大盛りあがりGO 漫画・アニメ
FC2ブログ

初期『サザエさん』の過激描写に騒然!カツオの首絞めにフネの刃傷沙汰、波平へのガン宣告 1

0d3ad_782_1c744e63_4b88aa3f.jpg
押し売り相手にバットを持ったサザエは…

これまで再放送や映像ソフト化されてこなかった、アニメ『サザエさん』の初期作品群が、フジテレビの運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信中。現在視聴できるのは1969年10月5日に放送された第1回から第53回までの中から、抜粋された50回分。FODでは、これ以降の作品も随時配信していく予定だ。

現在放送中のものとは作風や表現が異なることから、インターネット上で大きな話題となっている初期『サザエさん』。第1回が放送された1969年当時は、まだ長谷川町子による原作漫画が朝日新聞にて連載中で、アニメも原作の持つ雰囲気を色濃く反映させたものになっている。

アニメの第1回は、「75点の天才」「押売りよ こんにちは!!」「お父さんはノイローゼ」の3本立てで、記念すべき1話の「75点の天才」では、サザエやカツオなどを筆頭に、ペットのタマも含めたサザエさん一家が総登場。それぞれがキャラクター性を発揮した、実質的な“お披露目回”といえる。

ただし、現代と比べると演出はかなり過激。開始わずか1分30秒でカツオがボコボコにされたり、磯野家を訪ねてきた親戚筋のハマ子おばさんがカツオに縄で首を締められ、顔を真っ赤にしたりするなど、初期はギャグ漫画色が強く、暴力&過激描写も頻出。波平宛のラブレターを見つけたフネが怒りにまかせてハサミをチョキチョキさせながら波平を追いかけ回したあげく、最後は馬乗りになって波平の1本しかない貴重な髪の毛を刈り取ろうとするシーンなどは、今見るとハラハラしてしまう。また、タマも現在のかわいいイメージからはかけ離れており、凶悪な表情で磯野家に住みつくネズミと『トムとジェリー』ばりの攻防戦を繰り広げる。

また原作に準じるかのようにブラックジョークも散見される。「お父さんはノイローゼ」では、早朝から庭で体操をする波平に、カツオがハタキの柄をボキッと折って、波平に背骨を折ったと勘違いさせるいたずらを敢行。この時点ですでに冗談が過ぎるが、さらに物語はエスカレートしていく。ドタバタに巻き込まれて寝込んだ波平に対し、サザエが家庭用の医学書を片手に診察し、あろうことか「ガンよ、ガンの症状!」と勝手に診断。不安を募らせた波平は病院へ行き、そこでさらに誤診されるという、破天荒なストーリーが展開していく。

初期は、放送禁止用語や過激な描写などが続出するため、現在の『サザエさん』に慣れていると、少々面食らうかもしれないが、それでも見逃せない部分も多い。オーバーなデフォルメ描写やキャラクターの表情の豊かさなどは、50年前の作品ながら今見ても新鮮に映るはずだし、声をあてる名優たちの演技もユーモラスで、つい笑ってしまう。

また、現在の『サザエさん』でも使われている宇野ゆう子の歌うOPテーマの『サザエさん』とEDテーマの『サザエさん一家』にも注目したい。一部、1番と2番の歌詞を入れ替えていたりはするが、大筋でほとんど変更されていないOPやEDはファンならずとも必見。今と変わらないメロディが国民的アニメの持つ普遍的な魅力を伝えている。
テレビドガッチ

http://news.livedoor.com/article/detail/15854710/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

今年で放送50周年『サザエさん』 近々高齢キャスト入れ替えの噂?

04476724.jpg
画像はイメージです

 今年10月で放送開始50周年を迎えるフジテレビのアニメ『サザエさん』。若者のテレビ離れが進む今も、視聴率は常時10%を超える、いわゆる「怪物番組」。そんな「怪物」もついに50年の大台に乗ることになる。

 2018年はメインスポンサーであった東芝の経営悪化により、CM提供企業が大幅に変わった。番組史上初のデータ放送も実施されるなど、変わらない作風ながらも地味に進化してきた『サザエさん』だが、2019年には、さらなる進化が見られるのではないかと噂されている。

 まず噂されるのが、50周年を記念したサザエさんの特別番組である。あまり大々的ではないが、メモリアルイヤーになるとスペシャル版を制作・放送することがある。1989年の20周年時には1時間スペシャルが、2009年の40周年には実写版含めて2時間30分のスペシャル、さらに45周年時となった2013年には同じく実写版含めて2時間30分のスペシャルが制作された。

 そのため、今年50周年も2時間以上のスペシャル版が制作されるのではないかと噂されており今から注目されている。今年1月6日の放送は1時間スペシャルだ。10月にはさらなる「拡大」も期待できるだろう。

 一方、『サザエさん』には心配事もあるという。1969年の放送開始から現在まで、変わらずにキャラクターを演じ続けているのはサザエさん役の加藤みどりと、タラちゃん役の貴家堂子のみであり、加藤は今年で80歳、貴家も78歳となる。特に2010年以降はキャストの高齢化が目立ち、放送開始当初から波平を演じ続けていた永井一郎さんは2014年に急死。翌2015年には同じくフネ役を務めていた麻生美代子さんが降板(2018年に死去)するなど、暗い話題も続いている。

 そのためか、最近では50周年という節目を迎えるにあたり「高齢キャストの勇退」「世代交代」などがあるのでは、という噂もある。

 2013年9月には、ギネスワールドレコーズ社より「史上最も長く放映されているテレビアニメ番組」として認められたサザエさん。すでに前人未到の域に達しているだけに、どのような形で50周年を迎えるのか注目される。

https://npn.co.jp/article/detail/04476724/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

NHK「チコちゃんに叱られる!」が初の漫画化!来年1月から「月刊コロコロコミック」連載決定

s_sponichi-spngoo-20181202-0139.jpg
チコちゃん

(スポニチアネックス)

 NHKの人気情報バラエティー番組「チコちゃんに叱られる!」(金曜後7・57、再放送土曜前8・15)が初めて漫画になることが2日までに分かった。来年1月15日発売の「月刊コロコロコミック」(小学館)2月号から連載されることが決まった。

 今年4月にレギュラー化されたクイズ番組。ちょっと毒舌な5歳の女の子「チコちゃん」が投げ掛ける日常生活の素朴な疑問を、大人の出演者に聞き、答えられないと、チコちゃんが「ボーッと生きてんじゃねーよ!」と叱りつける痛快なやり取りが幅広い世代に大ウケ。「ナインティナイン」の岡村隆史(47)が司会を務め、お笑い芸人の木村祐一(55)がチコちゃんの声を担当。高視聴率をマークしている。

 公式サイト「コロコロオンライン」によると、漫画の担当は今作がデビュー作となる住吉リョウ氏。“漫画版チコちゃん”のイラストも掲載されている。

 同サイトは「日本一有名な5歳時がボーッと生きている大人たちを叱る!爽快まんががコロコロテイストで大登場!」「流行語にもなっているあの名台詞、コロコロでも炸裂するのか…!?」「どんな知識を披露してくれるのか!?ギャグにも乞うご期待!」と告知。どのような漫画になるのか、注目される。

https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/enter
tainment/sponichi-spngoo-20181202-0139.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ゴルゴ13:休載なしで連載50周年 永井豪のパロディーも復刻

m_mantan-20181123dog00m200042000c.jpg
「ゴルゴ13」が連載50周年を迎えたマンガ誌「ビッグコミック」23号の表紙

(MANTANWEB)

 さいとう・たかをさんの人気マンガ「ゴルゴ13」が、24日発売の連載誌「ビッグコミック」(小学館)23号で連載50周年を迎えた。1968年の連載開始から一度も休載せずに50周年を達成するという快挙を成し遂げた。

 同号は、実写映画版で主演を務めた故・高倉健さんのイラストが表紙を飾り、「ゴルゴ13」の第585話が掲載された。また、お笑いタレントのケンドーコバヤシさんや東野幸治さん、お笑いコンビ「ペナルティ」のヒデさんが選ぶ「マイ・ベスト・ゴルゴ」も紹介された。また、マンガ家の永井豪さんが70年代に描いたパロディーマンガ「ゴルゴ171819(ハイティーン)」も復刻掲載された。

 「ゴルゴ13」は、天才的な腕前のスナイパーが、依頼人から持ち込まれた任務を冷徹に遂行する……というストーリー。

https://news.goo.ne.jp/article/mantan
/entertainment/mantan-20181123
dog00m200042000c.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

仏で加速する日本漫画人気 過去最多規模、漫画専門店も

796120_321157-image_full.jpg
 「バンド・デシネ」(B(ベー)D(デー))という独自の漫画文化を持つフランスで、日本の漫画の人気が加速している。昨年1年間の売り上げは1500万部を突破し、過去最多規模に。パリの書店には日本漫画専門のコーナーも設置された。一過性のブームにさせないため、日本側も定着へのさまざまな取り組みを実施している。(本間英士)

 ストーリーに魅力

 パリ中心部の学生街、カルティエラタン。その近くには日本漫画専門店「HAYAKU(ハヤク) SHOP(ショップ)」がある。仏語訳された漫画約6千冊が並び、日本の書店かと見間違うほどだ。バスチーユ広場に近いケレ通りにも漫画専門店やコスプレ専門店が並ぶ。パリ市内では仏語訳をそろえた漫画喫茶もできたという。

 こうした現象は“日本マニア”向けの店だけではない。パリ中心部にある仏総合チェーン「フナック」レ・アル店では、BDと併設する形で「MANGA」コーナーを設置。年代や人種を問わず、多くの人が日本漫画を手に取っていた。店員のダヴィド・オーヴュレさんは「日本漫画はBDとも、米国のアメコミとも全く違う。芸術性に重きを置くBDよりカジュアルに読め、ストーリーに独特の魅力がある」と語った。

 浮世絵受容と類似

 フランスでの日本漫画市場は好調だ。仏メディアによると、昨年は仏国内で1500万部の日本漫画が販売され、3年間で10%近い伸びを見せた。仏AFP通信は「フランスは日本に次ぐ漫画大国」と表現する。

 隣国の英国やドイツでは、日本漫画はここまで浸透していない。なぜフランスではここまで受け入れられているのか。日仏両国の文化事情に詳しいキュレーター、佐藤ジュリアンさん(36)は「もともとフランスにはBDの文化が根強く、漫画を受け入れる素地があった」と指摘する。

 フランスで日本漫画が広がり始めたのは1990年代。ジュリアンさんは、この歩みが19世紀後半、画風の全く異なる日本の浮世絵が仏社会に受け入れられた過程と重なると指摘したうえで、「個人主義のフランスでは、仲間と協力して勝利を目指す日本漫画が新鮮に映った。若いフランス人は何らかの形で日本の漫画やアニメに親しんでいる」と断言する。

 日本語教育に注力

 その一方で、絶大な人気を誇った『NARUTO』の連載終了など、今後には不安要素も残る。国際交流基金ジャポニスム事務局の増田是人事務局長は「一過性のブームで終わらせてはならない」と強調する。

 外務省関係者によると、フランスではビジネスに有利な中国語を子供に習わせようとする親が多い。だが、当の子供たちの間では「漫画やアニメを見たい」との理由で、むしろ日本語学習のモチベーションが高まっているという。

 国際交流基金は、現地の子供に日本語を教える機会を設けるなどの啓発活動に力を入れる。増田さんは「重要なのは『教育』だ。今後も日本語や日本漫画に親しむ機会を作っていきたい」と意気込みを語った。

https://www.news-postseven.com
/archives/20181104_796120.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★新・これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

5WAYS TO PROFIT WITH ARBITAO

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ