大盛りあがりGO 野球

清宮幸太郎、メジャー挑戦と王貞治越えに立ちはだかる「越えられぬ壁」とは!?

20170926_asagei_kiyomiya-250x250.jpg
 高校野球屈指のホームランバッターである早稲田実業学校の清宮幸太郎選手が9月22日、プロ志望届の提出を表明。記者会見では「メジャーリーグで本塁打王」が夢だと語り、王貞治氏の持つ868本の本塁打世界記録が「自分の目標となる数字」だと語った。

 まさに「その意気や良し」と言える高い志を口にした清宮。だがメジャー挑戦については、そのハードルの高さを懸念する声も少なくない。中でも本人の努力では越えようのない壁が、本塁打王への挑戦を阻むと指摘する声もあるようだ。スポーツライターが語る。

「清宮は身長184センチで日本人としては大柄ですが、メジャーリーグではごく普通の身長に過ぎません。それがアメリカでのホームラン王争いにおいては大きなハンデになりえるのです。日本よりもパワー勝負になりがちなメジャーリーグでは長距離打者に相当なパワーが求められており、必然的に体格の良い選手のほうが有利。それはデータにも如実に表れています」

 メジャーリーグでここ10年のホームラン王を見ると、延べ16人の中で一人を除いて全員が身長188センチ以上の大型な選手ばかり。190センチ越えが10人もおり、イチローのチームメートだったマーリンズのジャンカルロ・スタントンに至っては198センチもあるほどだ。

 唯一の例外であるホセ・バティスタ(183センチ)は細身に見えるが、ユニフォームを脱げば筋肉のかたまりのような鋼の肉体を誇っている。その筋肉美と急激にホームランを量産しだしたことからドーピングも疑われており、これまで10回以上ものドーピング検査を受けさせられたほどだ。

「清宮の体格は正直なところ、長距離砲としては見劣りします。188センチとメジャー並みの体格だった元ヤンキースの松井秀喜でさえシーズン31本が最多。その松井を上回るホームランを量産できるとは考えづらいですね」(前出・スポーツライター)

 これまでのところ松井を除き、日本人の長距離砲がメジャーリーグで通用した例はない。清宮も王越えを目指すなら、国内球団でじっくりと勝負したほうがいいのかもしれない。

(金田麻有)

http://www.asagei.com/excerpt/89592

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

阪神鳥谷は史上50人目/2000安打以上選手一覧

m_f-bb-tp0-170829-0094.jpg
阪神鳥谷敬

(日刊スポーツ)

<阪神8−3DeNA>◇8日◇甲子園

 阪神鳥谷敬内野手(36)が、DeNA井納から2回の第1打席に適時二塁打を放ち、日本プロ野球史上50人目となる通算2000安打の偉業を達成した。

 過去に2000安打以上を放った選手は以下の通り。

<1>張本勲(ロッテ)3085

<2>野村克也(西武)2901

<3>王貞治(巨人)2786

<4>門田博光(ダイエー)2566

<5>衣笠祥雄(広島)2543

<5>福本豊(阪急)2543

<7>金本知憲(阪神)2539

<8>立浪和義(中日)2480

<9>長嶋茂雄(巨人)2471

<10>土井正博(西武)2452

<11>石井琢朗(広島)2432

<12>落合博満(日本ハム)2371

<13>川上哲治(巨人)2351

<14>山本浩二(広島)2339

<15>榎本喜八(西鉄)2314

<16>高木守道(中日)2274

<17>山内一弘(広島)2271

<18>大杉勝男(ヤクルト)2228

<19>大島康徳(日本ハム)2204

<20>若松勉(ヤクルト)2173

※<20>新井貴浩(広島)2173

<22>稲葉篤紀(日本ハム)2167

<23>広瀬叔功(南海)2157

<23>秋山幸二(ダイエー)2157

<25>宮本慎也(ヤクルト)2133

<26>清原和博(オリックス)2122

<27>小笠原道大(中日)2120

<28>前田智徳(広島)2119

<29>谷繁元信(中日)2108

<30>中村紀洋(DeNA)2101

<31>古田敦也(ヤクルト)2097

<32>松原誠(巨人)2095

※<33>松井稼頭央(楽天)2084

<34>山崎裕之(西武)2081

<35>藤田平(阪神)2064

<36>谷沢健一(中日)2062

<37>江藤慎一(ロッテ)2057

<37>有藤道世(ロッテ)2057

<39>加藤英司(南海)2055

<40>和田一浩(中日)2050

<41>小久保裕紀(ソフトバンク)2041

<42>新井宏昌(近鉄)2038

※<43>荒木雅博(中日)2023

<44>野村謙二郎(広島)2020

※<45>阿部慎之助(巨人)2019

<46>柴田勲(巨人)2018

<47>ラミレス(DeNA)2017

<48>田中幸雄(日本ハム)2012

<49>駒田徳広(横浜)2006

<50>鳥谷敬(阪神)2000

※は新井貴浩、松井稼頭央、荒木雅博、阿部慎之助が現役。所属は現役最終。数字は2017年9月7日現在での通算安打数。

https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports
/sports/f-bb-tp0-170829-0094.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

日本ハム・メンドーサがウエーバー公示に広島追撃中の阪神、DeNAが綱引き

yasu-bb-150228-fmend01-ogp_0.jpg

 広島東洋カープに再びマジックナンバーが点灯した(8月25日)。しかし、ここまで90打点を稼いできた4番・鈴木誠也を故障で欠いており、スンナリとは行きそうにない。これに加えて、ライバル球団に思わぬ「ディスカウントセール」も飛び込んできた。

 北海道日本ハムファイターズが昨季の優勝、日本一に貢献したルイス・メンドーサ(33)を手放す。近日中にウエーバー公示へ――。

 「日ハムはクライマックス・シリーズ(CS)進出が絶望的となり、来季に向けて若手中心の選手起用に切り換えました。メンドーサはその煽りで19日に二軍落ちとなりました。本人はヤル気十分なので球団と話し合い、ウエーバー公示にかけることになりました」(ベテラン記者)

 トレードなどの補強は7月末を持って、終了となる。しかし、ウエーバーによる“譲り受け”は期限以降でも認められている。

 この情報に迅速な対応を見せたのが、2位・阪神と3位・DeNAだという。

 関西圏で活躍しているプロ野球解説者によれば、遠征先の都内ホテルで阪神・四藤慶一郎球団社長は金本知憲監督らと会談を行うという。毎年恒例の終盤戦での失速を防ぐ目的はもちろんだが、阪神は主軸先発投手のメッセンジャーを故障で欠いてしまった。藤浪晋太郎もピリッとしない。阪神が名乗りを上げる可能性は高いが、DeNAも手を拱いてみているつもりはないようだ。

 「57年ぶりとなる3夜連続サヨナラ勝ちで首位広島を叩きました(24日)。意気の上がるDeNAはまだ優勝を諦めていません。広島の側からしても、CSで対戦したくないのはDeNAだと思っています。DeNAが日本シリーズに進出すると予想も出ています」(前出・ベテラン記者)

 DeNAは広島に勝ち越している唯一の球団でもある(同時点)。ラミレス監督による「8番・投手、9番・倉本」の変則打順が功を奏し、6月30日には主砲・筒香嘉智を3番に置き換えた。こうした打線の変更が全て的中しているわけだが、ラミレス監督はこうも語っていた。

「優勝するには、2ケタ投手が4人必要」

 目下のところ、2ケタ投手は今永昇太(10勝)だけ。到達の可能性がありそうなのは新人の濱口遥大(7勝)、ウィーランド(6勝)で、井納翔一(5勝)が「ひょっとしたら」と言える程度だ。実績十分のメンドーサが加われば、広島はさらにDeNAに対する警戒心を強めなければならないだろう。しかも、メンドーサは中継ぎも務まる。リリーフ陣の疲労がピークに達するこの先の終盤戦、CSでとくに重宝するだろう。

 もっとも、一軍登録できる外国人選手は4人まで。現4番のロペス、ウィーランドは外せない。パットン、エスコバーの救援投手も結果を出している。メンドーサはライバル・阪神に譲ることになるのだろうか。

 「シーズン途中にトレード獲得したエスコバーは奪三振数も多いが、与四球も少なくない。19回3分の1しか投げていないのに(同時点)、被安打数は19、うち3本は本塁打でした。左の救援投手は貴重だが、メンドーサのほうが、安定感がある」(前出・プロ野球解説者)

 ラミレス監督は打線ではなく、一時的だが救援投手の配置換えも行った。クローザーの山崎康晃を休ませるためだったが、その間、代役を務めたパットンに対してはもちろん、山崎にも自ら「理由」を説明し、納得させていた。DeNAが好調な理由はラミレス監督の気配りによるものであり、チームも団結してきた。対する阪神も毎年の失速を繰り返すわけには行かない。広島追撃を続ける両チームの駆け引きが繰り広げられそうだ。

http://npn.co.jp/article/detail/41068553/

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

花咲徳栄、数字が語る初優勝の理由 超絶「10点打線」は計画通りだった

5c5e0_80_f8ac6cca_286ab40d.jpg
夏の甲子園で花咲徳栄が初優勝を果たした(写真は試合当日のものではありません)

夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)で初優勝した花咲徳栄(埼玉)の強烈すぎる打撃力に注目が集まっている。

甲子園は全6試合すべて9得点以上。2017年8月23日の決勝・広陵(広島)戦も14得点と爆発し、1試合平均は10得点を超えた。実は、予選の地方大会の得点数を見ても、甲子園出場49校中2番目の多さだった。

6試合すべて9得点以上

決勝戦、花咲徳栄は初回から2点、3回にも2点、5回には打線が爆発し一挙6点、続く6回も4点を追加して突き放し、14-4と大差で初優勝を決めた。埼玉県勢としても初の甲子園優勝となった。

花咲徳栄はこの試合に限らず今大会、全試合でその打撃力を発揮している。1回戦・開星(島根)戦は9-0、2回戦・日本航空石川(石川)戦は9-3、3回戦・前橋育英(群馬)戦は10-4、準々決勝・盛岡大付(岩手)戦は10-1、準決勝・東海大菅生(西東京)戦は9-6と、いずれも9得点以上をあげて勝利してきた。決勝を含めた全6試合で計61点、1試合平均では10.2点(小数点2位で四捨五入。以下同)と2桁に達した。

昨夏の覇者・作新学院の5.8点を大きく上回るのはもちろん、「打高投低」だった今大会上位陣の中でも、花咲徳栄は頭一つ抜けていた。ベスト8のチームで1試合平均の得点数を比較すると、東海大菅生8.8点(4試合35点)、明豊(大分)8.3点(3試合25点)、広陵8.0点(6試合48点)、天理(奈良)7.5点(4試合30点)、盛岡大付5.8点(4試合23点)、仙台育英(宮城)5.5点(4試合22点)、三本松(香川)5.0点(3試合15点)だった。

予選69得点は大阪桐蔭に次ぐ49校中2位

埼玉県大会でも安定して高い得点力を見せていた。計69得点(7試合)は甲子園出場49校中、優勝候補の筆頭格と目されていた大阪桐蔭の77点(8試合)に次いで多かった。8月2日発売の「週刊朝日増刊 甲子園2017」によると、花咲徳栄の岩井隆監督は「150キロの投手から連打は見込めない。甲子園で勝つにはロングが必要」として長打力の増強に特に注力してきたという。

優勝直後からその打撃力はツイッター上で注目が集まり、

「優勝した花咲徳栄の、、甲子園での戦績は全試合9得点以上。化け物です」
「花咲徳栄とんでもない打線だった すべて9得点以上」
「今年の花咲徳栄は全員が打ってどっからでも点が取れる打線」
「とにかく花咲徳栄の強力打線にあっぱれ!」
「打線は文句なしにトータルでNo.1」

といった投稿が相次いでいた。


http://news.livedoor.com/article/detail/13511309/

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

仙台育英、大阪桐蔭戦での「蹴り疑惑」 日本文理戦でもとネットで騒動拡大

5fa9a938.gif

286a4_80_d5e4ebd1_749ee983.jpg 夏の甲子園(全国高校野球選手権)3回戦で仙台育英の選手が一塁を駆け抜けた際、「大阪桐蔭の一塁手の足を蹴ったのではないか」と物議を醸した場面が、試合から2日経っても波紋を広げている。

ツイッター上では、2回戦の日本文理戦でも同じ選手が一塁手の足を蹴ったのではないかと指摘があがり、その場面の動画が拡散された。

「たまたまなら仕方ないけど...」

2017年8月19日の仙台育英と大阪桐蔭による3回戦、0-0で迎えた7回ウラ2死の場面で、打席に立った仙台育英の捕手は遊ゴロを打つと、一塁を駆け抜けた。この際、塁を右足で踏み、左足が大阪桐蔭の一塁手に直撃した。アウトになったが一塁手は倒れ込み、チームメイトに肩を支えられながらベンチへ引き上げた。試合後は車いすに乗って球場をあとにしたという。このけがもあってか、ツイッターやインターネット掲示板上ではこの走塁をめぐって非難と擁護の声が飛び交った。

「完全にわざとやってるな」
「たまたまなら仕方ないけど、普通に走ってこんな当たり方するかな」
「セーフになろうと全力疾走してベースを踏もうとすればあんな動きになると思う」
「プレー中に相手を怪我させようとするプレイヤーなんてそうそういるものではありません」

すると、9回ウラにはまさかの「ミス」が起きた。2死1、2塁、大阪桐蔭が1-0とリードで迎えた場面で、遊ゴロを送球された大阪桐蔭の一塁手は、塁を踏まずに捕球した。タイミングはアウトに見えたため大阪桐蔭ナインはベンチに戻りかけたが、一塁手がベースを踏むのが遅れて打者がセーフ。勝利が一転、結局サヨナラ打を浴びて1-2で敗北した。けがをした一塁手は、けがをした時の走塁との関連を問われて、「関係ありません」などとスポーツ紙に語ったが、ツイッターでは「仙台育英が大阪桐蔭のファーストの足を蹴ったのが完全に伏線になってる負け方やん...」と、7回ウラの走塁と関連づける投稿も複数見られた。

2回戦の日本文理戦にも波及

バッシングは、仙台育英の2回戦・日本文理戦でも同様の場面があったなどとして拡大した。6回ウラ2死3塁の仙台育英の攻撃、打者は前述と同じ捕手。二ゴロの一塁送球がそれて、一塁手が体を地面に投げ出して捕球したところ、同捕手の右足が一塁手の足に当たったように見えた。3アウトでチェンジになり、一塁手にもケガはなかったようだが、「日本文理戦での疑惑の足蹴り」などと言われて大阪桐蔭戦後に拡散された。

さらには、仙台育英を労うツイートに対して「ナイスキックと●●(編注:実際は同捕手名)くんに伝えてください」などと誹謗するリプライも寄せられている。

大阪桐蔭戦7回ウラの走塁について、20日の日刊スポーツによると、仙台育英の同捕手は「必死にセーフになろうと思って走り、体のバランスを崩して足が当たってしまった。決して故意ではありません」と述べている。

しかし、同捕手は20日の準々決勝の広陵戦で先発を外された。仙台育英は4-10で敗れて夏を終えた。21日のスポーツ報知によると、仙台育英の佐々木順一朗監督は欠場理由について明言を避けつつ「彼を守るために戦った」としている。

21日になってもネット上では大阪桐蔭戦の走塁をめぐって「蹴り入れてる時の脚の使い方」「ベースの踏むのに全力疾走して接触したよーにしか見えない」といった投稿が続いている。また、「大阪桐蔭も仙台育英もこんな終わりかたは気持ちよくないだろ」と嫌気を感じる向きも少なくない。


http://news.livedoor.com/article/detail/13501798/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

BITCOIN MAXXIMIZE & ❤ じゃらん ❤

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア