大盛りあがりGO つぶやき

嘱託職員の30代女性が50代所長から罰金徴収 上下関係が逆でもハラスメント行為は起こり得る

茨城県城里町環境センターの女性嘱託職員(30代)が、当時の男性所長(50代)から、昨年10月から今年3月にかけて、業務の一部をフォローする見返りに「罰金制度」と称して、現金計57万円を受け取っていたことが報じられ、ネット上で話題になっている。

産経新聞が7月4日に報じたところによると、町は、今回の「罰金」を「恐喝」には当たらないと判断したものの、嘱託職員を職場内の秩序を乱したとして、契約満了を待たずに解雇することを決めた。(文:宮西瀬名)

「嘱託いじめかと思ったら違った」と困惑の声相次ぐ

a92bd_1591_bb500d37c8ef5c66ef2282313261abe5.jpg
嘱託職員は「罰金制度」を始めた理由として、「仕事を覚えてほしい」「やる気を出してほしい」とし、強制的に罰金を徴収していたわけではないと説明。受け取った現金には一切手を付けていなかったようで、「(所長が)仕事をきちんとやってくれれば戻すつもりだった」と釈明したという。

もちろん、罰金を科すことは労基法に違反する。ただ、「遅刻したら罰金を請求された」「罰金と称して給料から天引きされた」など、罰金に関する事件はちょくちょく耳にするが、それらの多くは、上司から部下といった力関係が明確に存在する中で行われる。

今回は部下から上司への罰金命令とあって、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)上では「嘱託いじめとは酷いな、と思ったら違った」「普通は立場逆じゃないですかね?」と困惑した様子のコメントが見受けられた。

委託職員の方がPCスキル上だった? ハラスメントが生まれた構図
記事によれば、所長はパソコンを使った書類作成などの業務を女性にフォローしてもらっていたといい、PCスキルに難があったのかもしれない。

パワハラは、役職上の優劣関係だけでなく、専門知識やスキルの成熟度によっても発生する場合がある。まさに今回のケースは、PCスキルが嘱託職員の方が優れていたことが、「罰金」という違法行為を発生させてしまったと言える。

「パワハラやセクハラなどのハラスメント行為は、上司から部下に向けられるもの」という先入観を持っている人は少なくない。だが、上司に対する何気ない行為が、ハラスメント行為と認識されてしまうことも、今の時代は配慮しなくてはいけないのだろう。


キャリコネニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14976510/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

クロールのバタ足、速くなる効果なし むしろ水の抵抗増

c11cb_1509_ede30908_3cf08f4d.jpg
クロールの実験の様子。上は腕と足を使ったクロール、下は腕のみを使ったクロール(筑波大の高木英樹教授提供)

 水泳のクロールで速く泳ごうとすればするほど、キック動作(バタ足)は前に進む力に貢献しにくくなる――。

 こんな研究結果を、筑波大と東京工業大の研究チームがまとめた。秒速1・3メートル(100メートルのタイムで76秒92に相当)より速くなると、足の動きで生じる水の抵抗が大幅に増えるという。生体工学の専門誌「ジャーナル・オブ・バイオメカニクス」(https://doi.org/10.1016/j.jbiomech.2018.05.027)に論文が掲載された。

 研究チームによると、クロールのバタ足は下半身を持ち上げて水平に近い姿勢をとるためには必須で、抵抗を減らすのに貢献していると考えられてきた。

 クロールで速く泳ごうとすると腕の回転も増やす必要がある。しかし、腕とキックの動きは連動しているため、キックの回数も増加してしまう。実験では、ワイヤを付けた水泳選手に水槽内で(1)腕と足で泳ぐ(2)腕だけで泳ぐ(3)体をまっすぐに伸ばすの3パターンで泳いでもらい、体にかかる水の抵抗力を計測した。

 その結果、秒速1・1メートル(100メートルのタイムで90秒91に相当)の低速ではバタ足は推進力になっているものの、秒速1・3メートルを超えると足の動きが水の流れを妨げ、抵抗は速度の3乗に比例して大きくなっていた。

 この成果は、小学生も含め多くの選手の泳ぎに関係するとみられる。筑波大の高木英樹教授は「振れ幅の小さい、しなやかなキックを打ち、水をつかむ上半身の技術を磨くことがタイム向上につながるだろう」と話している。(杉本崇)


朝日新聞デジタル
http://news.livedoor.com/article/detail/14960481/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

科学も証明する蜂蜜の健康効果 石器時代から重宝

2b485_1470_a7403e1121a29fa5d980ce3eb3f324c7.jpg
(CNN) 人類は石器時代から蜂蜜を重宝してきた。

紀元前8000年ごろの岩壁には蜂蜜の収穫の様子が描かれており、紀元前7000年に作られた陶器には防水目的と思われる蜜ろうが塗られている。古代エジプト人は蜂蜜を神に捧げ、古代ギリシャ人、ローマ人、中国人は蜂蜜を傷の軟こうや、発熱や胃腸障害の治療薬として使っていた。

そして今日も、蜂蜜にはがんや心臓病の予防をはじめ、潰瘍(かいよう)の減少、消化不良の軽減、血糖値の調節、せきやのどの痛みの緩和、運動能力の向上など、驚くべき治癒力や効果があるとされる。

そこで今回は、古代、現代を問わず、これらの蜂蜜の効用のうち科学的に証明されているものがいくつあるのか検証した。

http://news.livedoor.com/article/detail/14942097/

科学も証明する蜂蜜の健康効果 石器時代から重宝の続きを読む

続きを読む

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

徳島“テレパシーでUFOと交信”13歳少年 4枚の衝撃写真を公開

UFOじゃなくてUSOだったりしてwwww

a8caf_1399_8057c6cc_763e639a.jpg
井戸くんが撮影したUFO写真

 徳島県でUFOを呼び、撮影することができる“UFO少年”が、オカルト研究家の山口敏太郎氏によって“発掘”された。井戸晴也くん(13)はテレパシーを駆使し、UFOと交流するという、古典的なUFOコンタクティーだ。最近、井戸くんが撮影したUFO写真の一部を本紙に公開。その能力とは――。

 (1)は2017年3月29日に兵庫県の神戸淡路鳴門自動車道・淡路サービスエリアで撮影したものだという。「道路脇にある街灯の上に写っています。アダムスキー型のUFOなのかな」と井戸くん。

 (2)は17年4月21日、大阪府大東市野崎で撮影した。「鳥がたくさん止まっている電線の上に葉巻型の未確認飛行物体が写っています」(同)

 (3)は17年5月2日、大阪府枚方市津田山手にある空見の丘公園で撮影。「三角のような物体に見えますが分かりません」

 (4)は17年12月30日、長野県千曲市から八ヶ岳付近を撮ったもの。

「白い穴のようなものが写りました。高速で移動するものや不思議な動きをするものが7つ見えたので、気が向いたときに撮ったら写っていました。その白い穴に関連する物体なのかなとも思いますが、分かりません」と井戸くん。UFOコンタクティーといえば、本紙では武良信行氏がおなじみだ。本紙に「龍」「スカイフィッシュ」「フライングヒューマノイド」「六甲山のUFO」など数々のUFO写真を提供し続けている。その武良氏は70歳を超え、UFO撮影に出かけるのも、コンタクトに集中するのも、体力的にきつくなってきたという。そんな中、現れたのが井戸くんだった。

 山口敏太郎氏は「井戸くんは近年珍しいUFO少年です。昭和のころはUFOを呼んで写真を撮るという少年はずいぶんいたのですが、最近は珍しい。武良さんがご高齢で『早く後継者が欲しい』と言っていたので、まだ10代の井戸君が後を継いでくれたら安心ですね。UFO業界も世代交代の波が押し寄せているのかもしれません」とほほ笑む。

 現在、井戸くんは“顔出し”はしていないが、その能力について山口氏は「彼は『UFOが来る場所や方角がテレパシーで分かる』と言っています。何かシャーマニズムのようなものを感じます。ぜひ、近々、武良さんと会わせてみたいですね。新しい化学変化が起こるかもしれません」と期待している。


東スポWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/14765969/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

“見かけの悪い”客は奥の席? 満席と偽り予約断る?

8c0b1_1421_0d78ef84_084cbeff.jpg
Coffee cup on a table of typical Parisian outdoor cafe

 時々耳にする“噂話”、今回は元従業員の証言付きだ。パリの中心地、高級店が建ち並ぶモンテーニュ通りのレストランが、人種によって、満席だと偽って予約を断ったり、“見かけの悪い”客を通す席を決めていたりと、客の差別をしていると批判を受けている。

 パリジャン紙など地元メディアが伝えたところによると、批判されているのは、パリ8区の「ラヴニュ」。政治家や各界の“セレブ”が訪れることで有名なレストランだ。事の発端は、バズフィード・ニュースが、同店で働いていた4人の元従業員から聞いた話として「アラブ人の名前の予約は受けない」など、店が差別的な方針をとっていると暴露した記事。カタールやサウジアラビア、バーレーン、アラブ首長国連邦など、中東からの観光客の予約は受けないこと、イスラム教のヴェールをかぶった女性が来店したら、たとえ満席ではなくても、満席だと言って入店を断ることなどを指示されていたという。

 10年以上同店で働いていた女性従業員は、「ヴェールをかぶったリッチな女性より、ブロンドの“美しい”女性がテラスでコーヒーを飲んでいる方が良い、1階やテラス席は“美しく、身なりの良い客”用だ、と店長は言っていた」と証言。5年超働いた別の女性は「どうしても入店を断り切れなかった“その手の”客は、(外からあまり見えない)上の階の席に通すように言われた」と証言した。他の元従業員も「1階にはふさわしくない“外見の悪い”客は上の階に、という方針だった。“見かけが悪い”とは、年寄りや太っている人、アジアの観光客のことだった」としている。

 店側は「どんな国、どんな文化の人ももちろん受け入れている。どんな密告があったか知らないが、客を差別的に拒否する指示などしていない」としている。そこでバズフィード・ニュースが独自に調査。カタールからアラブ系の名前を使って5月1日のランチ、12時半で4人の予約を試みたところ、「お昼は満席です。夜の22時半ならおとりできます」と断られ、翌2日はとたずねるとその日も満席、3日は?と食い下がったが、「ニューヨークからの団体が来るので満席だ」という回答だった。

 そこで今度はパリ市内から別の名前で電話をかけ、1日のランチを同様に予約したいと述べると「“奇跡的に”席が空いていたらしく、何の問題もなく予約が入った」という。

 バスフィード・ニュースでは、さらに「訪問調査」も実施。2回も予約確認の電話をしたうえで、ヴェールをかぶった女性と共に来店したところ、「予約が入っていない」と断られ、絶対に予約を入れたと主張したところ、1階は空席がいくつもあったにもかかわらず、外からは見えない上の階に通されたという。

 過去にも、パリの有名な観光地、サクレクール寺院が見えるレストランで同様の指摘が報道されたことがある。


OVO [オーヴォ]
http://news.livedoor.com/article/detail/14734487/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

CRYPTOCURRENCY MINING

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ