大盛りあがりGO

「イヤホン難聴」ご用心…若い世代でもリスク

m_20180525-052-OYTET50011.jpg
外の雑音を消す「ノイズキャンセラー機能」のある商品も多く並ぶ(東京都千代田区のビックカメラ有楽町店で) 【読売新聞社】

(ヨミドクター(読売新聞))

 イヤホンで音楽を聴く機会が増えたことなどから、若い世代でも難聴になるリスクが高まっている。世界保健機関(WHO)では、世界の11億人が難聴になる可能性があると警告しており、現場の医師らも「イヤホンなどによる難聴の初期症状は分かりにくいこともあり、注意が必要だ。放置して聴力を失うと回復するのは難しい」と訴えている。(渡辺達也)

■自覚ない進行

 東京都中央区の耳鼻咽喉科「日本橋大河原クリニック」に4月、20代の女性会社員が「おとといのコンサートで左耳が聞こえにくくなり、耳鳴りもする」と訪れた。コンサート会場では、女性の左側に大きなスピーカーがあり、大音量で耳が痛くなったという。女性はビタミン剤などを処方され、1週間程度で完治した。

 このように、急に聞こえが悪くなる一過性の難聴は症状が分かりやすいが、クリニックの理事長、大河原大次さんは「イヤホンなどで大音量の音楽を聴き続けている場合、少しずつ聞こえが悪くなるので気付きにくい」と指摘する。

 WHOは2015年、世界の中所得国以上で暮らす12〜35歳のうち、およそ11億人が難聴になる危険があると発表した。理由は、同年齢の半数近くがスマホなどを使い、イヤホンで大音量の音楽を聴いているためだ。

 日本補聴器工業会では、12年と15年に、あらゆる世代の約1万5000人を対象に、難聴に関するアンケートを実施した。その結果、14歳以下で難聴と自己申告したのは、12年は0.6%だったが、15年は1.5%に増えた。

 長時間、大きな音を聞き続けている危険性について、国際医療福祉大学病院(栃木県那須塩原市)の耳鼻咽喉科教授の中川雅文さんは、「片道1時間強の新幹線通勤で、耳を窓にくっつけて寝ることが習慣になった結果、難聴になった人もいる」と話す。

■連続1時間聴かない

 イヤホンを使って大音量の音楽などを聴くリスクは、中高年でも変わらない。

 電車内などは騒音で音を大きくしがちだが、中川さんは「最大音量の60%以下にすること、1時間以上連続して聴かないこと」をアドバイスする。ライブハウスでスピーカーが目の前にある場合は耳栓をすることも必要だ。

 大河原さんは「耳鳴りがして聞こえにくい、または小さい音が響いてうるさく感じる、耳がつまってふさがった感じがするなどの場合は、耳鼻科を受診して」と話す。

 中川さんは「耳は消耗品で、聞いていい音量と時間には限界がある。長持ちさせるには、大音量で音楽に接しないよう意識することが大切だ」と呼び掛けている。

■耳の負担抑える商品も

 耳への負担をなるべく抑えるイヤホンやヘッドホンも登場している。

 ビックカメラ有楽町店(東京都千代田区)では、外の雑音を消す「ノイズキャンセラー機能」のある商品も多く並ぶ。売り場担当の桝井一樹さんは、「小さな音量でも音楽を楽しめます」と話す。

 また、耳をふさがず、骨伝導などで音楽を楽しめるイヤホンも耳にいいとされる。ただ、音漏れしやすいなどのデメリットもあり、使うときは周囲に配慮したい。

https://news.goo.ne.jp/article/yomidr
/life/20180525-052-OYTET50011.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

日本では最高でも110km/h制限なのに速度リミッターが180km/hの理由とは?

安心かつ安全に走行できる性能を確保するために必要な速度
 ご存知のように、普通車にはリミッターが付いていて、180km/h以上は出せない。トラックは悲惨な事故があった結果、90km/hだし、軽自動車は140km/hに引き上げられた。軽は少し高めな気がするが、もっと高いと思わせられるのが、普通車の180km/hリミッターだ。

 危険だという意見はよく目にするが、少しずつ緩和されてきているにしても、高速道路の多くはまだ100km/h制限で、180km/hはリミッターの意味がないように思える。ちなみに輸入車にはないという人もいるが、たとえばドイツ車は基本的には250km/hでのリミッターが付く(例外は多々あり)。

e8d8d_1568_70ad8010cdcb1f8fc268692f38239d17.jpg
 ドイツ車ならアウトバーンもあるから納得はできるのだが、日本の場合は今ひとつ理由はわからない。日本自動車工業会の自主規制で義務はないものの、180km/hになった理由はメーカーに聞いても定かではない。

 ただ、ことあるごとに関係者から意見を聞いたところで、一番多かったのは「180km/h出せる性能を確保しないと、100km/hでも満足に走れないから」というもの。確かに追い越しなどの瞬間では、100km/hしか出ないようでは逆に危険だろう。

 そのほか、性能を高めていって、リミッターを付ける時点での平均的な最高速度だったから。タイヤ外径やメーター誤差を考慮に入れたりすると、180km/hぐらいの余裕は必要などという意見もあった。後者は少し多すぎる気もするが、夜の高速道路でトラックの隊列が交通の妨げになっているシーンをよく目にするにつけ、制限速度プラスアルファでリミッターを設定しておかないと、ダメなのは確かだろう。

 あまりリミッターを低く設定すると、技術進化の阻害にもなりかねないのは事実。その昔、某ドイツメーカーの社長が「日本では100km/h制限だが、どう思うか?」と問われて「もっと高いスピードでも安全に走れるようにするのが使命だし、技術というもの。100km/hでいいなら、莫大な開発費をかける必要なんてない」と言い放っていたのは印象的だった。高速道路の制限速度緩和も進むが、いずれにしても、安全ありきなのは確かだ。

WEB CARTOP
http://news.livedoor.com/article/detail/14770719/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

登山専用の車いすで標高1300m踏破 くじゅう連山

ff51e_1509_5b9c776c_eb4ca56a.jpg
車いすで山道を進む折田聡美さん=大分県竹田市

 車いす生活を送る大分県別府市のNPO法人スタッフ橋本剛さん(31)と折田聡美さん(43)が26日、車いすで、くじゅう連山の登山に挑んだ。

 約30人のボランティアに支えられ、標高約1300メートルの法華院温泉(同県竹田市)まで約2時間半かけて到着。「九州で最高地にある温泉」を楽しんだ。

 軽くて車輪が太い登山専用の車いすを使用。風雨の中、ボランティアらが車いすとそれぞれの肩をロープで結び、7人で1台の車いすを引いた。段差や急坂もあったが、声を掛け合って山道を進んだ。

 子どもの頃から山登りが好きだったという橋本さんは「本当に来られるとは思わなかった。最高です」。折田さんは「登山は大変だったが、写真でしか見たことのない所に来られてうれしい」と笑顔を見せた。(小林圭)


朝日新聞デジタル
http://news.livedoor.com/article/detail/14773704/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

現役部員「集団告発」も!? 日大アメフト、メディアに証言続々

b8319_80_b857e283_c0220237.jpg
現役部員「集団告発」も!? 日大アメフト、メディアに証言続々

関西学院大学側への文書提出にさきがけ、2018年5月23日夜に急遽開かれた日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨コーチの記者会見は、より批判を集める結果となった。

会見から一夜明けると、会見を見ていた現役のアメフト部員の声が複数のメディアで報じられ、監督らの発言に対する追及の手が強まっている。

宮川選手、監督・コーチ 主張は平行線
質疑応答を含めて2時間以上に渡って行われた会見では、監督・コーチともに22日の日大・宮川泰介選手の会見内容への反論を繰り返した。日大側はタックルの指示は無かったという姿勢を貫いているが、そうした対応に対し、メディアで報じられる現役部員の声は批判的だ。

18日の「羽鳥慎一のモーニングショー」(テレビ朝日系)では、

「明らかに反則しろと受け取れる指示が監督からあった」
という証言が取り上げられており、宮川選手も同様に23日の会見で、監督・コーチから相手選手にけがをさせるようなプレーを促す指示があったと明言している。

会見後に放送された23日の報道ステーション(テレビ朝日系)では、監督らが話した内容がすべて嘘だったという現役部員の声を紹介しており、同様に24日の「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)でも、

「ありえない」
「すべてのことがうそ」
といった部員のコメントが報じられ、他にも

「明らかにケガをさせる意味を持っていたと思う」(デイリースポーツ、24日)
「宮川選手やOBが証言していても何も変わっていない。声を上げても何も変わらない無力感があります」(NHK、24日)

など、様々なメディアが現役部員の声を伝えている。

現役部員の会見望む声高まる
宮川選手と内田前監督・井上コーチの主張は平行線をたどる中、ネットでは

「パワハラもセクハラもいじめも、被害者が声をあげるだけでは解決しない。周囲にいる人が大事だと思う」
「現役部員たちが立ち上がって真実を語って欲しい」
「日大アメフト現役部員の真実の声も聴きたい」
と、現場に居た現役部員たちの会見を望む声は多く、日大出身の落語家・立川志らくさんも24日の「ひるおび」(TBS系)で

「彼らはスポーツマンなら全員公の場に出てきて、何があったか言うべきです。何があの時指示されていたのか、みんな選手たちは知っているはずなんだから」
と、コメントした。


J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14763243/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

トンネル内「この先、注意」音声で警告 高速道で初

d3566_1509_ea043118_e985d92a.jpg
トンネル内に設置されたスピーカー(中日本高速道路提供)

 中日本高速道路は24日、渋滞情報などを走行中の車両に音声で知らせるシステムの運用を始めたと発表した。

 大学との共同研究で、窓を閉めていてもドライバーに聞こえる周波数を使っている。高速道路では初めての取り組みという。

 導入しているのは、小田原厚木道路小田原西インターチェンジ(IC)―大磯IC間の2カ所のトンネル内。天井に設置したスピーカーから「この先、工事走行注意」「この先、渋滞走行注意」という2種類の音声が流れる。7月末まで工事で車線規制をしており、常時音声を流している。

 中日本高速によると、これまで標識や警告音で注意喚起をしてきたが、見逃しや警告音の意味が理解しづらい面があり、音声の導入を決めたという。今後はトンネル外でも使えるよう改良していく。宮池克人社長は記者会見で「居眠り運転による追突事故の防止を目指していく」と話した。(山下奈緒子)


朝日新聞デジタル
http://news.livedoor.com/article/detail/14773710/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★人は競馬だけで生きることができるか?★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

CRYPTOCURRENCY MINING

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ