大盛りあがりGO 芸能ニュース・総合
FC2ブログ

『家なき子』『聖者の行進』…名作ドラマを再放送できぬ事情

s_postseven-1561032.jpg
長渕剛の名作『とんぼ』も再放送されない作品の1つ(VHSパッケージより)

(NEWSポストセブン)

 4月に再放送されたドラマが、軒並み高視聴率を記録している。『ハケンの品格 2007特別編』(日本テレビ系)は平均視聴率10.6%、『BG〜身辺警護人〜傑作選』(テレビ朝日系)は同10.8%、『JIN-仁-レジェンド』(TBS系)は同11.2%と、2桁超を連発。テレビ東京は5月2日、公式アカウントで、「もう一度見たいテレ東深夜ドラマ」のアンケートを開始した。

 製作費は事実上“ゼロ”。濡れ手で粟のテレビ局は大喜びかと思いきや、「再放送作品を選ぶのが大変なんです……」と嘆息するのは、あるキー局編成スタッフだ。“様々な理由”から「視聴率を稼げるのに再放送できない人気ドラマ」が多いのだという。

 例えば安達祐実主演の『家なき子』(1994年・日テレ系 最高視聴率37.2%)。「同情するなら金をくれ!」のセリフは社会現象にもなったが、地上波での再放送は一度もない。

「不幸な境遇の安達がけなげに生きる姿が共感を呼びましたが、いまの時代では、安達へのいじめ描写が貧困家庭への差別を助長しかねないとして、再放送には慎重になっている」(日テレ関係者)

『家なき子』と同じ野島伸司氏の脚本作品『聖者の行進』(1998年・TBS系 最高視聴率22.1%)も同様だ。知的障害者をテーマにした意欲作だったが、暴力やレイプシーンが頻出し、放送途中でスポンサーが降板する事態に発展した。

「DVD化はされたものの、再放送は一度もなし。主役のいしだ壱成、相手役の酒井法子がともにその後、不祥事を起こしたこともあり、再び地上波で流れる可能性はほぼないでしょう」(TBS関係者)

 1980年代の人気作品も局側を悩ませている。斉藤由貴主演の『はいすくーる落書』(1989年・TBS系 最高視聴率19.9%)は、当時人気絶頂の斉藤が新米教師役を務め、主題歌(ザ・ブルーハーツ『TRAIN-TRAIN』)が大ヒットするなど話題を呼んだ作品だが、ドラマの設定が再放送のネックになっているという。

「赴任先の工業高校で不良生徒とぶつかり合いながらも互いに成長していく青春ドラマだったのですが、この工業高校を劣悪な環境として描いたことで、全国工業高等学校長協会から抗議があったんです。続編のパート2は工業高校から普通高校に設定を変更しましたが、再放送はされていません」(ドラマ評論家の成馬零一氏)

 長渕剛主演の『とんぼ』(1988年・TBS系 最高視聴率21.8%)は、同名主題歌が100万枚を超えるヒットとなるなど、「役者・長渕」の代表作といえるドラマだが、これまで再放送はされていない。

「ヤクザが主人公という設定が問題視されている。根底に流れるのは人間愛ですが、ヤクザを美化しかねない内容が暴力団排除条例を重んじる今の時代にそぐわない」(前出・TBS関係者)

 一方、ヤクザと対極にいる警察ドラマでも再放送しにくい作品があるという。

「『西部警察』(1979年・テレ朝系)を始めとする石原プロ作品は、いまも根強い人気を誇りますが、派手な銃撃戦や暴力シーンを地上波で流すのは難しい。とくに渡哲也の『大都会』(1976年・日テレ系 最高視聴率25.0%)は、刑事役の渡率いる『黒岩軍団』の犯人への暴力描写が激しく、再放送は至難だとされている」(テレビ誌記者)

 テレビ解説者の木村隆志氏が語る。

「近年は作品のテーマや本質、前後の文脈を無視して、シーン一つを切り取ってスポンサーにまでクレームを付ける視聴者が増えた。いじめ、暴力、酒、タバコなど、作品に必要なシーンであっても何がやり玉に挙げられるか分からない時代なので、局側はトラブルを避けるべく自主規制している部分も大きい」

※週刊ポスト2020年5月22・29日号

https://news.goo.ne.jp/article/postseven/
entertainment/postseven-1561032.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

吉村知事なぜいつも作業着?「スーツ好きじゃない」

s_f-so-tp0-200510-202005100000247.jpg
大阪府の吉村洋文知事(2020年5月7日撮影)

(日刊スポーツ)

大阪府の吉村洋文知事(44)が、10日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」(日曜午後1時30分=関西ローカル)で、25年開催予定の大阪万博について言及した。同番組は、大阪市内で8日に収録されていた。

万博をめぐっては、新型コロナウイルスの影響で、ドバイ万博が1年延期となっている。25年大阪万博について、吉村知事は「必ず実現させようと思っています。5年先なんで実現できると思っています。ワクチン、治療薬ができれば乗り越えられる」と話した。

吉村知事は左胸に「EXPO2025」とデザインされた作業着をいつも着用している。その理由は「スーツが嫌いなんですよ」と説明。昨年の夏も万博のマークがついたポロシャツを着ていたという。「宣伝してるふりして、実際はスーツとかが好きじゃない」と明かした。

司会の辛坊治郎氏(64)から「そこそこ古くから存じ上げてるけど、ファッションセンスがない人です」と言われると、吉村知事は「1回服買ったら、5年か10年着ますからね」と笑わせていた。

https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/
politics/f-so-tp0-200510-202005100000247.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

キャスト全員爆笑!「浦安」MEGUMIのアドリブ合戦が大反響

kojihugy.jpg

(女性自身)

タレントで女優のMEGUMI(38)が5月8日深夜放送の『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系)の第5話に出演。関西人のドケチ家族・西川家の母役として登場し、当たりの強い関西弁でマシンガントークを展開。ネット上で大きな反響を呼んでいる。

話題となったのはスーパーのレジでのシーン。水野美紀(45)演じる大沢木順子が並ぶ列に、上下ピンクのジャージにヒョウ柄のカバンを持った西川母がいきなり割り込み。コテコテの関西弁で、店員に無茶な値引きを迫る。割り込みを注意した順子に対しては、関西弁を捲し立て無茶苦茶な理屈で自分を正当化。最後は「はい、論破〜!」と強引に口論を終わらせ、順子らまわりの主婦を圧倒させていた。

このMEGUMI演じる個性の強い関西の主婦「西川母」がネット上で大きな反響を呼び、“MEGUMI”がリアルタイムトレンドにランクイン。

《MEGUMIちゃんの関西弁、巻き戻して何回も見ちゃった。ジワジワくる…笑》 《MEGUMI姐さんと呼びたいですw》

それに加えて視聴者からはかつてMEGUMIが演じて好評だった『スカッとジャパン』(フジテレビ系)内での「嫌われて当然のイヤなママ」役の“ふてぶてしさ”と似ているとして、その再来を喜ぶ声も。さらには個性の強いキャラクターを怪演するMEGUMIの演技力の高さについて、評価する声も多くあがっていた。

《今回のブッとんだ役も、まさにMEGUMIショーだった。この感じスカッとジャパンでよく見たな〜ノリにノッてるヤツ〜。MEGUMI様、ほんっと最高〜!!》 《MEGUMIがかつて時代を築いたグラビアイドルであったことも、良い意味で忘れられかけているよな、、もう完全に女優になっている》

そして番組後半の大沢木家と西川家の野球ゲーム対決のシーンでは、試合中に西川母が父役のバッファロー吾郎A(49)に「好きやで」とアドリブと思われるセリフを投入。水野演じる順子をはじめとしたキャスト全員が思わず笑い出してしまうNGのような場面がそのまま放送され、ここでも大きな反響が。

《アドリブとNGシーンそのまま流してるから面白い!もうドラマというよりコントww》 《やばい!水野美紀とMEGUMIが演じながらこらえ切れずガチ笑いしちゃってるし!大丈夫か?笑》

また主演の大沢木大鉄役の佐藤二朗(51)はリアルタイムでツイッターを更新。「てか、俺をアドリブアドリブ言う方々、今のシーン見た?ホント俺だけ、俺だけ台詞通りよ。バァファロー吾郎Aさん、MEGUMIちゃん、水野美紀ちゃん、感性と技術ある方々が存分にアドリブ合戦。俺は何もしてない。彼らのこういうのを、アドリブと言うのです」とコメントし、アドリブ合戦の裏側を解説していた。

原作漫画に引けを取らない自由奔放な演出がネット上で更なる反響を呼び、“浦安鉄筋家族”もトレンドにランクイン。自粛モードで滅入る気持ちを晴れ晴れとさせてくれる笑いあふれる「家族ドラマ」を絶賛する声があがっていた。

《浦安はとことん馬鹿でぶっ飛んでて面白い(アドリブだったり、素で笑ってるのも面白い)でも家族愛だったり友情だったりが臭くない程度に盛り込まれててジーンときちゃう》 《浦安のアドリブ的なのがいい(笑)浦安みてると、気分晴れる。というか、平和感!!ラストは泣き笑い出来るし!こんな家族ならステイホームでも楽しいだろうなぁ…》

https://news.goo.ne.jp/article/jisin/enter
tainment/jisin-https_jisin.jp_p_1857694.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

マドンナ、抗体検査で陽性「明日は別の日になる」

s_f-et-tp0-200501-202005010000335.jpg
マドンナ(16年2月撮影)

(日刊スポーツ)

米歌手マドンナ(61)が4月30日、新型コロナウイルスの抗体検査を受けて陽性だったことを公表した。

「検査を受けて抗体があることが分かった。だから明日はロングドライブに出かけて、窓を開けて息を吸うわ。新型コロナウイルスの空気をね」と語るインスタグラムで動画を公開した。

抗体検査で陽性反応が出たということは、新型コロナウイルスに過去に感染していたことになり、「明日は別の日になる。目が覚めたら、違った風に感じると思う」と語っている。

世界保健機関(WHO)は抗体を持つ人が再び感染しないという証拠はなく、再感染する可能性もあると警告している。抗体検査をいつ受けたのかや、受けた理由などは明かしていない。マドンナは新型コロナウイルス感染拡大について、「金持ちだろうと有名人だろうと関係なく感染する。平等をもたらすのは素晴らしい」とSNSで語って炎上していた。

https://news.goo.ne.jp/article/nikkangeinou/enter
tainment/f-et-tp0-200501-202005010000335.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「ドラマ再放送」できる、できないの境目は? 法的プロセスを弁護士に聞いた

86a61_80_52c9cd62_1ed26174.jpg
再放送にもいろいろなハードルが

新型コロナウイルスの影響で番組収録が進まないテレビ界では、過去の番組の再放送・再編集で番組表を埋めている。とりわけ特別編が放送されている「野ブタ。をプロデュース」(2005年放送、日本テレビ系)は高視聴率を記録し、関東地区で第1話は11.0%、第2話は10.9%だった。本作が話題になった理由の一つが、芸能界引退した堀北真希さんがヒロイン役で出演していたため。視聴者からは「真希ちゃん」がもう1度見られてうれしいという感想の他にも、「よく許諾が取れた」という驚きの声も出ていた。

「野ブタ。」の他にも懐かしい人気ドラマを見られる可能性に期待する視聴者もいるが、再放送できる・できないのハードルはどこにあるのだろうか。J-CASTニュースは、芸能関係に詳しいレイ法律事務所の河西邦剛弁護士に取材した。

俳優は皆「実演権」を持つ
河西弁護士によると、テレビドラマの著作権は通常、放送するテレビ局が持つ。エンドロールで制作・著作と表示される局だ。

俳優には、著作権に隣接する権利である著作隣接権として「実演権」があり、これは役の大小に関係なく、出演する全ての俳優が持っている。

すると、再放送の場合にはこの実演権をクリアにするために、再放送を希望する局は、芸能事務所に許諾を得て使用料を支払うのが習慣だそうだ。実演権を所管するのは、収録当時に所属していた事務所であり、また本人が収録時にフリーランスであれば俳優本人と交渉するだろうと河西弁護士は解説した。

このような俳優の著作隣接権などを管理するために、一般社団法人の映像コンテンツ権利処理機構(aRma)があり、使用料の交渉などを行っているという。

エキストラを除いて、出演する全ての俳優が実演権を持っているので、所属事務所全てに対して許諾を得なければならない。したがってどこか1か所でも交渉が成立しなければ再放送はできない。「その人の出演場面だけカットする方法もありますが、現実的ではないでしょう」(河西弁護士)とも。また他にも脚本家・原作者・劇中曲の歌手・レコード会社にも許諾と使用料が必要になるとのことで、再放送のハードルは低くはなさそうだ。

引退よりも「面倒な」ケースとは
では、俳優が引退している場合はどうなのか。その場合でも当時の所属事務所から許諾が得られればよく、俳優本人に許可を取らなくともよいだろうとのことだ。引退しているか否かは、再放送の難易度に「直接は関係ないでしょう」(河西弁護士)とのこと。出演俳優が引退していても、事務所との間で許諾と使用料の交渉ができていればOKなためである。出演俳優が不祥事を起こした作品であっても、制作局と所属事務所でこのように合意が成立すれば放映は可能だ。

したがって、引退した江角マキコさん主演の「ショムニ」や、麻薬取締法違反で逮捕・引退状態の沢尻エリカさん主演の「1リットルの涙」(いずれもフジテレビ系)も権利的なハードルだけならその他の作品と変わらない。

むしろ、俳優が収録時から所属事務所を移籍している場合の方が厄介ではないかと河西弁護士は指摘した。現所属の事務所と、旧所属の事務所で交渉が必須になるためだ。現事務所が窓口となって旧事務所と使用料を協議する必要があり、いわば俳優の「価値」を双方の事務所がどう推し量るかで、交渉が成立しない場合もあり得る。様々な事情をクリアして、名作の再放送は実現しているというわけだ。

J-CASTニュース

https://news.livedoor.com/article/detail/18178613/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

これぞ究極!極撰競馬投資法~私が競馬で安定して稼ぎ続けている方法

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ