大盛りあがりGO 日常・地域ニュース

AKBのCD585枚投棄 容疑の男を書類送検 「処分困り」山に

cf200_1497_3d359196f1cf6fd8ee08275d6fa98663.jpg
 福岡県警筑紫野署は16日、人気アイドルグループ「AKB48」のCD585枚を同県太宰府市の山中に不法投棄したとして、廃棄物処理法違反容疑で同市に住む30代の会社員の男を福岡地検に書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。男は「アイドル総選挙で(CDに添付されていた)投票券を使った後、処分に困って捨てた」と容疑を認めているという。

 書類送検容疑は6月中旬ごろ、AKB48のシングルCD計585枚を、太宰府市の山中に捨てた疑い。CDはすべて同種で、6月に沖縄県で開票イベントが行われた「AKB48 49thシングル選抜総選挙」の投票券が抜き取られていた。

 捜査関係者によると、大量のCDは5~6月、AKB48のファン仲間である千葉県在住の男性が購入。総選挙は、券に書かれているシリアルナンバーを専用サイトに打ち込んだ上で、好きなアイドルに投票するシステムで、男性から「ナンバー入力が間に合わない」と依頼された男は、九州在住のほかのファン仲間と協力。男性から郵送されてきた約千枚分(約100万円相当)の入力作業を福岡市内で終えた後、約600枚を自宅に持ち帰ったという。段ボール11箱分あり、一般のごみ処分は面倒で山に投棄したとみられる。

 6月12日朝、山を散歩していた住民が見つけ、署に通報した。CDが入っていた段ボール箱に送り主である千葉在住の男性の名前や連絡先が書かれており、それを端緒に署は関係者を調べ、容疑者を割り出した。

    ◇      ◇

■投票券目当て大量購入 ファン「選挙後も売れない」

 ファンなのに、なぜCDを捨てるのか-。福岡市内のアイドルショップで働く20代女性は「AKB48のCDは総選挙のたびに大量生産され、中古品販売店での買い取り価格も安い。場合によっては買い取ってもらえないこともある」と背景を打ち明ける。

 中古販売大手「ブックオフ」やDVDレンタル大手「ゲオ」では、盗品の転売防止などを理由に「(1人当たり)同一タイトル2点以上の買い取りはできない」としている。AKB総選挙のために多いときには1人で150枚のCDを買ったという福岡市の男性(24)は「投票後はCDを売ることもできず、大学のキャンパスで配ったこともある」と説明。「一体どれだけのCDが本当に聴かれているのか」と漏らす。

 別のファンの女性(21)は「数年前から、アイドル選挙後に全国各地で大量のCDが捨てられているのがSNS(会員制交流サイト)上などにアップされ、ファンの間でも問題視されてきた」と打ち明ける。

 2014年1月にも、アイドルとの握手券が付いた約680枚のCDを京都府内の駐車場に捨てたとして、廃棄物処理法違反容疑などで男子大学生ら6人が書類送検されている。福岡県警幹部は「お菓子のおまけのシール欲しさに菓子を捨てる子供が増えた過去の事例と似ている。不法投棄は許されないのはもちろん、モラル上の問題もあるのではないか」と話している。

=2017/10/17付 西日本新聞朝刊=

http://news.livedoor.com/article/detail/13757337/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

違反取り締まり中の女性警官 はねられ死亡 【愛媛県】

856f1_1110_20171016-205041-1-0001.jpg
 愛媛県松山市の市道交差点で交通違反を取り締まり中の女性警察官がワンボックスカーにはねられ頭を強く打つなどして死亡した。

 16日午前11時頃、松山市束本の市道交差点で松山東警察署地域第二課の西野裕理巡査(20)が宅配業者の車にはねられた。この事故で西野巡査は市内の病院に運ばれたが頭などを強く打っていて、まもなく死亡した。

 警察によると西野巡査は交通違反をした車の取り締まり中で、パトカーを降りて交差点を渡ろうとしたところ、左からきた車にはねられたという。警察は車を運転していた伊予郡松前町の会社員・早瀬健太郎容疑者(27)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、容疑を過失運転致死に切り替え調べを進めている。

 現場は一時停止線や信号のない見通しの悪い交差点で、警察は詳しい事故の状況を調べている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13756698/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

女子高生ハニートラップ 「彼女は17歳ぞ」 男性恐喝した容疑で男女3人を逮捕 福岡南署

gahag-0026139459-1.jpg
※画像と本文は関係ありません。

 女子高校生と性的関係を持たせた上で、男性から金を脅し取ったとして、福岡南署は16日、性的関係を持った当事者である福岡県内の女子高校生(17)、別の女子高校生(17)、無職の男(21)の3人を恐喝容疑で逮捕した。

 この3人とは別に、仲間の男2人が4日から5日にかけて、同容疑で逮捕されており、逮捕者は全部で5人となった。

 逮捕容疑は、共謀して、同県大野城市の男性会社員(30)に女子高校生と性的関係を持たせた上で、4日午前2時すぎ、福岡市内で「俺の彼女は17歳ぞ」「示談金100万円払え」と恫喝し、男性から現金13万円を脅し取った容疑。

=2017/10/16 西日本新聞=

http://news.livedoor.com/article/detail/13754058/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

小学校侵入のクマ射殺→「可哀想」と苦情 地元関係者に反論を聞く

91c29_80_e4731b9f_c002ff29.jpg
まさかの問い合わせに地元困惑…(画像はイメージ。記事とは関係がありません)

岐阜県高山市の小学校で、野生のツキノワグマが授業中の校庭に侵入し、地元の猟友会が警察の指示のもとクマを射殺する出来事があった。この騒動をめぐり、「クマがかわいそう」との問い合わせが市や学校などに寄せられている。

地元の猟友会や学校、市の担当者はJ-CASTニュースの取材に、クマの射殺を決めた今回の判断について「妥当だった」と口を揃える。どの担当者も、射殺に反発する問い合わせが来たことに困惑を隠せない様子だった。

「子供の目の前で射殺していいのか」
高山市立栃尾小学校の校庭にクマが侵入したのは、2017年9月6日正午前ごろのこと。侵入したのは体長約1メートルのオスのツキノワグマで、発見した教職員の通報で警察や地元の飛騨猟友会メンバーが校庭に駆け付けた。

J-CASTニュースの10月13日の取材に応じた栃尾小学校の小谷好廣校長によれば、クマが侵入したのは児童の授業中。本来はグラウンドで運動会の練習を行う予定だったが、雨で中止となったため全児童が校舎の中にいた。

猟友会のメンバーらは校庭の木に登っていたクマを発見し、警察の指示を受けて射殺した。小谷校長によれば、銃の音に気付いた児童らがざわついたため、全校集会を開いて射殺した旨を生徒に伝えた。集会の直後は涙ぐんだ生徒もいたという。

この騒動を受けて、高山市教育委員会は栃尾小学校に対し、必要があればスクールカウンセラーを派遣すると伝えた。ただ、学校側は騒動以降、教員に児童の様子を入念にチェックさせているが、特に強いショックを受けた様子の児童はいないという。

こうした騒動がニュースで報じられると、学校や市には「クマがかわいそう」といった趣旨の問い合わせが寄せられることになった。

小谷校長に話を聞くと、学校側には、


「子供たちの前で射殺という選択をとることは本当に正しかったのか」
「射殺することが正しいとは教育しないで欲しい」


などの意見があった。また、高山市農務課の担当者も取材に対し、「クマが可哀想だ」「子供の目の前で射殺していいのか」などの問い合わせが電話やメールで寄せられたと明かした。

都会と田舎では「野生動物に対する考え方が違う」
10月13日昼までに学校と市に寄せられた問い合わせの数は約20件。なお、市農務課の担当者と小谷校長によれば、問い合わせはいずれも「県外」からだった。そのほか、関係者によれば、岐阜県庁にも複数の苦情が寄せられ、担当者が対応に追われているという。

では、クマを射殺した判断に反発するような意見について、地元はどう捉えているのか。

小谷校長はJ-CASTニュースの取材に、「気持ちは分かるんですが、現場の状況を考えると正しい判断だったと思う」と話す。その上で、


「児童や教職員にけががなかったことが一番。そこが、何よりも大事だと考えています。ただ、今回の問い合わせは、アドバイスの一つとして今後に活かしていければとも考えている」


としていた。

また、市農務課の担当者は「『可哀想』だと思う気持ちは理解できるが、私達の仕事は感情的になってはいけない。市民の生命と財産を守ることが最優先です」と説明。続けて、


「高山市はクマが人に危害を加える被害が多い地域です。生活圏と森林が密接していて、クマが住宅地に出没することもよくあります。実際、今回の問い合わせは都会の方がほとんど。こちらとしては、都会と田舎では『野生動物に対する考え方が違うのかな』と思ってしまいます」


とも話していた。

猟友会「被害が出たら責任をとれるのか」
また、侵入したクマを射殺したハンターが所属する飛騨猟友会の事務局長も取材に、今回の問い合わせについて、「もし人的被害が出たら責任を取れるんですか?」と語気荒く指摘する。

その上で、射殺を決めた今回の警察の判断について、


「校庭の木に実がなっていて、クマはそれを食べていた。こうした場合は、一度追い払っても、木の実を目当てに同じ場所に戻ってくることが多い。小学校という場所を考えると、被害が出る前に殺してしまうのは、仕方がなかったのではないか」


とした。さらに事務局長は、「動物が可哀想と批判する方も多いが、私たちだって好きで殺しているわけじゃない。そこは理解して欲しい」とも訴えていた。

なお、今回高山市や栃尾小学校にクマの射殺に反発する問い合わせがあった件は、産経WEST(産経新聞の関西版ウェブサイト)が10月12日、「『小学校庭で侵入グマ射殺』がなぜ非難される...児童の安全優先『やむを得ない判断』に『第3者』から反発の声」と題した記事で伝えている。

こうした記事が話題となったこともあり、インターネット上でも、今回の問い合わせの内容をめぐって議論が勃発。ツイッターやネット掲示板では、


「全てにおいて適切な処置で、何が問題か分からない」
「自分は動物好きだけど、さすがに小学校にクマや野犬が現れて危機が訪れたら射殺すべきだと思う」
「非難する奴が責任もって追い払うならいいけどね」


などと地元の判断に理解を示す声が相次ぐ一方で、「人間側の一方的な都合で生き物を殺す事が正しいとは思わない」と、問い合わせの内容に共感する意見も少数ながら出ている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13744119/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

押しボタン信号「ずっと赤」訪日客困惑…案内へ

d8068_1231_874cadcc8580d39b9d7e01932b5fed71.jpg
押しボタン式信号機に貼られた英語のシール。気づかない外国人が多い(13日、大阪市中央区で)

 大阪府警は近く、府内1296か所にある全ての押しボタン式信号機に、英中韓の3か国語を使った案内表示の設置を始める。

 使い方がわからず信号待ちを続ける外国人が目立ってきたためだ。

 今月初旬、南海難波駅前(大阪市中央区)の横断歩道で、フィリピンから観光に訪れた女性(26)が大きなスーツケースを持って立ちすくんでいた。通りがかりの日本人がボタンを押し、ようやく横断できたが、女性は「ずっと赤で困っていました」と語った。

 押しボタン式信号機は、交通量が多い道路の横断歩道などに設置されている。大阪を訪れる外国人観光客が増える中、信号前でボタンを押さずに待ち続けたり、信号を無視して横断したりする外国人の情報が府警に寄せられるようになった。

 同式信号機は米国などにもあるが、日本と比べて数が少ないためとみられ、府警南署は昨年、英語の説明シールを2か所のボタンに貼り付けたが、目立たず、気づかれにくかった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13745756/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

BITCOIN MAXXIMIZE & ❤ じゃらん ❤

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア