bb3324_86c23e34.jpg
米ロサンゼルスのステージで演奏するトム・ペティ(中央)。ジェフ・リンとダーニ・ハリスン(左)と(2017年2月10日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】(更新)米ロックミュージシャンのトム・ペティ(Tom Petty)さんが2日未明、心停止の状態に陥り、その後死去した。66歳。数時間前には米国のメディアが未確認情報として訃報記事を流していたが、遺族がペティさんの死を確認した。

 家族は、「私たちの父、夫、きょうだい、リーダー、そして仲間であるトム・ペティの早過ぎる死を報告するに当たって打ちのめされています」との声明を発表した。

 ペティさんは2日未明、米カリフォルニア(California)州マリブ(Malibu)の自宅で心停止の状態に陥った。

 声明によると、ペティさんはすぐにロサンゼルス(Los Angeles)の病院に搬送されたものの蘇生することがかなわず、同日午前8時40分に「家族やバンドのメンバー、友人らに囲まれて安らかに息を引き取った」という。
【翻訳編集】AFPBB News

http://news.livedoor.com/article/detail/13697871/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ