大盛りあがりGO
FC2ブログ

人間の「第六感」 磁気を感じる能力発見 東大など

3a53c_368_cebd0faf58ae1663d89ac1ccdf60a318.jpg
宇宙から撮影した地球(NASA提供)

 地図なしで長い旅ができる渡り鳥のように、人間も地球の磁気を感じる能力を持っていることを発見したと、東京大と米カリフォルニア工科大などの共同研究チームが19日、米専門誌に発表した。

 「第六感」とも呼べる無意識の潜在的な能力で、何らかの利用法が見つかる可能性があるという。

 地球は北極がS極、南極がN極の巨大な磁石で、位置に応じて方向が異なる地磁気を帯びている。渡り鳥は地磁気を感じる能力をコンパスのように使って方位を正確に把握し、季節に合わせて移動している。

 人間の感覚は視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感だけで、磁気を感じる力はないとされていた。

 研究チームは地磁気を遮断した室内で、日米など18~68歳の男女34人の頭部を地磁気と同程度の強さの磁気で刺激する実験を行った。その結果、磁気の向きに応じて無意識のうちに脳波が異なる反応を示したことから、人間は地磁気を大まかに感じ取る能力を持つと判断した。

 地磁気を感じる「磁覚」は渡り鳥のほかサケやミツバチなど多くの動物が持っており、人間も以前は持っていたが退化したとみられている。ただ、人体には磁気を感じ取る働きがあるとされるミネラルやタンパク質が多くあることから、利用できなくても感じ取る力は残っていたらしい。

 チームの真渓歩(またに・あゆむ)東大准教授は「人間に未知の第六感があることが確認された。これを意識的に利用することは非常に難しいが、今後さらに詳しく調べて探っていきたい」と話している。

産経新聞

http://news.livedoor.com/article/detail/16182534/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ガム、ひまわりの種、ツバ、タンが散乱 「文化」の違いでは片付けられないメジャーの汚ベンチ

日本人が綺麗好きすぎるのか…いや!アメリカ人が汚いのに無神経過ぎだろ!
…でも、世界的にみたら日本人の潔癖ぶりが異常みたいですね。

77cff_1399_fcb35b84_64e6c39a.jpg
メジャーが使用したベンチの汚さに日本ハムナインもあぜん…

【外国人選手こぼれ話 広瀬真徳】いよいよ20日から東京ドームでマリナーズVSアスレチックスの日本開幕シリーズが始まる。日本でのメジャー戦は2000年の初開催以来、今回が5回目。マ軍とア軍の対戦は7年ぶり2度目となる。アメリカに赴かなければメジャーの試合を見られなかったころに比べ、現在は日本でも数年おきに本場の真剣勝負が生観戦できる。ファンにとってはうれしい限りなのだが、強豪チームが来日するたびに「これだけは何とかならないか」と思うメジャーのあしき慣習がある。球場内ベンチにおけるゴミ問題である。

 メジャーでは昔からリラックス、集中力を高めるため、試合中にガムをかんだり、ハイチュウやミント系タブレット等の菓子類を口に入れながらプレーする選手が多い。最近では日本の複数チームでもベンチ内での飲食が日常化している。野球は試合時間が2時間以上続く長丁場のスポーツ。ベンチ内の飲食行為自体は悪いとは思わない。だが、日米での決定的な差異は食べかすやゴミを「どこに捨てるか」ということ。日本では各選手がゴミ箱やポリ袋等に捨てるのが一般的な半面、メジャーでは各選手がベンチ床にまき散らしてしまうのである。

 テレビなどで映し出されたらメジャーチームの試合後のベンチを見てほしい。とにかく「汚い」のひと言に尽きる。ガムやあめ類の包装紙、使用済み紙コップに交じり、ドリンクの飲み残しや試合中に食するひまわりの種の殻、ツバ、タンなどが床一面を覆っている。その光景は日本人なら誰もが嫌悪感を抱くはずだが、メジャーではこれが日常的。置かれるゴミ箱は無用の産物と言わざるを得ず、誰も清潔に使おうとはしない。おそらくベンチを汚す行為を悪いとすら思っていないのである。

 実際、メジャー関係者や選手にこの愚行について聞いたことがある。答えはみな一様に「メジャーの文化だから」のひと言だった。特にツバやタン、ひまわりの種の殻を目前のベンチ床に飛ばす行為については「何が悪いことなのか。誰にも迷惑はかけていないだろ」と逆ギレする主力選手もいたほど。これでは何年たってもこの問題は改善されない。

 メジャーはここ数年、ファン拡大や選手のプレー環境改善のためビデオ判定やコリジョン(衝突)ルールなど、長年の伝統を覆す改革に挑み続けている。ならばあしき慣習であるベンチの劣悪な使用法もそろそろメジャー全体で考えるべきではないか。

「害を与えないからいい」ではない。これはエチケットであり、メジャー選手の品格が問われる。子供たちもメジャーを見る今、ベンチを汚す行為が「文化」というのであれば、せめて日本開催時ぐらいは異国の清潔感が保たれたベンチを見習ってもらいたい。

 ☆ひろせ・まさのり 1973年愛知県名古屋市生まれ。大学在学中からスポーツ紙通信員として英国でサッカー・プレミアリーグ、格闘技を取材。卒業後、夕刊紙、一般紙記者として2001年から07年まで米国に在住。メジャーリーグを中心に、ゴルフ、格闘技、オリンピックを取材。08年に帰国後は主にプロ野球取材に従事。17年からフリーライターとして活動。

東スポWeb

http://news.livedoor.com/article/detail/16184162/

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ロッテ永野の「広場恐怖症」治療に認知行動療法、暴露療法など…医師が説明

s_20190319048.jpg
広場恐怖症であることを公表したロッテ・永野

(デイリースポーツ)

 ロッテの2年目左腕・永野将司投手(26)が「広場恐怖症」を患っていることを明かした。飛行機に乗ると飛び降りたくなり、死んでしまうのではと考えたり、新幹線などに乗車するのも困難が伴うという。兵庫県伊丹市の「たにみつ内科」で日々診察にあたっている谷光利昭院長が、あまり知られていないこの症状について説明した。

  ◇   ◇

 広場恐怖症…聞き慣れない言葉だと思います。我々医師でも精神疾患に携わっていなければ、具体的なことを知らない人も多いのではないでしょうか。詳しい診断基準は割愛しますが、どのような病気であるかを簡単に説明します。

 たとえば、永野選手のような飛行機をはじめ、電車、バス、車に乗っているとき、デパート、市場などで買い物をしているとき、何かの列にならんでいるときなど、人がたくさんいる場所にいると恐怖が出現してくるのです。恐怖が出現してくると、胸の痛みや締め付けられるような感覚となります。息ができなくなるように感じ、めまい、吐き気などの強い肉体的苦痛を伴うパニック発作のような強い肉体的苦痛が出現してきます。

 人によって、だいたい同じ状況で出現します。わき上がる不安は現実には到底起こりえないものですが、それらの不安や強い肉体的苦痛が日常生活に大きな負担となります。周囲の人に理解してもらいにくいこともつらいことです。

 治療としては、認知行動療法、暴露療法、薬物療法などがあります。認知行動療法とは、例えばデパートにいるとき、なぜ不安が浮かんでくるのか?という理由を詳細に書いて頂き、そのことに対して現実的には起こりえないということを、時間をかけて理解して頂きます。それを繰り返すことによりバランスのとれた思考回路を作成するといった治療法です。

 暴露療法とは、実際に不安が起きる場所に遭遇して頂き、次第に慣れて頂くという方法です。不安が起きるといっても、「段階」を決めて不安が起こる程度の弱いところから順を追って遭遇することになります。実際に遭遇することが困難な場合は、想像することから始めていただきます。

 2つの治療法は効果があるとされ、積極的に用いられています。また、患者さん自身で暴露療法を知らない間に繰り返すこともあり、自然治癒してしまうケースもあるようです。薬物療法は、抗うつ薬を用いて治療するケースがもあります。

 いずれにしても治療法は、しっかりとある病気です。心当たりの方は専門家に相談して頂き、正しい治療を受ければ、よくなってくる可能性は高いと思います。

https://news.goo.ne.jp/article/
dailysports/life/20190319048.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

日本発の文化「ドール面」 今後、医療的な役割を果たす可能性も?

s_oricon-2131793.jpg
『ワンダーフェスティバル』に出展した着ぐるみサークル『ぬこ☆パン』 (C)oricon ME inc.

(ORICON NEWS)

 今や世界的にも有名な日本のコスプレ文化。その中でも異彩を放っているのがキャラクターの面をかぶってコスプレする、「アニメ面」文化だ。今、その「アニメ面」に「ドール面」という新たな要素も加わり、注目を集めている。その「ドール面」文化のパイオニアで『ワンダーフェスティバル』にも出展している着ぐるみサークル『ぬこ☆パン』の、面の制作を手がける、犬病ぬこ氏、みはしまと氏と、サークルのアクトレスであるふわちょん氏に、「ドール面」文化の拡大と、更なる可能性について話を聞いた。

■「ドール面」愛好者の多くは女性 女性マーケットを開く鍵に

 そもそもキャラクターの面をかぶってコスプレをする文化は、「アニメ面」と「ドール面」に分けられる。素人目から見ると区別は難しいが、「アニメ面」は少女アニメのようなキラキラとした瞳が特徴のアニメ調の面で、「ドール面」は「アニメ面」よりはリアルに作られており、名前の通りドール調の面のことを言う。

 『ぬこ☆パン』は、「アニメ面」と「ドール面」を開発・頒布している着ぐるみサークル。完成品もあるが、ベースとなる“素体”だけでも販売をしており、産声を上げたのは15年前。当時は『涼宮ハルヒの憂鬱』などアニメが今以上に元気な頃で、ハルヒを含むアニメキャラたちそれぞれに応用が利く“素体”を開発。時代時代のアニメに対応した“素体”を作ってきたが、2015年頃ある“革命”が起こる。

 「ドール面の誕生です。いわゆるアニメ系の面ではなく、元は人気ゲームのCGキャラクターのコスプレがしたい場合の面として開発したのですが、それをリアルに作ったところドール風の顔になりました。そして2015年頃のアートイベント『デザインフェスタ』で、少年タイプの面を作り、人気漫画家・萩尾望都先生のようなゴシックで耽美な世界観を表現したところ、多くの人の心に刺さりました」(犬病ぬこ氏)

 そしてこの「ドール面」が爆発的に広がるトリガーとなったのが球体関節人形風の出で立ちでモデル活動を開始した橋本ルル。マネキンよりも柔らかく、人間よりも無機質な「ドールファッションモデル」で16年7月にデビュー。今尚コアなファンから愛され続ける話題の人物だ。

 この“ファッション”という切り口にも理由があるのだろうか。ドール面愛好者の多くは女性だと聞く。これまで『美少女戦士セーラームーン』や『プリキュア』シリーズのようなアニメ系でしか表現がなかったところで突破口を開き、女性へのマーケットを広げる“革命”に。モデルの橋本ルルの影響もあり、『ぬこ☆パン』はファッションブランドからも声が掛かる業界の雄となった。

■コンプレックスの解消にも一役買うドール面 表現の場のメインはSNS

 「ドール面はコスプレの延長線上」と話すのは同サークルのアクトレスでありコスプレイヤーのふわちょん氏。「特に自分の顔が嫌いなわけではないのですが、人は誰もがコンプレックスを抱えているもの。ドール面をかぶると理想に近づける。誰が見ても可愛いという顔になれる。自分の顔では…と諦めていたキャラやファッションにも挑めるのです」(同氏)

 例えばゴスロリの服が好きな人が歳を重ね、「年齢的に着られないかも」と思ってもドール面をかぶればその悩みは解消される。お手軽で完璧な“美容整形“という言い方もできるのではという問いかけに、ふわちょん氏は「そういう捉え方も出来るかも知れません」と回答。

 そしてドール面の発展は着ぐるみの表現にも変化をもたらした。従来、着ぐるみは野外イベントへの参加などライブでの表現を重視することが多かったが、ドール面愛好者の方々はスタジオに集まり、撮影会を催すことが多いそうだ。そしてそれをSNSなどにアップ。表現の場が、イベント会場よりSNS展開の方がメインとなっているようだ。

 「通常の“素体”は真っ白な状態からスタート。アニメ面だとプラモデルなどの塗装なので一度塗ってしまうとなかなか応用が効かないのですが、ドール面は肌色に塗装された状態から、通常の化粧品などを使いメイクをしていくのが特徴です。また、普通に化粧落としで元に戻すことが出来ます。アニメ面は髪の毛が貼り付けてありますが、ドール面は普通に使用されているウィッグをかぶるだけでOK。素顔と同じようにその日の気分で化粧を変えられますし、髪を染める必要もありません」(犬病氏)

 「ドール面にも“この子はオシャレさん”などのキャラクターがあり、その子のために買った服を着せたり、私服を着せたり」(ふわちょん氏)「大きい着せ替え人形のような感覚もありますね」(みはしまと氏)

■医療的な役割を担う可能性も? すでに前例アリ

 そもそもアニメ面の歴史は長い。古くはショーなどのプロではアニメ『魔法のプリンセス ミンキーモモ』(82年、91年)などがあり、その辺りが発祥ではないかと言われている。「アマチュアではアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(95年)のコスプレでアニメ面を着ていた人がおり、私の知る限り、個人で始めた人はその方が一番古いです」と犬病氏。ただしこれは諸説あるそうだ。

 こうしたアニメ面やドール面にイベント会場や街中で遭遇したら「ギョッ」とする人やアンチ、差別なども生まれそうだが、「意外と好感を持って受け入れてもらえています」(犬病氏)。実際にドール面をかぶって表現するふわちょん氏も、家族や友人にこの趣味を隠す必要もないと胸を張る。

 「今後、かぶる面ではなく、顔だけとか、顔の半分だけとか、部分的な開発を行う可能性もあります。そうすると例えば事故や怪我などで負った傷を隠すことも出来るでしょう。こうした医療面に関しては実は前例もあるのです。以前、醜形恐怖症で苦しんでいて、自身の顔を見てパニックを起こしてしまう方がいました。その方にドール面を作ってあげたところ、精神的な不安が安らいだと聞いています」(犬病氏)

 趣味の枠を飛び越えるドール面。この日本のポップカルチャーが社会的な役割や現実の問題を解消する役割を担う日がいつか来るかも知れない。

(文/衣輪晋一)

https://news.goo.ne.jp/article/
oricon/trend/oricon-2131793.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「ネット赤ちゃんポスト」不許可に 市が営利目的と判断

m_ASM3G6SR5M3GPTFC00Z.jpg
「インターネット赤ちゃんポスト」の仕組み

(朝日新聞)

 「インターネット赤ちゃんポスト」の名称で特別養子縁組を仲介する大阪市のNPO法人について、市は19日、縁組のあっせん事業を許可しないと決定した。営利を目的にし、子どもの実親の生活費を養親希望者に負担させる点などが法に反し、事業を適正に行う能力がないと判断した。民間あっせん事業が許可制になって以降、不許可の事例が明らかになるのは初めて。

 NPO法人・全国おやこ福祉支援センターは2014年に活動を開始。子どもを育てられない親と、子どもを望む夫婦をネット上の専用アプリで仲介し、15〜17年度の事業報告書によると計53件をあっせんしている。阪口源太代表理事によると、養親希望者が払う額は150万〜250万円程度。1件あたりの必要経費50万円、実母の出産前後数カ月の生活費を含む。

 2018年4月施行の「養子縁組あっせん法」は、民間事業者が養親希望者から徴収できる費用を定めている。出産費用や子どもを託すまでの養育費、面談時の交通費などの実費は認められ、実親の生活費は対象外。営利目的のあっせんも認めない。

 法の施行で、従来は自治体への届け出制だったあっせん事業は自治体の許可制に変更された。

 大阪市が同NPOについて審査した結果、実親が養子に出すのをやめた場合は生活費の返金を求め、撤回を難しくしている▽許可を得ずに各地の「支部」が事業をしている▽阪口代表が株主の株式会社と一体で営利事業を行っている、などと認定。改善される見込みもないと判断した。

 同NPOは19日以降、事業が行えない。利用中の養親希望者や実親は、居住地の児童相談所などが引き継ぐ。阪口代表は「子どもを救うために営利的手法を使ったが、営利目的ではない」と説明している。

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/
nation/ASM3G6SR5M3GPTFC00Z.html

関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フリーエリア

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
フリーエリア
フリーエリア
ここの管理人さん

ゴウダタケシ

Author:ゴウダタケシ
モットー:日々是好日 一期一会 脚下照顧
趣味:ギター
音楽:JAZZ,ROCK,BLUES,
My favorite guitar:ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
ウエス・モンゴメリー
マジック・サム
チャック・ベリー
ブラインド・ブレイク
サビーカス
パコ・デ・ルシア
田端義夫
その他いろいろ

座右の銘:Don't think! Feeeel!

ひとこと:どうも

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

★新・これぞ究極!資金1万円から1000万円を目指す!!★

ノルマンディー生活、始めました~インヴァソールの一口馬主ブログ~

XBM は審査なし、案件に参加だけで、無条件でもらえます!!

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

せせらぎのさと蔵王

Fc2 田舎の浮雲
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
月別アーカイブ