大盛りあがりGO 事件ファイル

「心がぐちゃぐちゃ」20歳女子大生“愛の暴走”…復縁断った「竹野内豊似イケメン」元カレを金づち、スタンガンで襲撃

0cf2c_368_59306abae6e12e2e41d2b8468e5064ff.jpg
 愛の中には、常に幾分かの狂気がある-。

 ドイツの哲学者、ニーチェはそんな格言を残しているが、狂気が凄惨な事件を引き起こすことがあるらしい。兵庫県西宮市で7月、復縁を断った元交際相手の男性(21)を包丁でメッタ刺しにしたなどとして、関西学院大に通う女子大生が殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。「自分が彼を好きだと周囲に知ってほしかった」。女子大生が捜査員に語った動機は不可解だった。周囲が「普通のカップル」と口をそろえる2人の間に何があったのか。

スタンガンでとどめの一撃

 「警察呼んだから!」

 7月23日午後1時ごろ。複合商業施設「阪急西宮ガーデンズ」にも近い西宮市田代町のワンルームマンションの4階に住む男性(41)は、ただならぬ叫び声を聞き、玄関ののぞき穴から外の様子をうかがった。

 同じ階の一室から飛び出してきたのは、近隣住民の間で「竹野内豊似のイケメン」と噂されていた若い男性。血だらけのまま走って階段を下り、おびえた表情で3階の住人らに助けを求めた。

 「元カノにやられた」

 「金づちで頭を殴られ、包丁で背中を刺された」

 事情を知った住人が110番し、男性は救急車で病院に運ばれた。だが、そこに元カノの姿はなかった。兵庫県警西宮署員が現場の部屋を訪れると、一人でぽつんと床に座り込んでいたという。

 殺人未遂容疑で現行犯逮捕された元カノは、関西学院大2年の女子大生(20)。男性は同じ大学のサークルに所属する1つ学年上の先輩で、約1年間交際した後、今年5月に破局したばかりだった。

 捜査関係者によると、男性は女子大生宅で昼寝をしていたところ、突然金づちで頭を1回殴られ、次いで刃渡り約20センチの柳刃包丁で背中や腕を5回以上刺された。抵抗すると、スタンガンを体に押し当てられた。全ての凶器を取り上げ、すぐに外に逃げ出したことが良かったのだろう。傷の程度は全治1週間の軽傷にとどまった。

 犯行時は比類なき暴力性を垣間見せた女子大生だが、取り調べには興奮した素振りを見せず、淡々と応じている。現在は事件を起こした理由を「私があの人を好きなことを周囲に知ってもらいたかった」と説明しているという。

 捜査関係者は「なぜそれが犯行につながるのか。さっぱり意味が分からない」と困惑気味だ。

「あいつは許さない」

 2人の間に何があったのか。

 実は女子大生は、男性から別れを切り出されて以降の約2カ月間、2週間に1回のペースで男性と会い、復縁の話し合いを続けていた。

 この日も女子大生が男性を自宅に呼び出し、「もう一回やり直そう」と要求。男性はかたくなに応じず、「嫌や」と繰り返しているうちに自然と寝入ってしまったところを襲われた。凶器はあらかじめ準備されており、同署は女子大生が周到な殺害計画を練っていた可能性が高いとみている。

 ただ、女子大生は大学内では「どこにでもいるような普通の学生」(関係者)だったといい、トラブルなども確認されていない。

 本人のものとみられるツイッターによると、奈良県有数の進学校を卒業後に関学大商学部に進学。「とりたてて感情の起伏が激しそうな印象はなく、どちらかというとおとなしそうな子」(捜査関係者)という評判らしい。

 一方、男性は身長約175センチ。黒髪でさわやかな印象の一見して女性にもてそうなタイプ。女子大生とは真剣に付き合っていたといい、捜査関係者は男性側に浮気などの落ち度があったとする見方については懐疑的だ。破局後、女子大生は周囲に「あいつは許さない」と語ったというが、取り調べには具体的に何が許せなかったのかは明言していない。

 捜査幹部は「何度も復縁を迫るほど好きだという気持ちが、希望がかなわなかったことで憎しみに変わったのかもしれないが、結局のところよく分からない。男女間で起きた事件では、事件を起こした本人ですらなぜそうなったのかという内心を明確に説明できないことが珍しくない。今回もそのパターンかもしれない」と指摘した。

独占欲に性差なし?

 恋愛関係のもつれなどに起因するストーカーやドメスティック・バイオレンス(DV)事案では統計上、加害者の大半は男性となっている。しかし、女性が男性に暴力を振るう事案も決して珍しくない。

 今回の女子大生が金づちや包丁、スタンガンで元交際相手を襲った背景には、独占欲の強さがあるのではないか-との見方は強い。

 だが、日本女子大の岡本吉生教授(犯罪心理学)は「男女関係において、男性が極端に支配欲が強く、女性が極端に独占欲が強いといった性差のようなものは存在しない」と指摘。「男女間のトラブルは、どちらかが一方的に良い悪いという問題ではなく、相互関係が作用して起きることが多い。表面的な状況だけで原因を解明するのは困難であり、個々の事例ごとに細かい分析が必要だ」と強調する。

 女子大生は犯行の約1週間前、ツイッターに「どれが自分の本当の気持ちかわからない。苦しみ。こころがぐちゃぐちゃしてる」と投稿していた。

 バラ色の学生生活も今は昔。元カレとの復縁に固執した代償は大きかったに違いない。(8月22日掲載)

http://news.livedoor.com/article/detail/13524702/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「帰ってきて…」当時の交際相手が心境語る 東松山少年暴行死事件から1年

3d03b_368_aab3dae6480fcf32716522f7bfa12e5a.jpg
取材に応じる元交際相手の少女=さいたま市浦和区

 埼玉県東松山市の都幾(とき)川河川敷で昨年8月、井上翼さん=当時(16)=が暴行を受け死亡した事件は22日、発生から1年を迎える。

 当時井上さんと交際していた高校3年生の少女(17)は「できるなら帰ってきて。ずっと一緒にいたい」と心境を語った。

 井上さんの全裸の遺体が河川敷で発見された翌日、井上さんと暮らしていた先輩から「つばさが死んだ」と無料通信アプリ「LINE(ライン)」で連絡があった。事件前に井上さんとけんかしていたこともあり、「冗談だろう」と思った。けんかの原因は、井上さん宅に後輩と行く約束をしていたのに「東松山にいる」とほごにされたこと。「あのとき、東松山に行って、無理矢理にでも翼を連れてきていれば…」

 事件直後に体調を崩し、食事もとれなくなった。当時は千葉県内で一人暮らしをして高校に通っていたが、青森県内の実家に戻った。あれから1年を迎えるが、井上さんのことを思い出さない日はなかった。

 生前、井上さんから「ディズニーに行きたい」「ご飯を作ってほしい」と言われていたが、かなわなかった。「もし翼が帰ってくるなら、約束をかなえて、やれることは全部やってあげたい」と後悔は尽きない。

 事件で傷害致死罪に問われ、7月に懲役6年以上9年以下の不定期刑を言い渡された無職少年(18)の裁判員裁判では、初公判から判決まで傍聴。少年らが1時間以上にわたり井上さんに暴行を加えていたことが分かり、「嘘をついただけで人を殺すなんて人間じゃない」と感じた。

 21日には同罪に問われた別の無職少年(17)の裁判員裁判初公判が開かれる。判決は28日に言い渡される予定だ。少女は「傍聴は自分の責任。最後まで見届けるつもりです」と力強く語った。(宮野佳幸)



【用語解説】東松山河川敷遺体事件

 埼玉県東松山市の都幾川河川敷で昨年8月23日朝、同県吉見町のアルバイト、井上翼さん=当時(16)=の遺体が全裸で半身が埋まった状態で発見された。同県警は前夜に河川敷で井上さんを溺死させたとして、当時14~17歳の少年5人を殺人容疑で逮捕。さいたま地検は5人を傷害致死の非行内容でさいたま家裁へ送致した。うち検察官送致(逆送)された18、17歳の少年2人が傷害致死罪で起訴。18歳の少年は有罪判決を受けた。他の3人は少年院送致の保護処分となった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13497789/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

警察の強圧的事情聴取、生徒の父が音声公開「レコーダーがなければ泣き寝入りだった」


3753e_1322_fc9ebf60_9d7f3a1f.jpg
万引き事件への関与を否認していた当時中学3年の男子生徒2人に、警視庁高井戸署の警察官が自白を強要し、東京弁護士会が警告書を発した問題で、男子生徒2人の父親らが8月10日、東京地裁の司法記者クラブで記者会見を開いた。

会見では、警察官が事情聴取で「高校なんか行かせねぇぞ、おめぇ。やってやんぞ。とことんやってやんぞ、おめぇ」などと声を荒げる音声を公開した。

音源はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=1fIp1nMCzhQ
●2時間にわたる強圧的な事情聴取
2人は万引き事件を起こした別のクラスメイトが、今回の男子生徒2人にそそのかされて起こした旨を供述していたことから、2015年12月に高井戸署への出頭を求められた。そこで「お前高校行かせねえよお前。どうすんだよ、認めねえのか」などと2時間に渡って強圧的な事情聴取を受けた。

2人が2016年4月12日に東京地検に特別公務員暴行陵虐罪で刑事告発したところ、事実を調査した警視庁から「違法な取り調べがあったことは明らかで、嫌疑もなかった。このようなことがなされたことは遺憾である」などと謝罪されたという。謝罪を受け、その後刑事告発は取り下げた。
●弁護士「もっとも危険な取り調べだ」
代理人の大谷恭子弁護士は会見で「今回の事案は、2人になんら嫌疑がない。第三者の供述によって、全く犯罪事実がない人間を引き込むというのは、刑事司法の上でもっとも警戒しなければいけない危険な取り調べだ。自白さえ取れればおしまいだと言ったことは許しがたい事態だ」と厳しく批判した。

ICレコーダーで録音していた男子生徒(当時15歳)の父親によると、警察官が自宅に来た際に対応した母親が、警察官の強圧的な態度に不安を感じたため、念のため事情聴取の際にICレコーダーを持たせることにしたという。「事情聴取が終わった後、息子がボイレコを指差して、『ここに入ってる、俺やっていない』と言葉にならない声で話したことを鮮明に覚えている。もしボイスレコーダーがなければ泣き寝入りせざるを得なかったと思うと、いたたまれない」と再発防止を求めた。

もう一人の生徒(当時14歳)の父親も、「罪を犯したことを前提に捜査が行われたことが、市民として非常に怖い。もう2度とこう言ったことが起きないようにしてほしい」と訴えた。

(弁護士ドットコムニュース)

http://news.livedoor.com/article/detail/13457515/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

広島の警察署内8500万円盗難、迷宮入りも囁かれ呆れる声

無題

 警察署が“ドロボー”に入られたのだから、情けないことこの上ない。広島県警広島中央署で5月8日、会計課の金庫から詐欺事件の証拠品として保管されていた現金約8500万円が盗まれていることが発覚。あれから3か月──。犯人逮捕どころか、捜査の進展もまったく聞こえてこない。県警関係者はこう話す。

「発覚当初、警察関係者による内部犯行の線は濃厚とみられ、ある程度犯人の目星もついていると考えられていた。会計課長も『金庫の鍵を入れていた机の引き出しは、5月2日まで異常なかった』と説明していたので発覚前の約1週間について調べれば済むという話だった。それが後になって現金が最後に確認されたのは3月中旬で、『その頃にはすでに金庫の中は空っぽだったのでは』という説も出てきた。犯行時期さえ、特定できていない状態です」

 まさかの迷宮入りまで囁かれる現状には、地元記者も呆れる。

「広島県警は他県と比べても記者に対して開かれた県警でしたが、この事件に関してはまったく口を開かない。幹部の夜回りをするクラブの記者の間では、“情報を出さないのではなく出せないだけだろう”と言われています。唯一の新しい話といえば、捜査の進展ではなく、『再発防止のために防犯カメラを増やす』ということくらいです」

 改めて、広島中央署に捜査の進展について尋ねると、「お伝えできるようなことは現在ないです」(副署長)と回答。“再発防止策”の防犯カメラについては、

「もともと署内には防犯カメラはあって、新しく設置するということになってはいるが、まだ設置されていない」(同前)

 と、こちらも進展がない様子。事件解決への道は遠そうだ。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

http://www.news-postseven.com/archives/20170810_602602.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「なめてんのかよ」 性的暴行社長の人物像

9fb2c_1110_20170731-190333-2-0008.jpg
 芸能事務所社長の男が契約を断ろうとした声優志望の女性に対し、性的暴行を加えたうえ、現金を奪ったとして逮捕された。男はさらに、別の女性にも性的暴行を加えたなどとして、6月、逮捕・起訴されていた。

■31日、東京・杉並区の芸能事務所“ヘルメス・エンターテイメント”の社長・佐藤弘樹容疑者(33)が、強姦致傷と強盗の容疑で逮捕された。

■警視庁によると、今年1月、声優志望の30代の女性が芸能関係の男性の紹介で、佐藤容疑者の事務所を訪れたという。

■5月になり、女性が契約を断るために再び事務所を訪れると、佐藤容疑者からいきなり頬を平手打ちされ、首を絞められて「なめてんのかよ」「スパイなんじゃねえのか」と言われたという。そして、性的暴行を加えられケガをさせられた。

■さらに、「仲介してくれた人に対して10万くらい払って謝らないといけないんじゃねえのか」と女性に話し、コンビニで現金10万円をおろさせ奪った疑いも持たれている。

■佐藤容疑者は別の女性にも性的暴行を加えていて、逮捕・起訴されていた。芸能関係を志望していた20代の女性が契約しないことを伝えに事務所を訪れたところ、性的暴行を加えられ、無理やり契約書を書かされたという。

■元所属タレントの男性は佐藤容疑者について、「ボディータッチとか、劇団の子たちに教える以外にベタベタ触ったりとか」と話す。

■一方、以前、佐藤容疑者の事務所の俳優を仕事で使ったことがあるという舞台関係者は、身に覚えのない請求をされたうえに、5~6時間、事務所内に軟禁されたという。

■さらに、事務所を辞めようとした女優に対し、辞めるには違約金が数十万円必要だと話したという。そして、支払いを拒否すると、払うまで毎日のように女優の部屋まで来ていたということだ。

■佐藤容疑者と一緒に仕事をしたことがあるという美容関係者も、支払いの遅れがあったと話す。

■佐藤容疑者は今回の事件について、「弁護士と話してからでもいいですか」などと話しているという。

http://news.livedoor.com/article/detail/13412160/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

BITCOIN MAXXIMIZE & ❤ じゃらん ❤

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア