大盛りあがりGO スポーツ
FC2ブログ

阪神5連勝でついに貯金生活!サンズ、糸原、大山、北條で3年ぶりの1試合4発

abb6836cサンズ
1回裏、サンズが4号同点ソロ
c5ebe32c糸原
3回裏、糸原が勝ち越しの2号2ラン
b818d482大山
5回裏、大山が5号2ラン
北條e0aec5ee
7回裏、北條が今季初ヒットの1号ソロ

s_20200721147.jpg
7回、左越えにソロを放つ阪神・北條史也

(デイリースポーツ)

 「阪神9−4広島」(21日、甲子園球場)

 阪神が大勝し、今季初の5連勝&貯金1。サンズ、糸原、大山、北條と4本塁打で打ち勝った。先発の秋山が2勝目。チームは本拠地・甲子園で9勝2敗と、抜群の強さを誇っている。

 試合は初回、先発の秋山が堂林に先制ソロを浴びた。だが、好調の打線がすぐに援護点を奪う。その裏、2死からサンズがバックスクリーンに4号ソロを放ち、同点に追い付いた。

 さらに三回。2死から糸井が四球で出塁。続く糸原が左翼ポール右に、勝ち越しの2号2ランを運んだ。プロ通算6本目で、左方向の本塁打は初。「2死から糸井さんが塁に出てくれたので、次につなごうという気持ちで打席に入りました。甲子園の浜風が運んでくれました」と振り返った。

 リードを奪うと、さらに打線が得点を重ねる。五回、先頭の秋山が左翼フェンス直撃の二塁打で出塁。糸井が二ゴロで走者を三塁に進めた。だが、続く糸原が空振り三振に倒れた。ここで無得点なら、流れが広島に傾く可能性もあった場面。助っ人が一振りで嫌な流れをかき消した。

 3−1から5球目、内角のシュートをはじき返すと、三塁線を破る貴重なタイムリー。初回には、同点に追い付く4号ソロを放つなど、好調の助っ人が大きな仕事だ。

 さらに続く2死一塁の場面。4番の大山が初球をフルスイング。打った瞬間、スタンドインを確信する5号2ランだ。18日の中日戦以来、2試合ぶりの一発がダメ押し弾となり、一気にリードを5点に広げた。サンズ、大山がホームランを打った試合は今季、ここまで全勝。2本の“神話弾”で連勝を伸ばした。

 2点差まで迫られた七回には、北條が今季初安打となる1号ソロを放つなど、2点を奪って再びリードを広げた。八回にも、北條が中越えに適時二塁打を放ってダメ押し点を奪った。阪神のチーム1試合3本塁打は5日の広島戦(マツダ)以来。甲子園では2017年9月2日・中日戦(4本=坂本、大山、福留、中谷)以来、3年ぶりとなった。

 この日は近本をスタメンから外し、右でん部を負傷しているボーアは、2試合連続でベンチ外に。福留が2014年シーズン以来、6年ぶりに「5番・中堅」でスタメン出場するなど、主力2人を欠く中でも打線が奮起した。

 先発の秋山が6回1/3を投げて7安打4失点。苦しみながらも2勝目を手にした。これで6カード連続で初戦に勝利。開幕ダッシュに失敗したチームが完全に息を吹き返した。

 22日の2戦目はガルシアが先発予定。連勝を伸ばし、6カード連続の勝ち越しを決めたい。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20200721147.html

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

阪神、借金最大8からついに完済!福留スタメンで猛打賞4打点 中日を3タテ

m_20200719131.jpg
勝利を喜ぶ阪神ナイン=甲子園(撮影・飯室逸平)

(デイリースポーツ)

 「阪神11−3中日」(19日、甲子園球場)

 阪神が今季初のカード3連勝を決め、ついに借金を完済。3位に浮上した。

 初回から攻撃がつながった。今季初めてサンズ、大山、福留のクリーンアップを形成。見事に起用が的中した。先発・梅津から無死一、二塁からサンズが左前適時打を放つと、続く大山も中前適時打。さらに福留も左犠飛を放ち、いきなり3点を奪った。

 一時同点とされたが、四回にノーヒットで3点を奪い返した。1死満塁で登板した中日2番手・藤嶋から2死満塁からサンズがストレートの四球で押し出しを選び、勝ち越しに成功。さらに大山も2者連続の押し出しとなった。そして第1打席に左犠飛、第2打席に左中間への二塁打と好調の福留が中犠飛で続いた。

 福留は六回に左前適時打、八回に中前適時打を放ち、今季初の猛打賞で4打点の活躍。6月26日・DeNA戦(横浜)以来のスタメン出場となったベテランが奮起した。

 一方、先発の岩貞が4回3失点でマウンドを降りたのは計算外だった。それでも能見や馬場、岩崎らが踏ん張り、得点を与えず。救援陣の粘りにも大きな意味があった。

 これで今季2度目の4連勝。今月3日に最大8まで増えていた借金を、ついに完済した。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20200719131.html

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

阪神・西勇、チーム初の9回完投で2勝目「申し訳ありませんでした」お立ち台で謝罪

s_20200718123.jpg
9回、阪神・西勇輝は一礼しマウンドへ向かう

(デイリースポーツ)

 「阪神8−3中日」(18日、甲子園球場)

 阪神の先発・西勇が、9回3失点で今季初完投。7月5日・広島戦以来の2勝目を挙げた。9回を投げての完投勝利はチーム初となった(5回降雨コールドゲームとなった7月10日・DeNA戦で青柳が5回2失点で完投勝利を記録)。

 五回までは4度も先頭打者を出したが、粘りの投球を見せた。

 初回は先頭・大島に四球を与えた後、1死後に福田、ビシエドを連続三振。二回は先頭・阿部に左前打を浴びた後、1死後に中日のドラフト1位・石川昂(東邦)を三ゴロ併殺に仕留めた。

 三回は先頭・加藤の三ゴロを大山が悪送球した。それでも1死後に大島を一ゴロ併殺。味方のミスもカバーすると、直後の三回に打線が2点を先制した。

 五回は先頭・阿部に右中間二塁打、続く井領に右前打を浴びて無死一、三塁とした。ここも後続を断ち、得点は与えなかった。

 打線が6点を追加して8−0となった六回に3点を失ったが、先発としての役割は果たした。5試合連続5度目のクオリティースタート(QS)で、QS率100%をキープした。

 今回の登板は、15日に「週刊文春デジタル」でホテル密会不倫を報じられて以降の初登板だった。

 西勇はお立ち台でのヒーローインタビューで「まずはこのたび、自分のプライベートなことで大事な時期にたくさんの人に迷惑をかけて申し訳ありませんでした。家族にもつらい思いをさえててすごく反省しています。甲子園のマウンドに立ってプレーで返すことが大事だと思っています」と謝罪。“禊ぎ”の好投となった。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20200718123.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

阪神が今季初の4位浮上!矢野監督の采配ズバリ “天敵”大野雄を攻略

s_20200717146.jpg
7回、適時打を放った阪神・糸原健斗は塁上でガッツポーズ=甲子園(撮影・田中太一)

(デイリースポーツ)

 「阪神4−1中日」(17日、甲子園球場)

 阪神が中日に競り勝ち、今季初めて4位に浮上した。矢野燿大監督の積極タクトが奏功し、8試合ぶりに組み替えた打線が機能した。天敵・大野雄を攻略し、連勝。先発の青柳がリーグトップタイの3勝目で、5カード連続の初戦勝利を飾った。

 試合は三回、中日のミスにも助けられ、阪神が先制点を奪った。先頭の木浪が、二塁前のボテボテのゴロで一塁にヘッドスライディング。必死のプレーで内野安打を奪うと、青柳がきっちり送りバントを決めて1死二塁を作った。続く糸井はストレートの四球を選んで一、二塁。糸原に打席が回った。

 2ストライクからの3球目、バットの先に当たった打球が幸いし、三塁線に転がるボテボテの打球に。処理を焦った三塁・溝脇が一塁に悪送球し、内野安打と失策で先制点を奪った。これに大野雄も気落ちしたのか、続くサンズは右中間に2点適時二塁打を放った。

 「打ったのはツーシーム。得点圏にランナーがいたし、最低でも外野まで飛ばすことのできるボールを待っていた。結果的に2人ともホームに帰すことができて良かったね」

 大野雄には昨年9月14日の対戦でノーヒットノーランを喫するなど、6試合の対戦で0勝3敗。防御率1・35に抑えられていた。左腕からは実に23イニングぶりの得点となった。

 投げては先発の青柳が危なげない投球。四回、ビシエドに右翼越えソロを浴びたが、最少失点で役目を終えた。7回を投げて4安打1失点。防御率1・50と安定感が光る。八回を岩崎、九回をスアレスとつなぎ、リードを守った。スアレスは登板4戦連続のセーブで、4セーブ目。

 この日は、近本を今季初めてスタメンから外し、「1番・右翼」に糸井、「3番・左翼」にサンズを起用。「7番・中堅」で、陽川を今季初めてスタメンに送るなど、矢野監督は積極的に動いた。サンズが貴重な2点適時打を放つと七回、代走で出場した近本が、リーグトップ7個目の盗塁で好機を拡大。糸原の左前適時打を導いた。指揮官の采配もズバり的中の勝利となった。

 これで甲子園に戻って6勝2敗。開幕から苦しんできたチームが、徐々に息を吹き返してきた。18日の第2戦は西勇が先発する予定。エースの力投で3連勝、5カード連続の勝ち越しを決めたい。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20200717146.html

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

阪神、4カード連続勝ち越し ベテラン福留、決勝2ラン含む4打点

d45d6c42.gif
八回1死でサンズが同点の3号ソロ
bb98510b.gif
八回1死一塁で福留が勝ち越しの1号2ラン

s_20200716162.jpg
8回、勝ち越し2ランの福留(右)は梅野に迎えられ喜びをかみしめ生還=甲子園(撮影・田中太一)

(デイリースポーツ)

 「阪神6−4ヤクルト」(16日、甲子園)

 阪神がヤクルトに逆転勝ちして、4カード連続の勝ち越しを決めた。球界最年長の43歳・福留が同点2点二塁打と決勝の1号2ランを放ち、2安打4打点の大暴れを見せた。

 先発は、甲子園で移籍後初登板となった中田。移籍後初勝利をかけてマウンドに上がったが、4回2/3を投げて7安打3失点で降板した。

 それでも、2番手で登板したドラフト6位・小川(東海大九州)が好リリーフを見せる。五回2死一、三塁で登板してピンチを切り抜けると、六回も無失点。

 七回は15日に決勝打を許した能見が、汚名返上となる1回無失点でつないだ。

 投手陣が踏ん張ると、打線も奮起。六回1死三塁でボーアの二ゴロの間に1点を返した。

 さらに2死一、二塁で代打・福留が右越えの同点2点二塁打。ベテランの今季初打点で、試合を振り出しに戻した。

 七回は1死から2番・糸原が中前打。クリーンアップを迎えたが、打者・糸井の場面で一塁けん制に飛び出してアウトになってしまう。ミスで流れを手放すと、八回に4番手・岩崎が代打・荒木に決勝の適時打を許した。

 それでも八回1死でサンズが同点の3号ソロを放つと、1死一塁で福留が勝ち越しの中越えに1号2ランを放った。

 九回はスアレスが締めくくり、2セーブ目を挙げた。

https://news.goo.ne.jp/article/daily
sports/sports/20200716162.html

テーマ : 阪神タイガース
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★これぞ究極!極撰競馬投資法~90%以上の確率で馬券が当たるから、競馬は簡単に儲かる!!~★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

☆☆☆☆☆☆☆  仮想通貨情報  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ