大盛りあがりGO インターネット関連(ブログ、掲示板、SNS)
FC2ブログ

ソフトバンク 携帯メール1030万件消失 システム不具合で

K10011639891_1809211926_1809211927_01_02.jpg

NHKニュース&スポーツ

通信大手の「ソフトバンク」は、電子メールのシステムの不具合で利用者あてに届いたメールが、誤って「迷惑メール」として処理され、およそ1030万件のメールが消失したと発表しました。

ソフトバンクが誤ってメールを消したのは、今月17日、午前10時50分ごろから18日の午前9時15分ごろまでの間で、ソフトバンクの携帯電話のEメールや、ソフトバンクが展開するワイモバイルのEメールの一部です。

この間、企業で使われるドメインの「.co.jp」を含んだメールのうち、およそ1030万通が受信できないようになっていました。

ソフトバンクでは、迷惑メールと判断されたメールについては、利用者への受信を自動的にブロックし、すぐにデータが消されるようになっていて、影響は、迷惑メールフィルターを設定していた利用者、およそ436万人に及ぶとしています。

利用者から「送ったはずのメールが届いていない」という問い合わせがあり、会社が調査した結果、システムの不具合で送られたメールを誤って迷惑メールとして判断し処理していたことがわかったということです。

ソフトバンクでは「このような事態が発生したことを重く受け止め、再発防止策の徹底を図り、サービスの安定的な運用に向けて全力で取り組んでいきます」としています。

https://news.goo.ne.jp/article/nhknews/
nation/nhknews-10011639891_20180921.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ブログ黎明期を支えた「はてなダイアリー」が2019年春に終了へ

m_cnet-35124857.jpg
ブログ黎明期を支えた「はてなダイアリー」が2019年春に終了へ

(CNET Japan)

 はてなは8月30日、ブログサービス「はてなダイアリー」のサービスを、2019年春をめどに終了すると発表した。

 はてなダイアリーは、2003年にローンチしたブログサービス。あらかじめユーザーが登録した文中のキーワードが、同社のサービス「はてなキーワード」とリンクするのが特徴だ。はてな サービス・システム開発本部長の大西康裕氏は、はてなダイアリー終了に関するブログを投稿し、「はてなキーワードを介して日記と日記が繋がるという新しい体験を提供し、日本のブログサービスの黎明期を牽引してきたと自負している」とコメントしている。

 今回のサービス終了に至った経緯について、大西氏は「はてなダイアリーを支えるシステムがレガシー化し、今後の継続的な運用がより困難になってきている」とする。同社は、2011年にブログサービス「はてなブログ」をリリースしており、ユーザー数もすでに、はてなブログがはてなダイアリーを上回っているという。この2つのブログサービスを継続するよりも、はてなブログにリソースを集中させる方がユーザーの利益になると判断し、サービス終了を決断したとしている。

 同社は、はてなダイアリーのサービス終了に際し、はてなブログへの移行や、他社ブログサービスへの移転を呼びかけている。はてなブログへの移行は、公式でインポート機能を提供している。また、サービス終了までにはてなブログへの移行を実施しなかった場合でも、公開済みのデータは閲覧が可能な状態とすることを予定しているという。

 はてなダイアリー終了後のサービス展開について大西氏は、「新しい価値の提供の第一歩」として、「はてなキーワード」の改修計画について触れた。ブログサービスを統合する過程において、仕組みの複雑化により開発が止まっていたというはてなキーワード。これを改修することで、「キーワードによって『ブログ同士を繋ぐ』を体験をさらに進化させたい」と述べた。

https://news.goo.ne.jp/article/
cnet/trend/cnet-35124857.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「フリーWi-Fi」に接続するとき警告を受けたけど、だいじょうぶ? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

612b9_1223_bd621ce6_cca0dccf.jpg
画像提供:マイナビニュース

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『「フリーWi-Fi」に接続するとき警告を受けたけど、だいじょうぶ?』という質問に答えます。

***

空港や鉄道の駅など、人が集まる公共の場でよく見かける「フリーWi-Fi」。文字どおり無償利用できるWi-Fiサービスで、ありがたい存在です。最近の公共施設はセルラー回線(キャリアの通信回線)が整備されているもので、日本のスマートフォンユーザにとって必須というほどではありませんが、外国人観光客などセルラー回線契約を持たない人にとってはオアシスのような存在に映るかもしれません。

そんなフリーWi-Fiの多くには「鍵」がありません。ここでいう鍵とは、通信内容が暗号化され利用開始時にはパスコードの入力が求められることで、セキュリティで保護されたネットワークであることを意味します。フリーWi-Fiは一時的・短時間に利用されることが多く、安全性より利便性を重視してか敢えて「鍵なし」に設定しているのです。

「鍵なし」のネットワークに接続すると、『設定』→「Wi-Fi」の画面には「セキュリティに保護されていないネットワーク」と表示されます。その情報画面を表示すると、「公開ネットワークはセキュリティを提供しないため、すべてのネットワークトラフィックが外部にさらされます」という警告文を確認できます。

そんなフリーWi-Fiが安全かどうかといえば、「安全は保証されていない」ことは確かです。誰でもパスコードなしで利用できますから、他人の通信内容を傍受する目的で(同じネットワークに)接続している人がいるかもしれません。仕事関係のメールなど機密性の高い情報を送受信するのは避けたほうがいいでしょう。

とはいえ、iPhone(iOS)自体の安全性が低下するわけではありません。現在提供されているiOSに重大なセキュリティホールが存在しているのならばともかく、いきなりネットワーク経由で侵入される/乗っ取られるわけではないので、WEBページを検索したりネット動画を楽しんだりといった用途であればフリーWi-Fiも役立ちます。もっとも、フリーWi-Fiは混雑していることが多く、動画のような大量のデータを扱うサービスは快適に利用できないかもしれません。
マイナビニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/15213231/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

2002年に登場した「着うた」はなぜ爆発的に流行り、そして廃れたのか

2a7c5_1275_4c2234f1_73d1f7dd.jpg
『ケトルVOL.44』(ゼロ年代音楽特集号、太田出版)

今や携帯電話が1人1台の時代になり、相手がどこにいても連絡が取れるようになったことで、人間関係のあり方は大きく変わりましたが、携帯電話の普及が変えたものはそれだけではありません。例えば、携帯電話でダウンロードする音楽配信サービス「着うた」は、音楽のあり方を大きく変えました。

ゼロ年代の日本の音楽シーンを振り返るうえで欠かせない「着うた」。2002年に始まった当初は、通信速度の関係で40秒程度しか配信できず、「着メロ」の豪華版といった位置づけでした。しかし、au専用のサービスとして始まった「着うた」は、ユーザーの支持が予想以上だったため、1年後には他キャリアも参入します。そして2004年に1曲丸ごとを配信する「着うたフル」が始まると、帯域の拡大もともない市場が大きく成長。サービス開始から5年後には、1000億円を超える巨大市場に発展しました。

海外で主流だったiTunesMusic Store も日本で始まっていたものの、著作権や契約の関係から、メジャーな邦楽アーティストがあまり参加していませんでした。その一方、日本発の配信プラットフォームである「着うた」には、そのほとんどが登録されていました。そのため、携帯電話という身近な端末で音楽を聴きたい若いユーザーを惹きつけることに成功し、これだけの市場規模に発展したのです。

しかし2008年にiPhone が日本に上陸すると、音楽をクラウドで管理し、いつでもどこでも自分のライブラリーにアクセスして好きな曲を聴くといった聴き方が可能になりました。そのため、ダウンロードして端末に保存しなければならない「着うた」がユーザーにとって不便なものになってしまい、急速に市場が収縮していきました。

その後、ゼロ年代に隆盛を誇った「着うた」も、「音楽をめぐる環境が急激に変化する中、ここを一旦の区切りと致します」というコメントを残して2016年にサービスを終了。その際に発表された累計ダウンロード数ランキングによると、もっともダウンロードされた楽曲は2008年リリースのGReeeeN「キセキ」で、もっともダウンロードされたアーティストはEXILEだったそうです。

◆ケトル VOL.44(2018年8月17日発売)

http://news.livedoor.com/article/detail/15211927/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「爽健美茶や十六茶は流産の危険」SNSで誤情報拡散 コカ・コーラが否定「妊婦の方にも安心してお楽しみいただけます」

3f5e0_1500_1e27ebe5_442041f2.jpg
画像はイメージ

「爽健美茶」や「十六茶」にはハトムギが入っているため、妊娠初期に飲むと流産の危険があるというSNS投稿が拡散し、不安の声などがあがっている。「爽健美茶」の発売元の日本コカ・コーラは取材に対し、「どなたにも安心してお召し上がりいただける」とこの噂を否定した。

Twitterで拡散している情報は、「マタニティマークつけている方が爽健美茶をガブガブ飲んでいたので必死に止めました。カフェインゼロですが爽健美茶、十六茶には「ハトムギ」が入ってます!妊娠初期の方は流産の危険があります!ハトムギは赤ちゃんをイボと同じ異物と判断して身体から排出しようとします!」というもの。「もうよっぽどじゃない限り飲みません」といったコメントや根拠を求める声が寄せられ、一連の投稿は5000回以上リツイートされている。

根拠について投稿者は、ハトムギ(ヨクイニン)の入っている市販薬を例に挙げ「安全性は確立していない」との記載があると説明。なお、情報元については「母やお婆ちゃんからこの知恵は受け継ぎました。いわゆる『お婆ちゃんの知恵袋』昔からの経験値に基づいた物です」とのこと。注意喚起のために投稿したため、「妊婦さんを不安にさせるな、という批判は、検討違い」としている。

情報の真偽について24日に日本コカ・コーラに確認したところ、「『爽健美茶』は、どなたにも安心してお召し上がりいただけるよう設計したブレンド茶です」とのこと。妊娠初期でも安心して飲めるということかとの質問には「もちろんです」と答え、SNSで拡散している情報を否定した。「爽健美茶」の公式サイトにも、「お子様から大人の方、また妊婦の方にもご家族みんなでいつでも安心してお楽しみいただけます」と記載している。

また、投稿を目にした医療従事者も流産の危険性を否定。産婦人科医の宋美玄氏は、流産のほどんどは染色体異常で受精時に決まっているとし、「普通にペットボトルで飲む量で流産はしないし、カフェインもコーヒー2-3杯くらい大丈夫だし、ガセネタまで気にしたら何も飲食できなくて栄養失調になるから有害」とコメントしている。複数の薬剤師も「はと麦茶、ブレンド茶程度ではどうにもならない」などと指摘。「『あれも駄目これも駄目』というストレスが過度に大きくなることで妊娠に悪影響を及ぼすこともあります。心安らかにバランスと消化の良いものを美味しく食べるのが大切と思います」といったアドバイスも寄せている。

BIGLOBEニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/15206570/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

5WAYS TO PROFIT WITH ARBITAO

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ