大盛りあがりGO 阪神タイガース
FC2ブログ

阪神が執念の1勝!大山が値千金の決勝弾 藤川が炎のイニングまたぎ 巨人3勝1敗に

s_20191011151.jpg
9回、勝ち越しソロを放ち、笑顔で生還する阪神・大山悠輔(右)=東京ドーム(撮影・出月俊成)

(デイリースポーツ)

 「セCSファイナルS・第3戦、巨人6−7阪神」(11日、東京ドーム)

 崖っぷちに追い込まれていた阪神が、執念の1勝。アドバンテージを含めて1勝3敗とした。

 4時間超の大熱戦にけりをつけた。6−6で迎えた九回、大山が大仕事をやってのけた。先頭で打席に入ると、中川から右翼席最前列に決勝アーチをたたき込んだ。虎党はお祭り騒ぎ。八回から登板した藤川が九回も締め、逃げ切った。

 九回、大山が迎えた第5打席。左腕・中川との対戦で1ボール2ストライクから4球目。外角低めのスライダーをフルスイングした。シーズンを通じて取り組んできた「逆方向に強く打つ」形。「なんとしても塁に出ようと思った結果が、最高の形になりました」と振り返った。前夜はスタメン落ち。悔しい思いを経て、若き主砲が試合を決めた。

 試合は序盤からシーソーゲームになった。先制したのは阪神。三回だった。先頭で8番・梅野が打席に向かうと、その5球目。真ん中に入った148キロの直球に、フルスイングで反応した。大きなアーチを描くと、そのまま白球は左翼席へと飛び込んだ。

 「なかなか先制点を取ることができていなかったので、やぎ(青柳)のためにも先制点を取ることができてよかった。ここから攻守で勢いに乗っていきたいです」

 今ファイナルSで初めて先制したが、直後に2番手のガルシアがつかまって、3点を失った。四回には3番手の島本が、陽に特大アーチを浴びて3点差。厳しい展開となった。だが、ナインが意地を見せたのは五回だ。

 2番手・桜井が制球を乱すと、3四死球で満塁の好機を演出。ここで左腕・高木にスイッチとなったが、そのまま高山が打席へと向かった。それでもフルスイングした打球は、詰まりながらも右前へ。1点を返すと、さらに梅野も左前適時打で続いた。

 その後、2死満塁となり、打順は1番に回る。点差は1点。絶好機で近本が打席に立った。迎えた4球目。146キロの直球をはじき返すと、白球は右翼線を鋭く破った。走者一掃、近本自身も快足を飛ばして三塁へ。逆転の3点適時三塁打で、チームに笑顔と勢いを呼び込んだ。

 それでも相手はリーグ王者。簡単には勝てない。その直後、ドリスが岡本に同点2ランを浴び、再び試合は振り出しに戻った。六回以降は互いに中継ぎ投手が踏ん張ったが、最後は阪神の執念が上回った形となった。

 CSファイナルSでは、初戦、第2戦と連敗を喫し、突破率は0%。まさに崖っぷちで迎えた第3戦で、劇的な勝利を飾った。12日は台風の影響で順延。13日の第4戦は西が先発する。逆転日本一に向けて、戦いは続いていく。

 巨人はアドバンテージを含めて3勝1敗。岡本が4打点と大暴れしたが、投手陣が崩れた。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20191011151.html

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

阪神が5年ぶり2度目のファイナルS進出 代走・植田“神走塁”で勝ち越しホーム

s_20191007170.jpg
8回、梅野の勝ち越し犠飛で植田が生還し、歓喜の阪神ベンチ(撮影・高部洋祐)

(デイリースポーツ)

 「セCSファーストS・第3戦、DeNA1−2阪神」(7日、横浜スタジアム)

 阪神がDeNAに2勝1敗で勝ち越し、CSファイナルS進出を決めた。CS8度目の出場で、ファイナルS進出は2014年以来5年ぶり2度目。3位からの勝ち上がりは球団史上初となる。また、セCSファーストSで、3位チームの勝ち上がりは4年連続だ。3戦とも激戦になったが、苦手にしていた“鬼門”を突破した。

 試合は序盤から投手戦となった。均衡が破られたのは六回。先頭の高山が左中間を破る二塁打で出塁。今CS初スタメンの男が意地を見せると、続く梅野が犠打で送って1死三塁。木浪に好機を回した。

 ここで打席に立ったルーキーもCS初スタメン。初戦で2安打2打点と結果を残し、大逆転劇につなげていた。絶好機で打席に立つと初球、マウンドの国吉が嫌がったのか、ベース手前で大きく弾む大暴投。思わぬ形で阪神が先制点を手にした。

 一方、安定感が光る投手陣は、無失点リレーでリードを守った。先発の高橋遥は3回を1安打無失点の好投。「任されたイニングをしっかり0点で抑えることができて良かったです。後はチームが勝てるようにしっかりと応援します」とバトンをつなぐと、2番手の島本は四、五回を1安打無失点に。4失点した初戦の雪辱を果たした。

 だが、暗転したのは、七回だった。イニングをまたいだ岩崎が捕まり、1死満塁のピンチを背負うと、伊藤光の三ゴロを北條がファンブル。痛恨の形で同点に追い付かれた。続く1死満塁のピンチは、代わったドリスが柴田を空振り三振、代打・佐野を中飛に抑えて脱したが、代打・乙坂にサヨナラ弾を被弾した第2戦に続き、岩崎続投は裏目に出た。

 それでも続く八回、1死から高山が死球で出塁。代走・植田が梅野の打席で初球、完璧なスタートで二塁を陥れた。さらに、エスコバーの暴投で三塁に進むと、梅野が中堅にフライを打ち上げる。やや、定位置より前の飛球になったが、俊足の植田が悠々と勝ち越しのホームに生還。植田の“神走塁”で決勝点を奪った。

 接戦にはなったがDeNAは、2暴投がいずれも点につながった。

 再び1点を勝ち越すと、矢野監督は勝負手を繰り出す。藤川を八回から前倒して投入した。守護神を八回から起用するのは今季初。この回、代打・梶谷を空振り三振に斬ると、神里、ソトを中飛に抑え、3人で封じた。完全に流れを断つマウンドとなった。

 藤川が今季、レギュラーシーズンでイニングをまたいだのは、6月9日の日本ハム戦(甲子園)が唯一。7月26日の巨人戦(東京ドーム)で、抑えに再転向以降は1イニング限定での登板が続いていた。九回は筒香、ロペスの中軸を抑え、1点のリードを守り抜いた。

 初戦は北條の活躍などで、CS史上最大となる6点差をひっくり返し、大逆転劇で阪神が先勝。第2戦は中盤に上本の同点適時打、土壇場の九回には福留の同点弾と、2度追い付く粘りを見せたが、代打・乙坂のサヨナラ本塁打で1勝1敗とした。いずれもCS史上に残る熱戦となったが、シーズン終盤で6連勝した阪神が、勢いを失うことはなかった。

 突破を決めたことで阪神は、9日から巨人とファイナルS(東京ドーム)に挑む。なお、6試合4勝先取の勝ち上がりで、レギュラーシーズンで優勝した巨人には、アドバンテージとして1勝が与えられている。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20191007170.html

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

阪神、奇跡の6点差大逆転勝利で最終S進出王手!北條5打点&V打 DeNA悪夢

139b3220.gif
1点差の8回2死二、三塁から北條が逆転のセンターオーバー2点タイムリー三塁打

s_20191005137.jpg
8回、逆転に成功してガッツポーズをする阪神・矢野監督=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)

(デイリースポーツ)

 「セCSファーストS・第1戦、DeNA7−8阪神」(5日、横浜スタジアム)

 阪神がまたしても、奇跡を呼び込んだ。6連勝でつかんだ逆転CS。今度は最大6点差を跳ね返す猛虎打線の爆発で、ファイナルS進出へ王手をかけた。

 奇跡の道はまだ続いていく。北條が、木浪が、近本が…みんながやった。劣勢ムードを切り裂いたのは、6点を追う七回からだった。代打・高山&代打・木浪が連打で1点を返すと、近本も内野安打でつなぎ、2番・北條。すると2球目だった。高めに浮いた直球に反応すると、左翼席へズドン。追撃の3ランで一挙4点を奪った。

 点差は2点。いける、いけるぞ−。ムードが高まった八回。2死一塁からだった。一走・高山が二盗を決める。すると木浪が右前へとはじき返し、初めてのCSで2打点目。途中出場ながら1点差に詰め寄る適時打で存在感を見せつけると、近本は猛打賞となる右前打を放った。2死二、三塁で、最後はまたしても北條が決めた。前進守備の外野の頭上を越す逆転適時三塁打で、試合を一気にひっくり返した。

 思わぬアクシデントが、チームの結束力を高める。“開幕投手”を務めた西が、まさかの負傷交代となる。立ち上がりに、強力DeNA打線に先制3ランを含む5連打。宮崎の打球が左足を直撃する投手強襲安打となって、治療を行うも、再びマウンドに戻ることはなかった。1死も奪えないままの降板は、プロ11年目で初めての屈辱。先発投手の緊急降板に、ブルペン陣が総動員となった。

 西の後を受け継いだ、守屋が追加点を与えない好リリーフ。ガルシアも3回0封でつないだが、3番手・島本が4連打を浴びるなど4失点。対DeNA戦で、防御率0・63と好相性だった左腕が打ち込まれた。だが、能見−ドリス−岩崎−藤川と、8人の継投でしのぎきった。九回は2死から宮崎のフェンス際の打球が一時はアウト判定となったが、リクエストで覆り、大ピンチに。だが、藤川が耐え、逃げ切った。

 奇跡を起こしてきたチームだ。CS初出場の近本が猛打賞、木浪が2安打2打点の大活躍。さらに近本は、球団新人では初めてとなるCSでの盗塁を決め、この日は2盗塁。この勢いに乗って、日本一を目指す。

 DeNAは継投策が裏目。悪夢の大逆転負けとなった。

https://news.goo.ne.jp/article/
dailysports/sports/20191005137.html

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

阪神 6連勝で奇跡の大逆転CS決定!4番大山決勝打 虎党歓喜の鳥谷コールも

s_20190930142.jpg
5回、山本(右)の暴投の間に本塁へ生還する上本

(デイリースポーツ)

 「阪神3−0中日」(30日、甲子園球場)

 阪神が最終戦の完封勝利で、奇跡の逆転CS出場を決めた。今季最長の6連勝フィニッシュ。青柳が5回2安打無失点で9勝目(9敗)。4番の大山が殊勲の決勝打を放った。阪神のCS出場は2017年以来2年ぶり。

 5連勝で迎えた一戦。試合前には、今季限りで引退を表明した高橋聡を胴上げし、今季限りで退団を表明している鳥谷に感謝を込めて、選手、スタッフら全員が「背番号1」のTシャツを着て練習。野手は鳥谷の着こなしをマネて、クラシックスタイルで練習。「まだ、鳥谷さんと一緒に野球がやりたい」と一丸ムードを高め、必勝を誓って試合に臨んだ。

 均衡を破ったのは四回。先発の大野雄にパーフェクトに抑えられていたが、3回1/3を投げ終えたところで、最優秀防護率のタイトルを確定させたところで降板。ベンチに戻る左腕には、球場全体から拍手が沸き起こる異例な光景もあった。そんな中、代わった三ツ間から、北條がチーム初安打となる左前打で出塁した。

 続く福留が四球を選ぶと、4番大山が中前適時打で先制点を奪う。さらに三ツ間の暴投で1点を追加した。さらに五回にも代打・上本の安打から、岡本の暴投で3点目を奪う。

 六回、1死一、二塁で梅野の打席。ネクストに鳥谷が登場すると、球場は地響きのような大歓声。梅野が一飛に倒れると、いつも以上の悲鳴が球場にこだました。

 続く七回、鳥谷は代打で登場。阪神の鳥谷として、レギュラーシーズン最後の打席は、遠藤を相手に2−2から5球目を打ち、右飛に倒れた。それでもベンチに帰る鳥谷に、スタンドから大きな「鳥谷コール」。鳥谷は大声援にベンチ前で、ヘルメットを取って右手を挙げて応えた。

 さらに八回からは遊撃の守備にも就いた。これには、打席に立った際の歓声以上に、球場が沸いた。矢野監督の粋な演出にスタンドが熱狂に包まれた。その光景を、カメラに収めようとするファンが多く、球場全体のフラッシュに自制を促すアナウンスが流れるなど、球場は異様な光景に包まれていた。鳥谷は最後は遊撃を守り抜き、ハイタッチの列に加わった。

 青柳が5回を2安打無失点で投げきると、六回は島本、七回は今季限りで引退を表明した高橋聡が、福田を三ゴロに斬った。その後、岩崎、ジョンソン、藤川とつなぎ。無失点リレーを完結させた。

 広島の最終戦敗戦。阪神の6連勝と奇跡が重なり、逆転でのCS出場。3位に入った阪神は、10月5日から横浜に場所を移して、DeNAとCSファーストSを戦う。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20190930142.html

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

阪神5連勝 執念継投で奇跡の逆転CS王手!突破条件は30日の勝利のみ

s_20190929089.jpg
9回阪神2死二・三塁、阪神・藤川球児は代打・中日・堂上直倫に2点適時打を許す=甲子園(撮影・山口登)

(デイリースポーツ)

 「阪神6−3中日」(29日、甲子園球場)

 阪神が打線爆発で5連勝。3位広島にゲーム差なしまで肉薄し、奇跡の逆転CS出場にM1とした。

 投手陣は引退登板となったメッセンジャーから、高橋遥、ガルシア、岩崎、ドリス、ジョンソン、藤川と小刻みにつなぐ執念の継投。九回2死、藤川が堂上に適時打を打たれ、チームは4試合連続完封ならず。それでもガルシアが4連勝で、6勝目(8敗)を手にした。

 試合は序盤、投手戦になった。メッセンジャーは先頭・大島を迎え、初球は147キロの直球がワンバウンドしてボール。2球目も外れたが、3球目は143キロ真っすぐで空振り。その後フルカウントとなり、6球目。高め146キロのストレートに大島のバットが空を切り、空振り三振に仕留めたところでマウンドを降りた。

 内野手全員が右腕に駆け寄り、ベンチからは矢野監督も就任後初めてマウンドへと向かってメッセンジャーをねぎらった。帽子を取って満員のスタンドのファンに頭を下げ、チームメートの鳥谷から花束を受け取ると、本拠地・甲子園は温かい拍手に包まれた。

 以降は小刻みな継投で、中日打線を寄せ付けない。すると待望の先制点は五回だ。2死走者なしで打席に立った陽川が千金弾。1ボールから柳が投じた2球目、内角低めへの136キロ直球をフルスイングした。高々と舞い上がった打球は左翼席へ到達した。指揮官の采配が的中し、7月15日・中日戦(ナゴヤドーム)以来となる最高の一発となった。

 「2死だったので、何としても塁に出ようと思ってました。その結果が最高の形になりました」。均衡が破れると、ここから打線がつながる。続く六回には打者9人の猛攻。1死満塁から高山、木浪、梅野の3連打で3点を奪った。さらに続く七回には、大山がダメ押しの14号2ラン。4番復帰2戦目で大きな仕事だ。

 これで勝率5割に復帰し、2年ぶりに本拠地勝ち越し。チームの連続無失点イニングは42でストップしたが、CS出場に王手をかけた。ただ、30日の中日戦勝利が絶対条件。引き分けなら勝率5割同士でも、勝ち数で上回る広島が優位になる。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20190929089.html

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

これからはwebで稼ぐ時代   仮想通貨を無料で貰う・増やす方法

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ