大盛りあがりGO 生活情報ニュース

<育児>毎日スマホに接する乳幼児2割 4年前より倍増

m_mainichi-20171017k0000e040178000c.jpg
 スマートフォンにほとんど毎日接している乳幼児の割合が約2割に上り、4年前の前回調査に比べ2倍近く増えたことがベネッセ教育総合研究所の調査で分かった。育児にスマホの普及が進む一方で、外遊びや絵本など他の活動とのバランスは前回調査から大きな変化がなく、保護者の配慮がうかがえる結果となった。

 調査は3月、首都圏在住の6カ月から6歳までの乳幼児を持つ母親3400人を対象にインターネットで実施。母親のスマートフォン使用率は92%で、前回60%から大幅に伸びた。

 子どもがスマートフォンに接する頻度を問うたところ、「ほとんど毎日」と回答した割合は21.2%(前回11.6%)。「まったく見ない(使わない)」割合は28.6%(同46.9%)だった。1日あたりの使用時間は「15分未満」の割合が70%と前回の87%から減少し、15分以上接している子どもの割合が増加していた。

 一方で約7割の子どもは1日1時間以上外遊びや散歩をするなど、1日あたりの活動時間では各種メディアに接する時間に対し大きな増減はなかった。メディアを使用する場面では「親が家事で手を離せない時」にスマートフォンを使う割合が前回の約2倍の15%に増えていたが、テレビ番組は前回72%から64%に減少した。スマートフォンなどで子どもにさせることで多いのは「写真を見せる」「母親や子どもが撮った動画を見せる」などだった。

 インターネット動画やアプリを見せることのデメリットとして、約8割が「目や健康に悪い」「夢中になり過ぎる」と回答するなど過度の利用への懸念も示しており、使用する際の主な工夫(自由記述)では「長時間見せない」が最多だった。

 同社の担当者は「メディアが進化する中で乳幼児にどう見せるかは課題だが、親が使い方を考えながらコミュニケーションに取り入れていることがわかった」と話した。【藤沢美由紀】

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation
/mainichi-20171017k0000e040178000c.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「よく考えたら命がけ」小学校の遠足で“お菓子交換禁止”にされている理由とは!?

m_lettuceclub-124223.jpg
アレルギー対策の一環で遠足のお菓子は交換禁止!
(レタスクラブニュース)

小学生の一大イベントの1つ“遠足”。親御さんから買ってもらった自慢の“おやつ”を持ち寄って、友達とおやつ交換を楽しんだ人も多いと思います。しかし最近では、おやつ交換を禁止している学校も少なくありません。

お菓子交換禁止の理由とは?

今年9月にとあるTwitterユーザーが “おやつ交換”に関するツイートを投稿。SNS上でちょっとした話題になりました。

このTwitterユーザーは、娘が持ってきた“遠足のしおり”に「お菓子交換禁止」との文言があることに疑問を抱いたとのこと。すると小学1年生の娘から「その子が食べられないものがお菓子に入っているかもしれないから交換できない」と冷静に説明されたそうです。

どうやらアレルギー対策として、おやつ交換が禁止になっている模様。同ツイートには「確かにアレルギーとかシャレにならないからね…」「私の小さい頃はよくおやつ交換してたけど、よく考えたら命がけの行動だったんだな」「おやつには卵とか小麦粉が入ってるものも多いし、おやつ交換禁止は妥当」といった声が寄せられました。

急性のアレルギー反応の1つ“アナフィラキシー”を発症すると命にかかわることもあり、近年学校側はアレルギー対策にかなり力を入れている様子。小平市の教育委員会が発行した「食物アレルギー対応方針」にも「遠足や社会科見学等では、児童・生徒が持参した弁当や菓子の交換などをしないよう、学級担任等が指導する」と明記されています。

今回紹介したツイートからも、小学1年生の子どもが親に説明できるくらい指導が行き届いていることがわかり「教師が『ダメなものはダメ』とは言わずにキチンと説明したんだろうなぁ」「子どもだけでなく教師も優秀」といった賛辞が贈られていました。

何かとやっかいなおやつ交換

アレルギー問題以外に、「おやつ交換があると親同士の“値踏み”があって嫌」との理由でおやつ交換を嫌がる親御さんも少なくありません。特に幼稚園の遠足では保護者同伴のもと“おやつ交換”が行われるケースもあり、「子どもの好きなお菓子と“バラマキ用”のお菓子を用意しなくちゃいけないから面倒」「おやつ交換が暗黙のルールになっててつらい… 楽しい遠足がちょっとした“政治”の場になってる」との声が上がっています。

これが“セレブ”な幼稚園だとさらに顕著になる模様。以前「週刊女性PRIME」に、ナインティナイン・矢部浩之の息子の遠足が取り上げられました。記事によると、矢部の息子が通う幼稚園の遠足では、同伴している保護者の間でおやつ交換の“値踏み”が行われているとのこと。取材に応じたとある保護者は「有名パティスリーのお菓子や、海外のクッキーなどを持ってくる人が多い」と答えています。

一昔前よりも色々とナーバスになっている子どもの“おやつ交換”事情。子どもが遠足に出発する前に、親も“遠足のしおり”を熟読しておいた方がよさそうですね。

https://news.goo.ne.jp/article/lettu
ceclub/life/lettuceclub-124223.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

幼児期外遊び、多い子ほど運動得意 「習慣につながる」

m_ASKB646TVKB6UTIL02T.jpg
 幼児期によく外遊びをしていた子どもほど、小学校に入ってからも体力がある――。体育の日の9日に合わせ、スポーツ庁が発表した「体力・運動能力調査」でこんな傾向が明らかになった。同庁は「幼児期に体を動かすことは、小学校での運動やスポーツの習慣につながっている」とみる。

 調査は毎年実施しており、今回は2016年5月〜10月、6歳から79歳まで約6万4600人が受けた。

 小学生(6〜11歳)については、入学前の外遊びの頻度といまの体力の関係を初めて調べた。その結果、例えば外遊びが「週6日以上」だった10歳女子は50メートル走や握力などの体力テストの合計点が59・1点で、「週1日以下」だった10歳女子より8点ほど高かった。10歳男子でも「週6日以上」の層は、体力テストの点数が「週1日以下」の層より5点ほど高かった。

 一方、入学前の外遊びの頻度を男女で比べると、「週6日以上」はいずれの年齢でも男子の方が女子より数ポイント高い。育て方の影響などで、男女の運動習慣の差が幼いころから表れていると言えそうだ。

 また、20〜79歳に運動やスポーツによるストレス解消の効果を尋ねたところ、いずれの年代も9割程度が「大いに感じる」「まあ感じる」と答えた。週1日以上の運動をしている人は、していない人よりもストレス解消効果を「大いに感じる」と答える割合も高かった。(根岸拓朗)

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/
nation/ASKB646TVKB6UTIL02T.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

“直葬”増加も「みすぼらしく死者が浮かばれん」と親戚批難

m_postseven-616112.jpg
急増中の「直葬」でトラブル発生も

(NEWSポストセブン)

 葬儀費用の全国平均は約119万円(鎌倉新書「第2回お葬式に関する全国調査」)となっているが、近年は葬儀を近親者だけで済ませる「家族葬」や、通夜や告別式をせずに火葬場に直行し、僧侶に読経だけしてもらう「直葬」が急増している。葬儀・お墓コンサルタントの吉川美津子氏が解説する。

「家族葬といっても家族3〜4人のみから、親類や友人を合わせて20〜30人で行なうものまで幅広い。相場は地域によっても異なりますが、おおむね50万〜150万円程度でしょう。家族葬は費用を抑えられるものの、会葬者が少なく受け取る香典が減るため、一般葬より持ち出しが多くなるリスクがある。直葬の場合は20万〜30万円とより低価格になる」(吉川氏)

 鎌倉新書の調査によれば、今や国内の全ての葬式の6分の1が直葬だという(「直葬への対応」に関する葬儀社アンケート調査)。

 身寄りが不在だったり、生活保護受給者など経済的に困窮する高齢者の葬儀が増えていることが主な理由と見られているが、「一般的な家庭でも直葬を選択するケースは多くなっている」(葬儀場関係者)という。

 近年は「火葬場渋滞」という新たな問題も“死後待遇”に関わってくる。都内在住の60代男性は、数年前、母親が亡くなった際の葬儀に直葬を選んだ。

「母の葬儀にかけるお金がなく、業者に直葬を頼みました。しかし火葬場が混み合っているということで、5日ほど母の遺体を自宅で安置することになった。最初は“ゆっくりお別れができていい”と思っていました。ところが業者がドライアイスをけちったためか、遺体に傷みが目立つようになってきて……。安い業者に頼んだばかりに母に申し訳ないことをしてしまったと悔やんでいます」

 ここまでの事例はまれだが、「激安価格」をウリにする葬儀社などは注意が必要だ。家族葬でもトラブルは絶えない。都内の70代女性がいう。

「夫の遺言に従って親族8人ほどでひっそりと葬儀を行ないました。でも田舎に住む一部の親戚は価値観が全然違って……。いまだに“あんなにみすぼらしい葬式じゃ浮かばれん”“旦那の葬式代をケチるなんてとんでもない嫁だ”と批難されているんです。

“夫の遺志だ”と説明してもなかなか納得してもらえない。別にお金に困っているわけじゃない。こんなことなら遺言に従わず、普通の葬式をあげればよかったと思います」

 残された家族に負担をかけたくない──そんな気持ちがアダになり、嫌な思いをさせてしまうのでは本末転倒だ。墓や納骨堂も息子世代、孫世代に「墓問題」を残すことがある。ある寺院関係者がいう。

「子や孫のために預貯金を残してあげたいと考え、資金に余裕があっても安価な納骨堂や合同墓を選ぶ人は少なくない。しかし骨壺が2つまでしか収納できない納骨堂や、合同墓の場合、子や孫が『同じ墓』に入ることができなくなるため、新しくお墓を探さなくてはならなくなるのです。

 祖父母の一般墓は神奈川、父親の合同墓は千葉、妻の納骨堂は埼玉、などということになれば、とても全てを回りきれない。結果、無縁墓同様になってしまうケースもあります」

「死後格差」が、子や孫にまで“相続”されてしまうというのも悲しい話か。

※週刊ポスト2017年10月6日号

https://news.goo.ne.jp/article/postseven
/trend/postseven-616112.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ジップロックなどを再使用する人 4割が「におうまで使う」

m_postseven-614953.jpg
食品保存袋の再使用はあり?なし?

(NEWSポストセブン)

 忙しい主婦にとって、食品のまとめ買いは必須。そして大量の食品を小分けにしたり、冷凍保存するのに役立つのがジップロックなどの保存袋。でもコレ、どう使っているだろうか? 女性セブンの読者による「セブンズクラブ」の会員(全国の20〜80代の男性・女性)484名を対象に、「保存袋の再使用」について、賛成か反対かのアンケートを実施したところ、「賛成」が60.1%、「反対」が39.9%だった(アンケート実施期間2017年8月10〜23日)。

 さらに、再利用をすると回答した人に対して「保存袋は何回まで再使用しますか?」と質問をしたところ、「におう・汚れる・破れるまで」が40.5%、「特に決めていない」が24.1%、「2〜3回」が24.4%、「1回」が8.2%、「4回以上」が2.8%だった。

 食品用の保存袋は、洗って再使用していいものなのか、“消費期限”はあるのだろうか。読者アンケートによれば、再使用は不潔という意見も。

「確かに、食品に使用したら使い捨て、という保存袋もありますが、再使用可能な袋や抗菌機能を付加している袋もあります。再使用回数も各社で異なり、5〜20回と幅があります。使用後は汚れをきれいに洗って完全に乾かすなどしてから使うのが一般的です」とは、家事・収納アドバイザーの本多弘美さんだ。使用回数がパッケージに明記されているものは参考にし、気になるならカスタマーセンターに問い合わせよう。

「洗ってきれいにしたとはいえ、野菜や肉などの生鮮食品を入れた保存袋に、再び食品を入れるのに抵抗があるなら、個包装された菓子、保冷剤や使用途中の小袋調味料などの細かい物をまとめる袋に活用するのも手。ただし、においや汚れが付着していない場合ですが」(本多さん)

 一方、一度食品を入れた保存袋は、衛生上の観点から再使用はすすめられないと、旭化成ホームプロダクツ ジップロック担当の小永井里美さんは言う。

「食品に使用した場合は、使い捨てをすすめています。ただし、食品保存以外に保存袋を使用するかたも増えており、物品の整理用に使用された場合は、繰り返し使っても問題ありません」(小永井さん)

 化粧品、コード類の収納など、食品以外を入れる分には、衛生上も安心だ。また、意外と重宝するのが旅行時。小物・衣類の収納に使うなら何度でも再利用できる。

 丈夫な保存袋を使い捨てるのはもったいない。ゴミを減らす意味でも、“入れる物“を工夫するとよさそうだ。

※女性セブン2017年10月5日号

https://news.goo.ne.jp/article/post
seven/trend/postseven-614953.html

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
当サイトはリンクフリーです。 記事の引用、転載も基本フリーですが、 下記メールフォームに連絡して頂けたら幸いです。 また、相互リンクも受け付けています。
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

BITCOIN MAXXIMIZE & ❤ じゃらん ❤

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

Fc2 田舎の浮雲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア